タグ

タグ:英語

【感想編】翻訳入門(4)

カテゴリ:

フェロー・アカデミーで『翻訳入門』を受講してきました。

今回返却された課題2は、

理解度 40点

解釈度 25点

表現力 26点

減点   0点

91点(平均88.1点・最高97点)

講評:全体としてはまずまずですが、細かい点にもっと注意しましょう。

でした。前回の平均割れと違って、平均超えをしたので、まあ、いいかなという感じです。

とはいえ、「so」に苦戦してしまったので、この辺は反省です。

前回考えた「ヒントを見るか見ないか」ですが、この2も1に引き続きヒントは見ないでやったのに、こういう感じだったので、さて、どうするかといった感じである。

3はヒントを見てやったので、その「具合」で調整してみようかな。いや、もしかして、ゼロヒャク発想はよくなく、ほどよい加減でやるのがいいのかもしれないなぁ・・・。

ちなみに、今回は、

[STEP 4] 無生物主語の文は人間を主体に

[STEP 5] 受動態の文を訳すかんどころ

でござんした。この辺は、代ゼミ時代に富田一彦先生で鍛えたことは鍛えたので、まあ、そんな感じだろうなという感じでした。

ただ、受動態(「be」バージョン)が、動作と状態、2つを意識しなければならないというところなどは、「さすが翻訳講座」といった感じで、パワーアップ感が得られて良かったです。

さらに言えば、先生の「下積み時代」の話も聞けてよかった。

あとは、そうだなぁ、帰りに話した受講生が二時間かけて通ってきているという話を聞き、「熱意は距離を超える」などとわけのわからないことを思ったりしました。

DSC00921

【感想編】翻訳入門(1)

カテゴリ:

というわけで、行ってきました。フェロー・アカデミーの翻訳入門

約14万円の出費をし、貯金が737円になったほどだったので、ハズレたら、どうしようという感じだったが、いやはや、アタリの可能性が高い感じである。

今日は、概論だけであったので、最終判断は下せないものの私の勘が、そう告げているのだ。

毎回、添削課題が出るのだが、それが「ステップ理解度」「解釈力」「表現力」「減点」「合計点」となっており、点数化されるようである。こういったろころは、独学ではやりにくいところなので、非常にためになりそうである。

ちなみに、第1回の今回は、「英文解釈から翻訳へ」であった。I am a boy.という例文を通して、英文解釈と翻訳の違いを理解するという趣旨だった。

また、正しい翻訳につながる解釈の基本的なコツが5つ挙げられていた。今回は、概論なので、これから、その具体的なことを学んでいくことになるのだろう。

P.S.

なお、添削課題の点数等は、採点基準の点数も含めて、ここで公開していこうと思っているので、お楽しみに?!(といっても、平均点とかが分からないと、できているのかできていないのかは、分からないことになるのだが)。

10.22

心理学英語論文』というコミュを作ってみたので、興味のある方は、参加して頂けると、「1ヶ月で参加者ゼロならコミュ削除」の憂き目に遭わないで済みます(^_^;)。

【追記】

開設日に2名の方(直接の知り合いではない)が参加してくれたので、参加者ゼロなら云々はなくなりそうです。

 

【感想編】 学校説明会・ガイダンス

カテゴリ:

080928_1205~001というわけで、行ってきましたフェロー・アカデミー。学校説明会もさることながら、翻訳業界の話とかも聴けたことがけっこう興味深かったです。

 

 

 

 

 

 

なんでも

1.実務

2.出版

3.映像

と主な3分野があるのだそうです(学校でコース設定がなされているのもこの線)。

でもって、今、一番、職にありつけそうなところは、ホームページの翻訳だったりするのだとか。ベテランは、上記3分野である程度「固定」してしまっているので、そうなる算段みたいです。

これには、「あ、なるほどな」と思ってしまいました。といっても、私は別に翻訳家になりたいわけではないのですが(^_^;)。

でもって、説明が終わった後、お目当ての翻訳入門のテキストを閲覧させてもらいました。ざっと見た感じでは、けっこう良さ気でした。

とはいえ、この分野に関しては、素人同然なので、テキストの質とかは、あまり云々言える立場ではないのですが(*_*)。

スタッフの方々も感じが良かったので、ちょっと通いたい感じになってしまっている私がいたりします(まあ、私は実利派なので、スタッフがどうの設備がどうのというのは、あまり重視しないのですが(要は内容なのです))。

P.S.

