【問題 27】

 質問紙法に関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを下のa〜eの中から一つ選びなさい。

A 心理面接前後の感情や気分の変化を多面的に把握したい場合,最も適している心理検査はBDI-兇任△襦

B 妥当性尺度が備わっており,被検査者の受検態度を確認できる心理検査はMMPIである。

C 不安の程度を,特性という側面と,状態という側面から把握できる心理検査はSTAIである。

D 12の性格特性を示す下位尺度と,その組み合わせによってできる6因子から解釈ができる心理検査はPOMS2である。

『臨床心理士資格試験問題集4』(誠信書房)より


【問題 94】(事例問題)

 自分の状態を知りたいというMさんの希望を受けて,抑うつ度を測るためにSDSを, 欲求不満場面での対処の仕方を見るためにP-Fスタディを,状態像とパーソナリティの把握のためにバウムテストを実施した。SDSの総合得点は56点であり,「自分が死んだほうがほかの者は楽に暮らせると思う」の項目では,「しばしば」を選択していた。バウムテストでは,用紙の中ほどに,こじんまりとまとまった,しだれ柳のように枝が垂れ下がった木を描いた。P-Fスタディでは, 全場面を通して,障害-優位型の反応が最も多かった。検査結果の見立てとその後の対応に関する次の記述の中から,適切でないものを一つ選びなさい。

a. このSDSの得点は,軽度の神経症的傾向を意味する。

b. バウムテストの結果からも,抑うつ傾向が示唆される。

c. P-Fスタディの結果を総合して考えると,抑うつ状態の背景には自己主張性の低さが関与していることが推測される。

d. 自殺をどの程度考えているかについて,Mさんに直接尋ねることが 必要である。

e. 検査結果をMさん本人にフィードバックし,カウンセリングの継続と医師の診察を勧める。

『臨床心理士資格試験問題集3』(誠信書房)より