【問題 33】

 TATに関する次の記述のうち,適切なものに○,×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から,適切でないものに正しいものを一つ選びなさい。

A. ほとんどのTATカードには人物が描かれているので,被検査者の人間関係の様相が,物語に表れやすい。

B. パーソナリティ理解にとって重要度の高い5枚のカードが定められており,通常の実施においてはそれらが優先的に用いられる。

C. TATの物語は,被検査者の想像の産物というよりは,むしろ実際の体験を直接に表していると考えた方がよい。

D. 物語はすぐれてideographic (個性記述的)であるから,一定の規準に照らして量的な分析を行うのは困難である。

『臨床心理士資格試験問題集4』(誠信書房)より