タグ

タグ:機動戦士ガンダムOO

【感想編】『劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer』@TOHOシネマズ府中

いやいやいやいや観てきましたよ。OOのラスト。

結論を先に言いますと、2回涙が流れてしまいました・・・(T_T)。

さて、私は、

TOHOシネマズ府中で19時10分からのを観るべく、
DSC01284













京王線府中駅へと出向き、
DSC01285













よく観ると、いつも車窓から見ているトイザラスの上にあったのですね・・・。しらなんだ・・・。

DSC01286













でもって、↑ を買って見た来たという経緯でございました。

さて、何から書きましょうねぇ、まずは大ざっぱな話の流れでも書いてレビューといきますか。

【レビュー】
舞台はあれから二年後。「平和」な生活を送っていた地球に謎の金属(生命体)エルスが現れる。その現れた経緯は木星探索機の地球への墜落だった。その後、エルスはイノベイターに覚醒する可能性を持った人類(脳梁肢波の強い者)を襲い始める。エルスの地球での活動は収まったものの、その本体が木星に出現する。その本体が地球に到着するまでに対策を打つべく地球連邦軍、ソレスタルビーイングがエルスに対峙する

みたいな感じだったでしょうか。

刹那と
HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-08-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
がエルス内部に入り込み「対話」を成立させ、エルスは花の姿となり、その暴走を止めた。

その後何年か経ち、人類の4割がイノベイドに覚醒し、宇宙進出をすることになった。

イオリアは、宇宙進出のさいに人類が他の生命体等と「理解しあうため」(誤解し合わないようにするため?!)に、遥か昔に、イノベイド計画(?!)をやっていた。

という感じでした。

ちなみに、リボンズは、イオリアの近くにいた人で木星探索隊の1人だったようです。その後、エルスに取り込まれてしまったような感じでした(ラストシーンで、その原型だった人が出てきます。もちろん「アムロ」の声で)。

さて、感想編と参りましょう。

【感想編】
何と言っても
HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-11-30
クチコミを見る
を駆るグラハムの死ですね(T_T)。

刹那がエルス本体に入るのを助けるため、自らエルスに突入しエルス本体に内部に通じる穴を開けて死んでしまいました・・・。

もう涙涙で、私は、既に泣いていました・・・(T_T)。

グラハム・・・。

勇気をもらいました・・・。

なお、先に2回泣いたと書きましたが、もう1回は、グラハムの登場シーンでした(エルスに追い詰められるガンダム隊を助けました)。

ちなみに、終わった後、前の席の人がグラハムが死んだときは、オレは号泣したね、と言っていました・・・。

同士よ・・・(T_T)。

ちなみに、今回死んでしまったのは、グラハムとセルゲイさんの息子(誰だったっけ?!)でした。

ティエリアは死にましたが、情報として、パソコンの中で「生きて」いました。
HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-09-24
クチコミを見る
エルスにとりつかれてピンチの刹那を助けて直ぐのお亡くなりでした。登場から退場までのスピードが半端じゃなかったのが、ラファエルでした・・・。なお、背中の大きいのは、懐かしのセラフィでした・・・。

そういえば、
HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GN-010 ガンダムサバーニャ (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-08-28
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-09-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
ともに、クアンタよりも長く登場してましたね。クアンタも登場時間としては、とても短かったように思います。

しかし、ガンダムのシチュエーションは実際に未来に起こりうる可能性がある設定が多いのですが、今回もそうだったように思います。

宇宙に進出した場合の他の生命体とのいざこざの可能性、そして地球外生命体と話し合わず理解し合おうとしない姿勢で臨めば争いは避けられないみたいな。

なるほどなと。

なお、最後の最後の場面は、年老いたマリナ(目が見えない)がオルガンを弾いているところに刹那のイメージ(?!)が現れて「理解し合おうとする姿勢」は正しかったみたいな話をし、2人抱き合い終了でした。

