タグ

タグ:英文法

【感想編】翻訳入門(4)

カテゴリ:

フェロー・アカデミーで『翻訳入門』を受講してきました。

今回返却された課題2は、

理解度 40点

解釈度 25点

表現力 26点

減点   0点

91点(平均88.1点・最高97点)

講評:全体としてはまずまずですが、細かい点にもっと注意しましょう。

でした。前回の平均割れと違って、平均超えをしたので、まあ、いいかなという感じです。

とはいえ、「so」に苦戦してしまったので、この辺は反省です。

前回考えた「ヒントを見るか見ないか」ですが、この2も1に引き続きヒントは見ないでやったのに、こういう感じだったので、さて、どうするかといった感じである。

3はヒントを見てやったので、その「具合」で調整してみようかな。いや、もしかして、ゼロヒャク発想はよくなく、ほどよい加減でやるのがいいのかもしれないなぁ・・・。

ちなみに、今回は、

[STEP 4] 無生物主語の文は人間を主体に

[STEP 5] 受動態の文を訳すかんどころ

でござんした。この辺は、代ゼミ時代に富田一彦先生で鍛えたことは鍛えたので、まあ、そんな感じだろうなという感じでした。

ただ、受動態(「be」バージョン)が、動作と状態、2つを意識しなければならないというところなどは、「さすが翻訳講座」といった感じで、パワーアップ感が得られて良かったです。

さらに言えば、先生の「下積み時代」の話も聞けてよかった。

あとは、そうだなぁ、帰りに話した受講生が二時間かけて通ってきているという話を聞き、「熱意は距離を超える」などとわけのわからないことを思ったりしました。

DSC00921

カテゴリ:

朝のノルマをやりつつ思ったのは、どうも訳出力が低いということである。

構文系は、「並列(省略)構文」に手こずるものの、だいたいクリアできるようになってきたが、訳すとなると、イマイチぎこちない。

まあ、それは本当には読めていないからだと言われてしまえばそれまでなのだが・・・。

というわけで、ちょっと翻訳力でも鍛えようかと、翻訳スクールみたいなものを検索してみたが、どれも受講料が高い・・・。

1講座申し込めば、とたんに貯金が底をつく料金である(貧乏とはそういうものである)。

となると、そちらは、断念して、書籍でやっていくしかないかと思い定め、翻訳英文法 新装版―訳し方のルールなるものを購入してきた。

伝統文法に沿った形で、訳出のコツを学ぼうという感じのものである。

さて、この本は当たりなのか・・・、また、どこまで学習が続くのか・・・、未知の要素は多そうである。

P.S.

ちなみに、「翻訳スクールなんて通うと、まさに英文科っぽいじゃないか、何だか、おしゃれだ」とわけのわからないことを考えてしまった英米文学科卒の私でございました。

1.SV

→ ほとんどない。

1’.SVA

→ AVS の倒置に注意(Aが長いと難易度↑)

2.SVC

→ CVS の倒置に注意(Cが長いと難易度↑)

→ Cには、形容詞、Ving、Vp.p 

3.SVO

→ OSV の倒置に注意(Oが長いと難易度↑)

→ VOの間にMが入ると難易度↑

4.SVOO

→ 容易

→ 予測としては、OOの間にMが入ると難易度↑

5.SVOC

→ OとCの間にMが入ると難易度↑

→ SVCO の倒置に注意

5’.SVOA

→ ASVO の倒置に注意

→ SVAO の倒置に注意

→ OAの間にMが入ると難易度↑

<総論>

とにかく、各文型の間にMが入ると、難易度が↑

その他(1).並列(と省略) → 最難関

その他(2).同格

その他(3).分詞構文後半設置

131.あなたの助言にはいくら感謝しても感謝しきれません。

→ I cannot thank you too much for your advice.

英作文のストラテジー より

う〜ん、これは、どうなんだろう、イマイチ、起こせない文だ。直訳は、「あなたの助言に対して、あまりにとてもで(orとても過ぎて)、あなたに感謝することができない」って感じなのだろうか。う〜む、また、しばらく考えてみよう。

 

123.田舎と比べると、都会のその中学は10倍の規模だった。

The junior high school in the city was ten times as large

as               that              in the country.