会場には、説明を聴きに来ている人が30人くらいいましたかね。英語関係だからか、その中で男は、3~4人くらいでした。

そういえば、心理関係も、そんな感じで女性が多いのに、一向にモテる気配のなかった私は、いったい何なのでしょうね・・・。

閑話休題。

とにかく、何となく「ハイソ」な雰囲気が漂い、「ああ、俺も、こういう世界にいた可能性もあったのかもなぁ」(→どういう意味?!)と、英米文学科だった昔を懐かしむ気持ちもあったりしていました・・・。

カテゴリ:

朝のノルマをやりつつ思ったのは、どうも訳出力が低いということである。

構文系は、「並列(省略)構文」に手こずるものの、だいたいクリアできるようになってきたが、訳すとなると、イマイチぎこちない。

まあ、それは本当には読めていないからだと言われてしまえばそれまでなのだが・・・。

というわけで、ちょっと翻訳力でも鍛えようかと、翻訳スクールみたいなものを検索してみたが、どれも受講料が高い・・・。

1講座申し込めば、とたんに貯金が底をつく料金である(貧乏とはそういうものである)。

となると、そちらは、断念して、書籍でやっていくしかないかと思い定め、翻訳英文法 新装版―訳し方のルールなるものを購入してきた。

伝統文法に沿った形で、訳出のコツを学ぼうという感じのものである。

さて、この本は当たりなのか・・・、また、どこまで学習が続くのか・・・、未知の要素は多そうである。

P.S.

ちなみに、「翻訳スクールなんて通うと、まさに英文科っぽいじゃないか、何だか、おしゃれだ」とわけのわからないことを考えてしまった英米文学科卒の私でございました。

1.SV

→ ほとんどない。

1’.SVA

→ AVS の倒置に注意(Aが長いと難易度↑)

2.SVC

→ CVS の倒置に注意(Cが長いと難易度↑)

→ Cには、形容詞、Ving、Vp.p 

3.SVO

→ OSV の倒置に注意(Oが長いと難易度↑)

→ VOの間にMが入ると難易度↑

4.SVOO

→ 容易

→ 予測としては、OOの間にMが入ると難易度↑

5.SVOC

→ OとCの間にMが入ると難易度↑

→ SVCO の倒置に注意

5’.SVOA

→ ASVO の倒置に注意

→ SVAO の倒置に注意

→ OAの間にMが入ると難易度↑

<総論>

とにかく、各文型の間にMが入ると、難易度が↑

その他(1).並列(と省略) → 最難関

その他(2).同格

その他(3).分詞構文後半設置

【パンフレット届いた】 冬期直前講習会

9.14 というわけで、代々木ゼミナールの↑のパンフレットが出たようである。私はすでに「場数を踏む」段階に達している(ような気がする)ので、別段、取る必要はないのだが、やっぱり、どれか取りたい気になるのは、「ライブ」を見たいのと、まだ知らない(かもしれない)豆知識を吸収したいのがあるのかもしれない。

 

 

いまのところ、候補は、小倉弘先生の『「天下布学」の時事英語』と『ライティング総集編ー秘伝の英作術ー』である。そういえば、昨年まであった『小倉一人百首』がなくなっているようだ。選りすぐりの頻出難構文が収められていた名講義だっただけに惜しい気がする。