なんというか、スタッフの皆さんには、お疲れ様でした、そして、ありがとうございました。という感じです。

本当に良い物語をありがとうございましたm(__)m。

P.S.
そういえば、地球連邦にいたイノベイド、デカルトはコレと見せ場もなくエルスに取り込まれて終了でした。ラスボスというわけではなかったようです。

さらにP.S.
イオリア悪人説、ロックオン1復活説は外れました。また、エイフマン教授がつかんだ謎は、エルスのことで良かったのでしょうか。微妙に謎のままなのかな・・・。

『劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer』いよいよですねぇ・・・。

TOHOシネマズ府中で19時10分からのを見ようかと。

そうそして、昨日も書きましたが、私の最大の楽しみは、

HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 GNX-Y903VW ブレイヴ 指揮官用試験機 (機動戦士ガンダム00)
販売元:バンダイ
発売日:2010-11-30
クチコミを見る





を駆るグラハム・エーカーの活躍なんですねぇ。

グラハムは死なないで欲しいなぁ・・・。

あと、思ったのですが、昨日書いたのに加えて、元祖ロックオンの復活もありなのではないかと思っていたりします。

ロックオン2がピンチのときにロックオン1が「狙い撃つぜ!」と助けに入るという感じ?!

まあ、とにかく、今日は楽しめそうですなぁ。

本日中に感想(レビューくらいになるのかな?!)をアップしそこねる可能性もあるので、今の内にアップしておかなきゃエントリでございました。

『劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer』がいよいよ明日公開ですねぇ・・・。

いろんな謎が解けていくのでしょうなぁ・・・。

木星云々、エイフマン教授が気づいた内容などなど・・・。

そして、まだまだ捨てきれないイオリア実は悪人説。

そして、哀・戦士ならではの死に逝く者達などの展開・・・。

一部では、今回はあまり死なないのではないかという説も流れていますが、それはそれでもいいような気がします。

とはいえ、TV板OOのラストは、「なかのひと」らしき者の情報を事前に読んでしまい、その通りの展開に、ちょっと間が抜けてしまったので、今回はネットあさりはせず、純粋にラストを堪能してこようと思っています。

楽しみじゃ〜!!!

TOHOシネマズ府中

で明日見てくるつもりなので、感想編に乞うご期待!!!

そして、個人的には、グラハムの搭乗機・ブレイヴの活躍に期待。 

いつものようにヒマなので、YouTubeを探索していたところ、

機動戦士ガンダムOOのラストバトルの動画があった。

そう、

1/144HGガンダムエクシア リペア2 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/144HGガンダムエクシア リペア2 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元:バンダイ
発売日:2009-06-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 

1/144HGオーガンダム (実戦配備型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/144HGオーガンダム (実戦配備型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元:バンダイ
発売日:2009-06-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 

の対決である。この辺は、哀・戦士感はイマイチだったものの、なんとも宿命観を感じて、なかなか良かったのを覚えている(2ちゃんねるで関係者バレを読んでいなければ、哀・戦士シーンだったのかな?!)。

ガンダム対グフみたいな感じも受けるのだが、どうだろうか。

最終回(第25話)「再生」

最後の決戦に身を投じる刹那。ライル(声・三木眞一郎)の意思が、アレルヤ(声・吉野裕行)の想いが、ティエリア(声・神谷浩史)の思念が漆黒の宇宙を翔けるとき、ダブルオーライザーから発せられた粒子が周囲一帯を包みこむ・・・。

Yahoo!テレビより

いやはや、いやはや、2007年10月にスタートしたOOも、いよいよ明日で最終回ですねぇ・・・。劇場版に続くという噂もありますが、とりあえずは、一応の完結をみることでしょう。

最終回の見所は、物語の「落としどころ」になると思われます。どんな落着が用意されているのでしょうね。楽しみなところです。

しかし、その前に、刹那vsリボンズの因縁の対決がありますな。ラスボスMSの強さが、どう描写されるのか。

また、主人公とラスボスの戦闘中に交わされる「思想対決」もまた見所なんですよね。各々の「哲学」がぶつかり合うわけです。その辺も楽しみです。

では、最終回、楽しみにしながら待つとしましょう。

P.S.

