タグ

タグ:項羽と劉邦

項羽と劉邦 (12) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (12) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



なんつうか,こう,敗れる項羽なだけあって,この巻は項羽が主人公みたいなものでした・・・。

臣下の意見を聞かず,臣下を排斥もし,厳しい政治を行い,一時の感情に流される傾向があったのが痛かったんですかねぇ・・・。

兵糧の重要さに気がつくのも遅かったようです・・・。

しかし,アレです。確かに暴君系ではあったものの,何だか最後の方はかわいそうに思えてくるから不思議です。

項羽系は信長系みたいに乱世をある程度統一するのには良いのでしょうが,最後の最後で敗れるというのが,この系統の宿命なんですかねぇ・・・。

しかし,散り際の美学を持つ武将と恩賞目当てに死体を切り刻む下級武士の浅ましさが対照的で,この辺もまた,人の業かと。

なお,項羽が死んだところで,話は終わり,劉邦が漢王朝を創ったみたいなところで話は終わってしまいました。

なんでも,その後の劉邦は猜疑心の塊になったとかで,その後の部下との関係も知りたいかなと。

まあ,何はともあれ,古典中の古典だけあって,実に読み応えがあった「項羽と劉邦」でございました。

項羽と劉邦 (11) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ここでも劉邦に勢いがありましたなぁ。

項羽は単純みたいで誂われては追いかけ退路を断たれて「命からがら」逃げ出すパターンがお約束となって参りました。

一方で,劉邦は韓信を脅威に感じ始めてきているみたいですな。

何だか劉邦の天下統一が成ったあとは,韓信の悲惨な運命がまっているような描かれ方でございます。 

今回の教訓

有能過ぎる部下は上司に恐れられる。出すぎてはならない。

項羽と劉邦 (10) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (10) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



劉邦+韓信コンビパワーで,いよいよ項羽不利へと形勢が変化してきましたね。

今回は,劉邦の元に居る韓信とレイイキの間で繰り広げられる「功を焦る」動きが興味深かったですね。

いわば「上司」に認められようと実績作りを焦る部下2人みたいな。 

焦る気持ちから「抜け駆け」しようと,いわゆる報連相が疎かになってしまい,2人の関係が破綻し一方が死んでしまうという結末に・・・。

ありがちですなぁ,ありがちですなぁ,これもまた人の業でございます・・・。

今回の教訓

功(実績)もまた天運,焦ってはならない。報連相も忘れずに。

カテゴリ:
項羽と劉邦 (9) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

今回は劉邦が押している巻でしたね。

でもって,韓信の「背水の陣」のご登場・・・。

劉邦側がいよいよ項羽の重臣たちの仲を「反間の計」で裂きに出るようで・・・。

その中にあのハンゾウが入っていて,もし計略が成功すれば,項羽とハンゾウの仲が裂けてくるのかと思うと,何だかちょっと悲しくなってきます・・・。

次号,そうならないで欲しいところなのですが・・・。

しかし,この時代は説客の威力があったらしいですが,まあ,白を黒,黒を白とでも言えるような説得や演技で,相手を説き伏せる様は,なかなか見事でございます。

三国志でよく出てきた「舌先三寸」ってヤツですな。

今回の教訓

どの情報を信じるかにもセンスが問われる。

カテゴリ:
項羽と劉邦 (8) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

お約束的に,驕った劉邦は,56万の兵がいるにも関わらず3万の兵の項羽に大敗・・・。

あな恐ろしや驕りである・・・。

その戦いの前に大元帥から外された韓信はイジケテ(?!)部屋に篭っていたものの張良の計略で再登場し大元帥に返り咲き。

韓信の反撃が開始され, 今度は項羽の大敗・・・。

どうもシーソーゲームっぽい展開の巻でございました。

しかし,韓信の股くぐりの割には,イジケテ出てこないところがある韓信でしたね。

今回の教訓

勝敗は戦の常 (この巻以外でもよく出てくる表現)

項羽と劉邦 (7) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (7) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

張良も戻ってきて韓信+張良となり,バリバリ快進撃を続ける劉邦軍って感じでした。

しかし,後半では,調子に乗った劉邦が韓信や張良を始め部下たちの話に耳を傾けなくなってきました。

何だか次の巻では劉邦が痛い目に遭いそうな流れでございます。

しかし,あれですな。

重要場面での判断にはポジ側面,ネガ側面両面があり,最終決断は「トップ」が行うわけで。

ここがまたトップのセンスであり,臣下たちに才があれば,その判断材料が豊富になる感じなんでしょうね。

今回の教訓

調子に乗っているときほど慎重であれ。

カテゴリ:
項羽と劉邦 (6) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (6) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