カテゴリ:
先日、ロングマン英和辞典を購入した。代ゼミで英作文<A>を習っている小倉弘先生推薦の辞書だ。「他の辞書には載っていない情報が結構載っている」との「フレコミ」だったが、本日、それが実感できた。めっけものだったかもしれない。

今年のテーマは英作文であるが、これがなかなか難しい。

読解は、ある程度、誤魔化しが利くものの、作文に至っは、誤魔化しが、ほとんどできないのだ。

まあ、誤魔化しができる点は、日本語→英語と直接つなげないで、日本語→それを知ってる表現に言い換えた日本語→英語と、ワンクッション置くことくらいだ。

ただ、それでも、不自然な英語になる可能性は高いので、結局は、丸暗記していくしか方法がなく、道のりは長がそうである。

 

代ゼミ@立川校(第二講)

カテゴリ:

さて、今日は、月曜日ということで、英作文<A>(講師:小倉弘先生)と英作文<B>(講師:大矢復先生)の授業だった。

前者が天候・天気、後者が名詞節第二文型だった。

やはり、固定表現がけっこうあり、かなり苦戦を強いられた。また、時制冠詞の難易度は相変わらずであり、まったくもって、つらいところである。

とにかく、毎回、各々10文ずつくらい増えていくので、ひたすら暗記していく以外にはないが、気合で乗り切れればとは思っている。

P.S.

それにしても、英語というのは、いくらやっても話せるようになる気がしないのは、気のせいなのだろうか(まあ、別に話す気はないのだが)。

4.12

代ゼミの授業で何をとるか。

カテゴリ:
2c702efb.jpgう〜む、どれかとりますかねぇ。候補は、小倉弘先生の『英作文<A>』と佐々木和彦先生の『難関大攻略PerfectEnglish<文法・語法・作文編>』である。二つとれば、1回行って2つの授業が受けられるので、効率はいいのだが、いかんせん1講座36000円なので、ちょっと悩んでしまうところなのだ。

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
の6回目が終了した。基本例文150文中、正解は64文だった。正解率は、42・7%のようである。ふう、けっこう合ったかと思いきや、まだ、半分にも満たないようである。まだまだ先は長そうだ。

P.S.

冠詞、時制もさることながら、「〜の」をofでやるか、それ以外の前置詞でやるかというところも、また難しい。

 

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
も6回目にして、だいぶ、「正解」するようになってきた。もちろん、微妙なところを間違うので、凹むのだが、1回目に比べれば、ずいぶんとマシになってきたような気がする。とにかく、少しずつ継続していくことが大事と言い聞かせて、着実にやっていこうと思っている。

Perfectionism: Theory, Research, and Treatment
もちろん、これも、英語の学習と位置づけて、ちまりちまりと読んでいる。ただ、これまた1回目に比べると、ずいぶんと早くなってきている感じがする。

 

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
も、はや6回目である。日本語を見て、ぱっと英文が浮かばなかったり、書いても間違ったりすると、かなり凹む。冠詞は未だに迷うし、時制も難しい。ただ、英作は、読解だけやっていたのでは、素通りしがちな知識が見えてくるところは、独自の長所だと思う。

 

【検討中】『難関大攻略 Perfect English (文法・語法・作文編)』

カテゴリ:
2c702efb.jpgさて、これを見渡してみると、そうだなぁ、『難関大攻略 Perfect English (文法・語法・作文編)』(佐々木和彦講師)が惹かれるなぁ。ライブは無理にしても、フレックスサテラインを立川校で受講する手を使えば、受講可能ではある。さて、どうするかなぁ。

131.あなたの助言にはいくら感謝しても感謝しきれません。

→ I cannot thank you too much for your advice.