しかし、なしてリボンズは、Oガンダムに乗っていたんでしょうな。初期は、ソレスタルにいたってことなんでしょうか。その辺の謎も「会話」の中で明らかになってくるのかもしれないですね。

さらにP.S.

幼き日の刹那を助けたOガンダム。そして、そのOガンダムのパイロット、リボンズ。最終決戦で相まみえるふたり・・・。

なんかこう「胸が締め付けられる」シチュエーションです。

ROBOT魂<SIDE MS> オーガンダムROBOT魂<SIDE MS> オーガンダム
販売元:バンダイ
発売日:2009-05-25
クチコミを見る

 

 

機動戦士ガンダム00 1 [Blu-ray]機動戦士ガンダム00 1 [Blu-ray]
出演:宮野真守
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008-08-22
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-ray]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-ray]
出演:宮野真守
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009-02-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村←現在位(あとクリックで位)。

第24話「BEYOND」

敵母艦内に侵入したティエリア(声・神谷浩史)はそこで驚愕の事実を知る。防戦に撤するプトレマイオスだったが、敵の休むことのない猛攻に劣勢を強いられ続けていた。一人、また一人と倒れていく仲間たち・・・。その命の灯火に応えるよう、刹那(声・宮野真守)が吼える。

Yahoo!テレビより

いやいやいやいや、でもって、明日はOOの24話ですなぁ・・・。

23話は、ソレスタル側が、ピンチな感じで、かつ、途中経過という感じで終わりましたね。

個人的には、サーシェスの駆るアルケーガンダム(→壊れたはずでは?!)とケルディムの対決の行く末が気になるところです。

1/100 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/100 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元:バンダイ
発売日:2009-01-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 

ケルディムは確か手か足かもげてしまっていたように思うのですが、どうだったでしょうか。

ライルがやられると、ニールと通算して二敗となるので、ライルは勝ちそうな予感もするのですが、どうなんでしょうね。

まさか、ニールがデュナメス・リペア(?!)で「狙い撃つぜ!」と復活&援護あったり・・・(水島監督がニールは死んだような発言をしていたので、それはないかな)。

ブシドーが助けに入るにも、スサノオは壊れていそうだし、それも難しいかなぁ・・・。

1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元:バンダイ
発売日:2007-12-16
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 

あとは、ティエリア出生の秘密がリボンズから明かされる可能性もあるわけで、それも楽しみですな。

では、明日の24話を楽しみに待つとしましょう。

P.S.

Cパート辺りでいよいよラスボスが駆るMSが登場するかも知れませんね。

第23話「命の華」

リボンズ(声・蒼月昇)にとうとう造反の意思を示したリジェネ。一方、カタロン、連邦軍をも巻き込んだ、アロウズとソレスタルビーイングの戦いは熾烈を極めていた。そこに突如、巨大な光の帯が戦場を包み込む。

Yahoo!テレビより

しかし、アレですな。

まさにあと3話なんですな。

刹那は、ようやく覚醒を始めたものの、とうとう「苦悩」することがないまま終わりそうですね(^_^;)。

若干あったような気もするのですが、「無表情」なので、よく分からないですな(セリフは、キラ以上に少ないのではないでしょうか)。

で、最終回のCパートとかでは、マリナが最終決戦後に「」に返り咲いたりするんですかね(世界の「姫」として?!)。

ほら、歌もヒットしたみたいだし、知名度十分ってところで。

あとは、そうだなぁ、2ndでは、いまだにイオリアが出てきませんねぇ・・・。1stでは、けっこう出てきてたんですけどね。

最終決戦も近いので、Cパートか、予告辺りにラスボスが駆る機体が・・・出て・・・来ると楽しみが減るから出てこないのかな(^_^;)。

では、

ROBOT魂<SIDE MS> オーガンダムROBOT魂<SIDE MS> オーガンダム
販売元:バンダイ
発売日:2009-05-25
クチコミを見る

 