この巻はアレですな。

韓信vs三秦

でしたな。

韓信の軍師としての才がとうとう白日の下になるみたいな。

で,劉邦が,「左遷」後,韓信の活躍によって,ようやく「本社」に帰るみたいな。

三秦は,その引き立て役みたいになってしまいましたが,あの項羽の叔父を倒した三秦の内の一人ショウカンが死んでしまったのは,一つの流れが終ったみたいな感じでした。

なお,この巻は,項羽が1コマも出てこなかった巻でもありました。

今回の教訓

見栄と重なる自尊心は死を招く

カテゴリ:
項羽と劉邦 (5) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

を読み終えた。

この巻はまさにあの「韓信の股くぐり」で有名な韓信が劉邦の元で大元帥に取り立てられる巻で主人公は韓信だったような巻でした。

しかし,韓信もまた憎いヤツで張良の推薦状を始めに見せることなく,まずは実力で這い上がる戦法を採るところがしぶかったですね。

個人的には,軍の訓練で軍規を重視したシーンがあったのですが,まさに孫子のあの訓練シーンを思い起こさせるものでした・・・。

実際に練習だからと軍規を冒した人物を斬ってしまうところも同じでしたしね。

また,このシーンを巡り劉邦は劉備みたいな動きを見せているところも興味深かったですねぇ。

さすががは,劉備の先祖というところでしょうか(^_^;)。

でも,あれか,諸葛亮孔明だったら韓信くらいに厳しくできたかなぁ。

劉備の甘さにところどころ靡いていた印象が孔明にはあるような。

その点,韓信の方が厳しいのかもしれないですな。

まあ,まだ1シーンしか見ていないので,今後の展開は判らないですが。

さて,漢も軍師を得たということで,いよいよ劉邦の項羽への反撃開始というところですかな。

今回の教訓

厳しくせねばならないところは厳しくせねばならない。

項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


いやはやいやはや,秦滅亡から始まった第4巻。

先に入った劉邦軍でしたが,項羽軍の数には勝てる見込みなく,「項羽に譲るつもりだった」と上手く言い逃れをして難を逃れましたな。

でもって,項羽が覇王となり,始皇帝陵や阿房宮を焼き払うシーンも。

名場面と呼ばれる鴻門の会も出てきましたよ。

なお,「左遷」という言葉も項羽と劉邦の話から来てたんですなぁ。

というわけで,劉邦は項羽から左遷されて,三国志で劉備が構えていた蜀に入って話は終わりました。

しかし,軍師クラスの言う「理由など,あとでどうにでも作れます」が( ・∀・)イイ!!ですなぁ。

やはり,このクラスは,その境地に達しておるのでしょうな(^_^;)。

あ,あと韓信もそろそろ出てきそうな感じでございました。

今回の教訓

理由は後で何とでもなる。とりあえずやるべし。

カテゴリ:
項羽と劉邦 (3) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (3) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2001-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



う〜む,始皇帝2世が死んでしまいました・・・。

あと,例の悪徳宦官も・・・。

始皇帝2世は,悪徳宦官に弄ばれたものの,最期は潔く自害と,さすがは始皇帝の直系でしたなぁ・・・。

楚王から,何とかって場所の制圧を頼まれた項羽と劉邦の,そこへ向かうプロセスが二人の性格の違いを描き出していて興味深かった。

項羽は強硬派,劉邦は穏健派みたいな感じですなぁ。

また,あの張良も韓から劉邦がレンタルしてきたのは面白かったですな。

それにしても,太平でありながら中央が腐り始めている時代,逸材は在野で潜んでいるのが面白かったですな(しかも,中央では権勢を振るう者が,実力のある者たちを殺すか追い出しているかみたいな)。

思うようにならないものの,動き始める機会を待っているみたいな。

今の時代もそんな感じなんですかねぇ・・・。

なお,知っ得として,「馬鹿」の語源が出てきていました。

悪徳宦官が自らの権勢を確認するため二代目皇帝の前に鹿を連れていき「馬でございます」と言うシーンで,皇帝は「鹿じゃないか」と言い,悪徳宦官に媚びへつらう物たちは,「馬だ」というみたいな。

どうも,語源は今の感じと違っているようではありますな。

しかし,アレですな。秦が衰退したということは,いよいよ乱世突入ですかね。

今回の教訓

驕るものは滅びる。

人の意見は素直に聞こう。

カテゴリ:
項羽と劉邦 (2) (潮漫画文庫)項羽と劉邦 (2) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2000-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



今回は,項羽側の描写がメインでしたなぁ。

虞美人草の虞姫は,項羽の奥さんさったんですな。

それはともかく項羽のお父さんが死んでしまったのは,大きいイベントだったのではなかろうか。

なお,討ちとったのは,「負けるが勝ち」戦法で,相手の驕りを引き出した秦の武将でした。

なお,そこで項羽のお父さんに「これは罠だ」みたいに進言したのが,「韓信の股くぐり」で有名な韓信でござった。

「韓信の股くぐり」が韓信のエピソード描写で出てきてましたな。まだプー太郎時代の描写として(^_^;)。

ってか,項羽は呂布に少し知恵がついたみたいな人物描写ですな。

怪力+赤兎馬ならぬ烏騅(?!)ならぬ名馬を駆るところも似てますしね。 

個人的には,項羽属する楚の国の軍師に選ばれた人物が,既に楚には天下を取る資質はないことを見抜いていて,劉邦を見た時に,あっちに仕えるべきだったと思ったシーンでしたかねぇ。

もしかして劉邦軍の後の軍師が韓信なんですかね。

あ,そうそう,この巻で初めて,項羽と劉邦が相まみえましたでございます。

まさに曹操と劉備の出会いのように,反乱軍のパートナーとして。

今回の教訓,

驕るなかれ

カテゴリ:
項羽と劉邦全12巻漫画文庫 (潮漫画文庫)項羽と劉邦全12巻漫画文庫 (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
(2002-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

を先日Amazonで落札してみた。

この話はあまり知らないので漫画で読んでみようかと(^_^;)。

確か四面楚歌とか背水の陣とかの語源(?!)だったような気もするのだがどうなんでしょうな。

このページのトップヘ

見出し画像
×