英作文のストラテジー より

う〜ん、これは、どうなんだろう、イマイチ、起こせない文だ。直訳は、「あなたの助言に対して、あまりにとてもで(orとても過ぎて)、あなたに感謝することができない」って感じなのだろうか。う〜む、また、しばらく考えてみよう。

 

何を思ったか、2001〜2002に受講した佐々木和彦先生のテキストの付録をやり始めている。いろんなことが書いてあったことが、今になって分かる。もう少しやりこんでみよう。

佐々木和彦の基礎からがっちり!英文法 (東書の大学入試シリーズ―スーパー講座)

佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本

 

 

 

さて、きょうは、QBハウスに行って髪を切ってこようと思っている。もうすぐお出かけである。

ちなみに、明日から、4連続日程なので、何だか既に疲れている。

カテゴリ:

いやいやいやいや、終わりました。4週連続、週末土日、代ゼミ立川校。木原太郎先生の『英語版「文章構成法」完成編』に始まり、富田一彦先生の『ハイレベル英語解法研究‐“超”長文編』に終わるというものでした。

さて、今回は、『ハイレベル英語解法研究‐“超”長文編』の感想ですが、先生もおっしゃっていたように“超”長文といっても、ペーパーバックとかに換算すれば、2〜3ページ分しかないのがミソではある。

とにもかくにも、今日の講座に限らず、最終的には、国語力だなと痛感したのは、この4週間の感想だ。細かいところでは、

1.同じ形の反復(省略など)

2.分詞構文(形容詞単独版、後置版)

3.as (様態&「だが」と訳すヤツ)

4.倒置(SVOA→SVAO、CSV)

辺りが印象に残っている。

まあ、何と言っても1が最難関であることには変わりはない。

ちないに、“超”長文編は、かつて8コマだったらしいのだが、生徒があまり集まらないらしく、4コマしかやらせてもらえなくなったのだとか。惜しい話である。

最後は、富田先生の想いみたいなものも垣間見れてちょっと良かった。あと、先生は、大学生用の講座もどこかでやっているらしいことをチラッとだけ言っていた。何だか受けてみたい講座である。

とにかく、同じ、反対、因果の3論理を駆使して読解していく有様は、英語の楽しさを感じさせてもらえる、本当にいい講義だった。

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎

 

 

 


富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解基本ルール編―代々木ゼミ方式 (代々木ゼミ方式)

 

 

 


富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解構文把握編―代々木ゼミ方式 (代々木ゼミ方式)

ちなみに、既に春期講習の受付(2/1より)は始まっておりパンフレットも並んでいた。ただ、まだ本科の受付は始まっておらず(2/15より)、そのパンフレットは並んでいなかった。

ハイレベル英語解法研究‐“超”長文編【1日め】

1.26

 

 

 

 

 

 

さて、本日は、代々木ゼミナール立川校にて、↑となっています。先週、ファイナルチェックリストの´△鯱寝札譽戰襪猟汗哀潺垢如∀寝擦径擦佑燭里如並絅璽澆蝋峙舛力寝参弔覆里任后法∈F、明日と、復習も兼ねて2限から受講して、録音し直してきます(再受講1講座500円)。そういえば、もう春期講習のパンフレットとか出てるかも知れませんね(そのときは、もらってこよう)。

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
をやっている。5回目なので、けっこう「当り」始めてはいるが、冠詞、前置詞の決定が、微妙に間違うため、○にはなりにくい状態が続いている。まだまだ道のりは、遠そうだが、地道にやっていくしかなさそうである。

【終了】『ファイナルチェックリスト‐読解編』【感想編】

カテゴリ:

2.2

 

 

 

 

 

 

昨日、ファイナルチェックリスト(全11問)が終了した。富田一彦先生の一連の講座の最後にあたる講座である。いつもながら解法は見事だった。

ただ、やはり、英語の問題も最終的には日本語の問題になるようで、考え方の手順を追う過程には、その日本語力が重要になってくるように思った。

その手順が?なときは、まさに数学の問題を解いて行く際に、「あれっ?!なんでこうなるのだろう」と次の一手に向かう手順が追えない感覚に似ているのかもしれない。

ちなみに、最後の終わり方も「うまい!」と思わせるような終わり方だった。

1.26

 