 

の活躍を誰がパイロットなのかも楽しみにして待つとしましょう。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村←最近、本人が押しています(^_^;)。

第22話「未来のために」

連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイング殲滅のため集結しつつあった。最後の決戦を前に意気込むグッドマンたち。プトレマイオスでは、戦いの決着をつけるべく、刹那(声・宮野真守)たちが互いの決意を口にする。

Yahoo!テレビより

さて、いよいよ明日は、OOの22話ですな。

スサノオとの戦いに決着はつくのか。

ルイスのその後はどうなるのか。

が焦点ではあるのでしょうな。

あとは、サーシェスは何をしているのでしょうね。

でもって、リボンズは、ああやって落ちついたままなのでしょうか。

最後への布石で、大いに感情的になる可能性もありますな。

なにはともあれ、楽しみにして待つとしましょう。

第21話「革新の扉」

時間差があって届いた留美(声・真堂圭)からの連絡は、ラグランジュ5のある宙域のポイントだけのものだった。不審に思うプトレマイオスクルー一同だが、刹那(声・宮野真守)は進路を向けるよう提案する。イアン(声・梅津秀行)もまた、その付近にあるソレスタルビーイングの秘密工場では、リンダたちが新装備を開発しているからと賛同し、一同は留美からの連絡で指定されたポイントへと向かう・・・。

Yahoo!テレビより

第20話「アニュー・リターン」

ヒリング、リヴァイヴとともに現れた新型機に苦戦するガンダムたち。ケルディムと新型機の両機は、揉み合いながら戦闘領域を離れていく。損傷を受けるケルディムのコクピットで、ライル(声・三木眞一郎)は叫びながら新型機に機体ごとぶつかっていく。

Yahoo!テレビより

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
第19話「イノベイターの影」

混乱する戦況の中、ルイス(声・斎藤千和)の機体を探し求める沙慈(声・入野自由)。現れたヒリング(声・川庄美雪)との交戦時、刹那(声・宮野真守)はツインドライヴの力を解放させ、加速する粒子が戦闘宙域一帯に広がった。

Yahoo!テレビより

しかし、明日は、ガンダムOOか・・・。

あと7話で終わってしまうのか・・・。

これから盛り上がってくるんだろうなぁ・・・。

名残惜しいけど、リアルタイムガンダムは

初めてだったので、充実したひと時を送らせてもらい

感謝の念がたえない。

EDの曲は、25話のEDでもあるはずで、

その時、それを聴くときは、感慨深いんだろうなぁ・・・。

そう、そして、その頃は、春か・・・。

P.S.

それのしても、グラハムはなして仮面をつけたのだろうか、先週の半仮面では、顔に傷があったから、それを隠すためなのだろうか。

あと、2ndシーズンになって、一度たりとも「出演」していないイオリアはどうしているのだろうか。まあ、明日、ヴェーダが出てくる感じなので、そこで出てくる可能性はあることはあるのだろうけど。

あとは、イオリアとリボンズの関係もよーわからんですな。リボンズは、イオリアをよく思っていないフシがあるような気もするので、その辺の関係が明らかになってくるのも楽しみです。

あとは、リボンズが搭乗するMSがどんなものかも楽しみである。

Oガンダムパイロットのリボンズと、それでガンダム目覚めた刹那の対決は、「をを!ガンダム感!」みたいな感じで、これまた独特の不思議な感覚に包まれる予想があるのだ(対決があればだけど)。

そういえば、ガンダムOOを見ていたら、OO終了後は、鋼の錬金術師なのだそうだ。よく知らないのだが、新シリーズとのことで、旧シリーズもあるようである。

鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD]鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD]
出演:朴ロ美
販売元:アニプレックス
発売日:2009-01-28
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

