敲神26年(2014年)臨床心理士資格試験過去問題集4・問題28】(誠信書房)

WISC-乎稜集〆困4つの群因子(知覚推理,処理速度,言語理解,ワーキングメモリー)指標と下位検査に関する次の組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

 <知覚推理> <処理速度> <言語理解>  < ワーキングメモリー>

a  行列推理    数唱    語音整列      絵の抹消
 
b  絵の抹消    算数     単語        類似  

c   符号    積木模様    知識       語音整列

d  絵の概念   記号探し    理解        数唱

e  積木模様   絵の完成    類似       語の推理 


◆敲神27年(2015年)臨床心理士資格試験過去問題集4・問題48】(誠信書房)

子どもの発達検査に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

A.WISC-犬蓮っ療発達のいくつかの領域間における個人内差を明らかにすることができる。

B.新版K式発達検査2001の適用年齢は,就学前の年齢 (0〜6歳)である。

C.WISC-犬蓮じ生賤解,注意記憶,知覚統合,処理速度の4つの指標得点を算出できる。

D.新版K式発達検査2001は,姿勢・運動領域,認知・適応領域,言語・社会領域それぞれの発達年齢,発達指数を算出することができる。