 

 

 

 

 

でもって、来週は、私のラストにあたる、『ハイレベル英語解法研究‐“超”長文編』である。

カテゴリ:

代々木ゼミナール立川校にて『ファイナルチェックリスト‐読解編』を受講してきた。

サテラインブースもずいぶんと慣れてきた。今日は、サテラインブースは、比較的、「賑わって」いたように思う。感想は、明日まとめて書くことにする。

なお、先週、帰り道に電気屋の前でクレープを売っていたのだが、今週は、焼きたてメロンパンになっていた。多分、別の車なので、別の会社なのかもしれない。

まあ、隔週で登場しているかもしれないので、来週に望みを託そう。

ちなみに、その代わりに(?!)、みたらし団子を買って食べた。

お菓子類が食べられるのは、ほんとうに幸せなことなのだと実感する今日この頃である。

【終了】ハイレベル英語解法研究‐読解編【感想編】

カテゴリ:

1.19

 

 

 

 

 

 

行ってきました。代々木ゼミナール立川校。もちろん受講してきたのは、↑です。

いや〜、富田一彦先生、やっぱりいいですねー。解答に至る手順が逸品です。怪しげな方法ではなく、同じ、反対、因果の三つを駆使して解いて行く方法なので、納得感があります。

最終的には、木原太郎先生と同じような解法になると思うのですが、木原先生は、よりマクロから、富田先生は、よりミクロから迫っていくように感じました。

とにかく、受験に留まらず、英語を読む(または訳出する)という行為に役立つ気配が濃厚です。

さて、冬期講習は、

2.2

 

 

 

 

 

 

が来週、

1.26

 

 

 

 

 

 

が再来週と、まだまだ続くので、これまた実に楽しみです。

【1日め】ハイレベル英語解法研究‐読解編【終了】

カテゴリ:

1.19

 

 

 

 

 

 

の1日め(第1講〜第3講)が終了した。

今日はセンター試験だったからなのだろう、3〜5限とサテラインブースにて受講したのだが、3限は、私の他に1人だけという状況だった。

ちなみに、その1人は、4限からいなくなったので、5〜6限と50席近くある部屋の中で1人だけだった。

内容は、さすが富田先生といったところだった。「同じ形の反復」は、4回くらい出てきた。やはり、読解上、つまづくのは、このポイントだと再確認したしだいだ。

なお、本格的(?!)な感想は明日にでも。

【明日は】ハイレベル英語解法研究‐読解編【1日目】

1.19

 

 

 

 

 

 

明日は、いよいよ↑である。富田先生に「会える」には、大学院受験用に受講した時以来だから、約6年ぶりということになるだろうか。

私にとっては、まさに英語の先生であるといえる人なので、今から楽しみにしている。

【終了】英語版「文章構成法」完成編【感想編】

カテゴリ:

1.12

 

 

 

 

 

 

ふう、終わりました。文章構成法。文章構成法は、要するに作文の作法みたいなものです。単語→文法→文章構成法と、より包括的になるような気がします。

今回は、冬期講習ということで、総まとめみたいな感じでした。同意表現を駆使して解答していく様は、実に「美しかった」です。

次週から受講する富田先生は、同じく同意表現(と反対表現、そして因果関係)を駆使して、解答していくのですが、解答に臨む基本姿勢は、木原先生と同じだと私は思っています。

来週受講する

1.19

 

 

 

 

 

 

の予習は終わったので、

2.2

 

 

 

 

 

 

次々週に受講する予定の↑の予習に入りたいと思います。おそらく

出題形式別英文読解論理と解法―代々木ゼミ方式
の実演版になるものと予想されます。これも楽しみです。

P.S.