そんな感じであるということは、けっこう、面白いアニメなのかもしれない。

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]
出演:福山潤
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007-01-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
も、面白かったし、試しに見てみるかな。

それは、ともかくとして、今年はガンダム放映30周年ということで、OOの後に、そのまま新シリーズに突入するのでは?という見方もあったものの、これで、そのまま新シリーズにパターンはなくなったわけである。

ということは、今年の10月から始まるパターンで何か新ガンダムが来るのかなぁ・・・。個人的には、

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)
著者:安彦 良和
販売元:角川書店
発売日:2002-06-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
個人的には、↑ が来て欲しいなぁ・・・。TV版とは、若干違う展開もあるし・・・。でも、やっぱり、

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)
著者:福井 晴敏
販売元:角川書店
発売日:2007-09-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
なのかなぁ・・・。でも、上記二つの最大の欠点は、ネタバレが既にあるので、何も分からない状態を楽しみにという感じではなくなるところがあるか・・・。

とにかく、新ガンダムの情報は、全くもってないので、謎めいたままである。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

第18話「交錯する想い」
連邦がアロウズの傘下に下ったことを懸念するプトレマイオスクルーに、今こそヴェーダを取り戻す作戦を決行すべきと進言するティエリア(声・神谷浩史)。そのためにイノベイター捕獲を主眼とした作戦をスメラギ(声・本名陽子)は立案する。

Yahoo!テレビより

第17話「散りゆく光の中で」
状況が逼迫する中、修理が不完全なまま現状を打開できずにいたプトレマイオス。そんな中、負傷した刹那(声・宮野真守)は、今なすべきことをなすために、傷を負った体で立ち上がる。そして刹那は沙慈(声・入野自由)にある言葉をかける・・・。

Yahoo!テレビより

1.リボンズ

2.サーシェス

3.グラハム

4.イオリア

辺りだろうか・・・。

1は、ファーストシーズンでアムロの声では?!と疑われていた時点でラスボス濃厚だったが、「大方の予想通り」になるのかどうか。

2は、「属していそうで属していない」性質が、ファーストのシャア、SEEDのクルーゼと似ているので、可能性ありではある。ただ、ロックオンのカタキということで、ティエリアとの戦いになる可能性もありである。

3.は、1stシーズンの事実上の(?!)ラスボスになってしまったので、微妙な感じではある。

4は、穴場で、イノベーターの誰かに「乗り移る」パターンが考えられたりする。まあ、可能性は低そうではあるな(^_^;)。

まあ、この辺りも、ラストへ向けての楽しみのうちのひとつである。

P.S.

機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻> [DVD]機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻> [DVD]
出演:保志総一朗
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004-03-26
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
のラスボス

1/100 スケール プロヴィデンスガンダム1/100 スケール プロヴィデンスガンダム
販売元:バンダイ
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
はカッコ良かったなぁ・・・。

第16話「悲劇への序章」
アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那(声・宮野真守)は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待ち構えていたのは、新たな機体を携え再び姿を現したミスター・ブシドーだった。

Yahoo!テレビより

ROBOT魂<SIDE MS> セラヴィーガンダム
ROBOT魂<SIDE MS> セラヴィーガンダム
クチコミを見る
セラヴィーガンダムが「脱皮」して、セラフィムガンダムになって二週間くらいが経つであろうか。どうだろう、セラフィムが出てきたとしても、まだ、あの「巨顔」は活かしきれていない感じがしないだろうか。

