【問題 96】(事例問題)

 「自分のことを知りたい」というLさんの希望と母親の依頼を受け, P-Fスタディを実施した。その結果は, GCR = 53%は中学3年生女子の標準 (61%) と比較してやや低かった。主要反応は E (7) > e (5) > I(3.5) の順であった。E反応は中3女子の標準(4.5)よりも高く, E'は 0, mは 0.5と低かった。超自我因子のEとIはそれぞれ1つずつ,また (M-A) + I = 5.5 (23%) は中3女子の標準(36%)と比較して低かった。反応転移としては,前半に強調されていたe反応が後半では減少し, M-A 反応が前半まったく見られなかったが,後半は4つに増加するなど強い転移が認められた。これは,テスト中におけるLさんの心理的構えが変化したことを意味している。

 次の文章の空欄 [ A B C D ] に該当する語句として,下のa〜eの組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

 GCRの値から[ A ]が著しく低下しているとは認められないが,[ B ]が同じ年代の入の標準より高く,他責逡巡反応や無責固執反応は少ないことから,直接他者に攻撃を向ける傾向があることが示唆される。一方,反応転移の分析から,最初はフラストレーションを[ C ]によって解消しようとするが, 次第に[ D ]によって解決しようとする傾向が強くなることがうかがえる。