何だかんだ言っても、英語も結局は、日本語(運営or論理)能力なのかなと思う私でした(話せもしないのに結論するのもどうかとは思うのですが(^_^;))

カテゴリ:

英語の基本動作として、

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
を日々10題を復習しつつ、

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
を間違ったところだけ日々5題ずつ、これも復習し、

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.2 整序問題
を日々2題ずつやっている。

Perfectionism: Theory, Research, and Treatment
もちろん、これも、時々読み続けている。

こんな感じで進めてはいるのだが、こないだ外国人の方と話す機会があったのだが、けっきょく、日本語で会話する始末であった。アイルランド出身ということで、「フィッツジェラルド?」と言ってみたが、「???}だった感じだった。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
で、後で、調べてみたら、フィッツジェラルドは、アメリカで、私が意図したのは、ジェイムズ・ジョイス(アイルランドの作家)だった・・・。しゃべれないわ、知ったかは外れるは、で散々であった(*_*)。

ユリシーズ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

 

今日は、実にのんびりとしたひと時を過ごした。

最近は、実に落ち着いたもので、特に「焦燥感」がない。

さて、のんびりしながらも、いつものように、

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)

 

 

を10題、
富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎

 

 

 

を間違い&あやふや76題のうち5題だけ進めて、残りを

Perfectionism: Theory, Research, and Treatment
に費やすという「黄金」パターンであった。

あ、気がつけば、英語三昧ですな。

さて、私の「底力」は上がっていますかどうか。

あ、30日にヨドバシカメラAkiba店に行く際に、

購入すべきガンプラ用具を書き出しておかないとといかんですな。

P.S.

それと平行して、本田健さんの↓をパラパラ読んだり、

きっと、よくなる!
桜井章一さんの↓

運に選ばれる人 選ばれない人 (講談社+α文庫)

 

 

 

をパラパラ読んだりして、人生の「心構え」を学ぶのもまた、オツである。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
は、5章「時制と法・助動詞」に入っている。「同形反復」と違って、余り間違わないかと思いきや、これまたバンバン間違えてしまう。時制は読んだり訳したりする分には、あまり影響はないのだが、文法問題や英作文となってくると冠詞と共に「ん?!どれだっけ?!」となる分野であり、また、その代表でもあるような気がする。

また、こういう「名著」でも、使い方を誤れば、「読めども読めず」みたいになり、なかなか身にならないような気がする。身につけるコツは、「先へ先へ」と焦らず、一個一個確実に「理解しながら進める」ことのような気がしている(自らの反省を込めて)。

カテゴリ:

何だか最近英語付いている。英語再入門といったところであろうか。

思い起こせば、英米文学科に入ったにも関わらず、英語はいっさい勉強せず、哲学、心理学、宗教学、世界史、経済学などを読み漁っていた。

どれほど英語を勉強しなかったかというと「heard」をヒアードと読んで教授に「終わってるね」と言われたくらいだ。

とにかく、最近まったく本を読まなくなった私としては、当時は、我ながら驚異的な読書量であったように思う(悲しい事に当時読んだ内容は99.9%忘れてしまっている)。

まあ、別に英米文学科(卒)だから、英語をやらなきゃというのはなく、ただ単に原書を読むさいに、もう少しスムーズに読めないものかと感じるところが大なのである。

まずは、浪人時代に私が英語が好きになった「原因」である富田先生の著書を読み込んだり、授業に出たりして、もう一度勉強しなおそうと思うしだい。

冬期講習の季節です。

11.11そろそろ冬期講習の季節である。今年の冬は何かとろうと思っている。目下、検討しているのは、木原太郎先生の『英語版文章構成法」完成編』と富田一彦先生の『ハイレベル英語解法研究―“超”長文編』である。お二人とも、その解答の根拠が実に論理的なので、何とも感動的なのだ。ちなみに、その方法論は、私が国語を教えるときにも重宝していたりするので、受講は、そのブラッシュアップも兼ねているのだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×