個人的には、あの「巨顔」を活かすには、セラヴィー→セラフィム→セラ○となるしかなさそうに思うのだがどうだろう。

まあ、プラモ、おもちゃ等々では、セラフィムで終わっているようなので、「巨顔」を活かしたセラ○ガンダムの可能性はかなり低くなってしまってはいるのだが・・・。

セラフィムに抜けがらセラヴィーを「付けていく」感じで、なんとかならないもの・・・だ・・・ろう・・・か・・・。

第15話「反抗の凱歌」
カタロンの補給を受け、修理をしながら巡航するプトレマイオス。連邦の包囲網を抜けるために、ダブルオーの戦力は必須だったが、刹那(声・宮野真守)はいまだ帰艦せずにいた。防戦一方のプトレマイオスだったが、そこに連邦内部でのクーデター勃発の情報が入ってくる。

Yahoo!テレビより

第14話「歌が聴こえる」
イノベイターからの猛攻を受け、破損しながらも、地球へと降下するプトレマイオス。地球へと向かいプトレマイオスを探す刹那(声・宮野真守)だったが、そこにサーシェスの乗るアルケーガンダムが現れる。  

Yahoo!テレビより

第13話「メメントモリ攻略戦」

衛星兵器「メメントモリ」へ攻撃を仕掛けるカタロンの宇宙艦隊に、なおもアロウズMS(モビルスーツ)部隊が迫る。そして刹那(声・宮野真守)に接近していくヒリングのMS。しかしそれは、おとり役である刹那の誘導だった。

Yahoo!テレビより

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第12話「宇宙(そら)で待ってる」

基地の場所を特定され、アロウズの強襲にあったプトレマイオスは、急ぎ脱出を図る。だがカティの戦略と新型のMS(モビルスーツ)に苦戦を強いられるマイスターたち。そんな中、ツインドライヴが真の能力を発揮する。

Yahoo!テレビより

 

いつも通りヒマだったので、YouTubeを眺めていたところ、

CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダムOO アナザーストーリー「Road to 2307」
クチコミを見る
↑ グラハム・エーカーの

今の私は阿修羅すら凌駕する存在だ!

軍人に戦いの意味を問うとはナンセンスだ!

のシーンがアップされていた。

もちろん、何回か見て味わっていたのだが、ふと、

「あれっ?!もしかしてBGMが同じなのでは?!」と感じた。

「颯爽たるシャア」と同じでグラハムにもBGMがあった

ということかもしれない。

それにしても、GNフラッグって、2分22秒しか登場

していなかったのか・・・。

ROBOT魂<SIDE MS> グラハム専用ユニオンフラッグカスタム2(GNフラッグ)
ROBOT魂<SIDE MS> グラハム専用ユニオンフラッグカスタム2(GNフラッグ)
クチコミを見る

それにしても、何でセカンドシーズンでは、アレになっているのだろう。その辺の経緯もおいおい判明してくることなのだろう。

HG 1/144 ブシドー専用アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ブシドー専用アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
クチコミを見る

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第11話「ダブルオーの声」

イアン(声・梅津秀行)達の手により、ダブルオーの支援機オーライザーの調整が進む中、更なるアロウズの新兵器が稼動する。そのすさまじい威力にアロウズ、そしてリボンズ(声・蒼月昇)がほくそ笑んでいた。彼らのやり方に激しい憤りを覚えたティエリア(声・神谷浩史)は、ついにイノベイターの存在をソレスタルビーイングのクルーに話す。

Yahoo!テレビより

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第10話「天の光」

連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。スイールの蜂起とそれによる中東諸国の追随を懸念する連邦は、スイールへのアロウズ派遣を決定、正規軍のセルゲイ(声・石塚運昇)に、スイール国境付近で状況監視の命を下す。一方、スイールの蜂起を期待するカタロンは、スイール国王と共闘のための会談を取り付けることに成功する。

Yahoo!テレビより

 

まずは以下の引用文を読んで頂きたい

00に本格的に心奪われてから、半年が経ちました。
 ―もんのすっっっごい感慨深いです!!
 それまでアニメにも、そしてガンダムにも興味ゼロだった私が、
 今では「グラハムLOVE♪フラッグ素敵♪」状態ですからね(笑)
 半年前まで「モビルスーツ」という単語すら知らなかった私がですよ!!
 …ここまで変わることができるんですから、人間の適応能力って本当にすごいvv

