【第1回公認心理師試験・問32】
注意欠如多動症/注意欠如多動性障害<AD/HD>の診断や行動特徴として、不適切なものを1つ選べ。

―性は男性よりも主に不注意の行動特徴を示す傾向がある。
⊃巴任砲蓮∧数の状況で症状が存在することが必要である。
診断には、いくつかの症状が12歳になる以前から存在している必要がある。
た巴任砲蓮不注意、多動及び衝動性の3タイプの行動特徴を有することが必要である。
DSM-5では、自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害<ASD>の診断に併記することができる。

【第1回公認心理師試験・問132】
注意欠如多動症/注意欠如多動性障害<AD/HD>の併存障害について、正しいものを2つ選べ。

ヾ超調整と薬物療法とを考慮する。
∪人期にしばしばうつ病を併存する。
M椣藉超は併存障害の発症に関係しない。
ぜ尊感情の高低は併存障害の発症に関係しない。
セ童期に反抗挑戦性障害を併存することは少ない。

【第1回公認心理師試験・問45】
発達障害及びその支援について、正しいものを1つ選べ。

[徹藜蠶△鮗萋世垢襪海箸呂任ない。
∪鎖西祿下塋欸鯤〇禺蠶△鮗萋世垢襪海箸呂任ない。
H達障害者支援センターの役割に診断は含まれない。
と達障害者支援法では注意欠如多動症/注意欠如多動性障害<AD/HD>は支援の対象に含まれない。