英作文のストラテジー より

う〜ん、下段のas以下にあるthatがよく分からない。

that=the junior high scoolらしいのだが、だったら、省略できるのではないだろうか。例の日本「の」人口は云々パターンと同じなのかなぁ・・・。まあ、しばらく考えてみよう。

 

何を思ったか、2001〜2002に受講した佐々木和彦先生のテキストの付録をやり始めている。いろんなことが書いてあったことが、今になって分かる。もう少しやりこんでみよう。

佐々木和彦の基礎からがっちり!英文法 (東書の大学入試シリーズ―スーパー講座)

佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本

 

 

 

さて、きょうは、QBハウスに行って髪を切ってこようと思っている。もうすぐお出かけである。

ちなみに、明日から、4連続日程なので、何だか既に疲れている。

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
をやっている。5回目なので、けっこう「当り」始めてはいるが、冠詞、前置詞の決定が、微妙に間違うため、○にはなりにくい状態が続いている。まだまだ道のりは、遠そうだが、地道にやっていくしかなさそうである。

【明日は】ハイレベル英語解法研究‐読解編【1日目】

1.19

 

 

 

 

 

 

明日は、いよいよ↑である。富田先生に「会える」には、大学院受験用に受講した時以来だから、約6年ぶりということになるだろうか。

私にとっては、まさに英語の先生であるといえる人なので、今から楽しみにしている。

カテゴリ:

英語の基本動作として、

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)
を日々10題を復習しつつ、

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
を間違ったところだけ日々5題ずつ、これも復習し、

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.2 整序問題
を日々2題ずつやっている。

Perfectionism: Theory, Research, and Treatment
もちろん、これも、時々読み続けている。

こんな感じで進めてはいるのだが、こないだ外国人の方と話す機会があったのだが、けっきょく、日本語で会話する始末であった。アイルランド出身ということで、「フィッツジェラルド?」と言ってみたが、「???}だった感じだった。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
で、後で、調べてみたら、フィッツジェラルドは、アメリカで、私が意図したのは、ジェイムズ・ジョイス(アイルランドの作家)だった・・・。しゃべれないわ、知ったかは外れるは、で散々であった(*_*)。

ユリシーズ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

 

今日は、実にのんびりとしたひと時を過ごした。

最近は、実に落ち着いたもので、特に「焦燥感」がない。

さて、のんびりしながらも、いつものように、

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)

 

 

を10題、
富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎

 

 

 

を間違い&あやふや76題のうち5題だけ進めて、残りを

Perfectionism: Theory, Research, and Treatment
に費やすという「黄金」パターンであった。

あ、気がつけば、英語三昧ですな。

さて、私の「底力」は上がっていますかどうか。

あ、30日にヨドバシカメラAkiba店に行く際に、

購入すべきガンプラ用具を書き出しておかないとといかんですな。

P.S.

それと平行して、本田健さんの↓をパラパラ読んだり、

きっと、よくなる!
桜井章一さんの↓

運に選ばれる人 選ばれない人 (講談社+α文庫)

 

 

 

をパラパラ読んだりして、人生の「心構え」を学ぶのもまた、オツである。

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
の2回目が終了した。×と△のところだけの復習だったので1回目に比べるとスピーディーであった。ただ、同形反復の項目がまだまだ弱いので、

富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解基本ルール編―代々木ゼミ方式 (代々木ゼミ方式)
の対応箇所や富田先生のテキストの付録の対応箇所をさらにやりこむ必要があるようだ。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
は、第4章の復習まで終わった。あやふやな進め方をしてしまったので、また間違う箇所がほとんどだった。まあ、何回かやっていれば、そのうち身につくだろう。

そうそう、そういえば、代ゼミの冬期講習の日程は、どうしましょうね。まあ、現代の利器のおかげで、フレックスサテラインなるものがあり、日程は、自由自在なので、特に気にしなくてもいいからいいですね。

そうそう、富田先生の授業の片鱗が無料で視聴できるサイトがありました。

富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解基本ルール編―代々木ゼミ方式 (代々木ゼミ方式)
を基本書として進める授業みたいです。お金を払えば2回目以降も受講できるみたいです。ネットでこういうことができるのも時代の賜物なのでしょうね。1回目をパラパラ見ましたが、春期講習の授業みたいな感じでした。

英語はさっぱり分からんという方は、一度視聴してみるといいかもしれません。「をを!」と感じることうけあいかと(多分)。

ちなみに、私は、富田先生の冬期講習は、

1.ハイレベル英語解法研究―“超”長文編

2.ファイナルチェックリスト―読解編

を受講しようと思っています。

富田の〈英語長文問題〉解法のルール144 (上)
を読むよりも手間が省けそうな予感がしていますが、どうでしょうか。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
の第4章の復習をしている(1回目正答率50%)。正答率の↓が示しているようにかなりムズイ。A 等位接続詞(&相当語句) B、のBの部分が、Aのどの部分と並ぶのか、はたまた省略は何かなど、なかなか読み解きにくいのだ。