 私と00、出会ったのは今年の3月でした。
 mixiのキーワードランキングで上位に入ってた「ロックオン」って単語を、
 何気なしにググっみたことが全ての始まりだったんですよ…。
 まぁぶっちゃけ当初はそんなに関心なくて(笑)
 そもそも私、アニメなんて全く興味なかったし(爆)
 だってそれまでの私にとって、アニメと言えば「ドラえもん!!」でしたからねvv
 あるいは「サザエさん」(笑) 
 もしくは宮崎駿のジブリ作品とか(爆)
 もちろんそんなんだから歴代のガンダム作品なんて観たことあるはずもなく…。
 「ロックオン」が00のキャラだって知った時も、実は若干引いてましたからね…(^∀^;)
 「mixiのランキングで、
 アニメ名ならまだしもアニメのキャラ名が単独で上位に来るなんて、
 日本もいよいよヤバいんじゃ…」みたいな感じでorz
 本当にすみません、全力で謝罪させてください↓
 今じや考えられないような思考です、本当に(≧△≦;)

 まぁ、実はそれ以前にも偶然本放送目にしたことはあったんですけど、
 すぐにチャンネル変えてたみたいなんですよ(苦笑)
 00にはまってから一期全部を改めて見直してみて、
 既視感感じる場面が幾つか在ったので(≧∀≦)/
 ただ当時の私は全力でスルーしてた、と(爆)
 それが今じゃこんなこと(このブログとか)になってますからね…。
 一体何が分岐点となったのか、自分でも不思議で仕方ありません。
 …。
 …やっぱり就活かなぁ…。
 4〜6月と言えばちょうど就活真っ最中で精神的にまいってる時期。
 現実から逃げたくて鬱々としてた当時のダメダメな私の前に、
 後光を背負いながら降臨してくださったのが00だったというわけなんです(笑)
 正に救世主(爆)

 アニメもガンダムも00も私にとっては宇宙人並みに未知の存在だったんですけど、
 それが逆に良い方向に働いてくれたんだと、今では思ってます♪
 とにかく全てが知らないことばかり過ぎて、
 逆に色々なことを知る楽しみと新鮮な刺激を私に与えてくれましたから(*≧∀')ъ
 中途半端に知識がある分野だったらきっとこんなに夢中になれてなかったはす!!
 おかげて就活の苦痛もかなり和らぎましたし、
 プチ鬱からも脱出して無事志望企業から内定もいただけてvv

 そんなこんなで、現実逃避から始まった私と00のまやかしの蜜月関係。
 本来なら就活の終了と同時に終わっていたんでしょうが、
 一過性の興味で済ませてはくれないのが00のすごいところ!!
 気付けばどっぷり夢中になってる自分がいて(‘∀‘)σ
 00が魅力的な作品だからこそ、
 私も現実逃避云々関係なく今もここまで心奪われれるんだと思います☆
 むしろ今では00が私のマジリアルですから(笑)
 だっておもしろいんですもん、00!!(≧∇≦)

 前日に当ブログのアクセス数が10000を超えたこと、
 そして00に本格的にはまってから半年が経ったということで、
 妙にセンチメンタリズムな気分になってしまいました(笑)

 12月は私にとって、
 00との記念月です☆
 クリスマスなんて関係ないやい(笑)

 というわけで!!
 00に出逢えた奇跡と、
 今リアルタイムで00を視聴できている自分の幸せ噛み締めながら、
 残り16話分(少なっ!!)の本放送を全力で満喫しようと思いますっ(●°∀°●)