2001年に富田先生の講義を受けたときに使ったテキストの付録にある『等位接続詞の料理法』『Bのない比較級』といった項目も合わせて復習しておく必要があるかもしれない。

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
の1・2・3章の復習が終わった。あやふや正解なところ、間違えたところしか復習していないので、全問やることに比べれば、早いものである。

ちなみに、(1回目の)正答率であるが、

1章 17/20 85%

2章 23/25 92%

3章 34/40 85%

だったようだ(ちなみに全6章)。とにかく、他の人に説明できるくらいやりこんで、基礎力の養成とするとしよう。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
の全6章・計205題が終了した。今度は間違えたところと、あやふや正解だったところの復習に取り掛からねばならない。理解を心がけてはいたが「早く終わらせよう」といういつもの欲が出てしまい。理解があやふやな部分が残っているのは否めない。復習段階では、理解を徹底させたいところである。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
は、5章「時制と法・助動詞」に入っている。「同形反復」と違って、余り間違わないかと思いきや、これまたバンバン間違えてしまう。時制は読んだり訳したりする分には、あまり影響はないのだが、文法問題や英作文となってくると冠詞と共に「ん?!どれだっけ?!」となる分野であり、また、その代表でもあるような気がする。

また、こういう「名著」でも、使い方を誤れば、「読めども読めず」みたいになり、なかなか身にならないような気がする。身につけるコツは、「先へ先へ」と焦らず、一個一個確実に「理解しながら進める」ことのような気がしている(自らの反省を込めて)。

カテゴリ:

何だか最近英語付いている。英語再入門といったところであろうか。

思い起こせば、英米文学科に入ったにも関わらず、英語はいっさい勉強せず、哲学、心理学、宗教学、世界史、経済学などを読み漁っていた。

どれほど英語を勉強しなかったかというと「heard」をヒアードと読んで教授に「終わってるね」と言われたくらいだ。

とにかく、最近まったく本を読まなくなった私としては、当時は、我ながら驚異的な読書量であったように思う(悲しい事に当時読んだ内容は99.9%忘れてしまっている)。

まあ、別に英米文学科(卒)だから、英語をやらなきゃというのはなく、ただ単に原書を読むさいに、もう少しスムーズに読めないものかと感じるところが大なのである。

まずは、浪人時代に私が英語が好きになった「原因」である富田先生の著書を読み込んだり、授業に出たりして、もう一度勉強しなおそうと思うしだい。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.2 整序問題
を買ってきた。約50問ということで、1日1題くらいずつやっていけばちょうどいいかもしれない。「基本を極めること。それ以上でも以下でもない。」(富田一彦談)。を肝に銘じて取り組んでいかねばならない。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
の第4章を終えた。正答率50%とかなり苦戦を強いられた。それもそのはず、私がもっとも苦手とする「同じ形の反復」(=等位接続詞&比較)の章なのだ。まあ、何回も復習する予定なので、時間をかけてマスターしたい章である。次は、第5章「時制」である。ちなみに、

英作文のストラテジー (河合塾SERIES―英語入試問題解法の王道)

 

 

とのコラボ効果で、けっこういい感じでやれていっているように思うのが、勘違いではないことを祈るばかりである。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
も約半分のところにきた。いよいよ第4章『等位接続詞・比較と「同じ形の反復」』である。等位接続詞の前後をいかに「並べるか」は英文解釈で最も苦戦するところなので心してかからねばならない。省略も発生するので、かなりややこしいのである。

ちなみに、冬期講習会は、富田先生のは「ハイレベル英語解法研究―“超”長文編』(90分×4 12000円)を受講することにした。

カテゴリ:

富田の入試英文法―代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
を新たにやり始めることにした。英文法は木原先生の夏期講習の付録をやっていたのだが、だいたい、やりつくしてしまった感があるので、気分転換をしてみようというわけだ(これが終わったら、また木原先生の付録をやってみようと思っている)。

富田先生のは、冬期講習とか受けてみようかなぁ。受けるとすれば、超長文編がいいかもなぁ。直前中の直前なだけに、バンバン進みそうで楽しそうな気配がするのだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×