半年が経ちました』(00をひとりごつ)より

なんという想いのあるエントリだろうか。

久しぶりにいいエントリに出会ったので

全文を引用してみたしだいである。

機動戦士ガンダム00 (1) [DVD]
機動戦士ガンダム00 (1) [DVD]
クチコミを見る

最近、OOにアルケーガンダムというのが出てきている。アリー・アル・サーシェスの搭乗機である。ふと思ったのが、これに「ガンダム」を冠して良いのかということだ。

まあ、アルケーガンダムが嫌いなのではなく、余りにも

MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0
MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0
クチコミを見る
と違ってきているからである。

SEED系も初めて見たときは、ガンダムに羽ってどうよ、という感じだったが、まあ、慣れてくると、それもアリではあるなという範囲ではあったように思う。

MG 1/100 フリーダムガンダム
MG 1/100 フリーダムガンダム
クチコミを見る
アルケーガンダムに至っては、まあ、胸部のダクト部がかろうじてガンダムチックではあるものの、あとは、無理くりにいって頭部のアンテナくらいであろうか。

HG 1/144 スローネツヴァイ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 スローネツヴァイ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
クチコミを見る
アルケーガンダムの前身である(とされている)↑なら、まあ、分からないでもないのだが、さて、皆さんは、どうお感じになっただろうか。

*ただしアルケーガンダムには隠し腕ギミックがあったので、変形or合体してガンダムらしくなる可能性がゼロではないところはあるようである。

MG ユニコーンガンダムVer.Ka
MG ユニコーンガンダムVer.Ka
クチコミを見る

P.S.

MG 1/100 ターンエーガンダム
MG 1/100 ターンエーガンダム
クチコミを見る
の場合は、カラーリングが何とかガンダムかなという感じであったが、アルケーに至っては、色も形もという感じである(^_^;)。

ガンダムOOのCM時にギャオのCMがある。

そこでOOをギャオで見れますよシーンのときに流れているBGMがOOの画像とマッチしていて、かなり、しぶくてお気に入りだった。

先週、放映された第9話のBGMで、ちょっとだけ流れていたような気がするが、どうだろう。サーシェスvsセツ・ティエのシーンだったような気もするなぁ。

ってか、あのBGMは、ギャオのあのCMのイメージがあるので、ちょっと他のシーンでは違和感を感じたりするかもしれない(^_^;)。

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
クチコミを見るを覚えておいでだろうか、そう1stシーズンで登場したトリニティきょうだいの長男の搭乗機である。

それは、いいのだが、そのプラモの箱に書いてあった。トリニティきょうだいは、デザインベイビーというのと、長男がサーシェスに打たれて死んでしまうときに言った「何とかのために作られた」云々からすると、他にもデザインベイビー系はいそうな感じがするのだがどうだろう。

2ndシーズンでいえば、もしかするとイノベーター系(ティエリア含む)がそうである可能性があると考えられるが、どうだろう。

ティエリア、リボンズ、ネーナと、例の装置を目で云々できる系だし。

まあ、その辺も、おいおいと明らかになっていくのだと思われる。

P.S.

それにしても、2ndシーズンに入っても出てきていない「デザインベイビー」という言葉が、比較的初期に出たプラモの箱に書いてあるというのは、何とも言えないところである・・・。

あ、でも、他のスローネ系にも書いてあるのかな(^_^;)。

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第9話「拭えぬ過去」

サーシェス(声・藤原啓治)の駆るアルケーガンダムと対峙した刹那(声・宮野真守)とティエリア(声・神谷浩史)。ロックオンの仇と怒りを向けるティエリアだが、その攻撃力に圧倒されてしまう。ライル(声・三木眞一郎)はティエリアの言動から、サーシェスが兄・ニールの仇であることを知るのだった。

Yahoo!テレビより

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第8話「無垢なる歪み」
自分と同じ容姿をしたリジェネの出現にティエリア(声・神谷浩史)は驚愕する。しかし、リジェネの口よりもたらされたイノベイターの情報は、さらにティエリアの心を揺り動かした。その後、アロウズの高官たちが集まるパーティの情報を得たCBメンバーは、偵察任務として刹那(声・宮野真守)と、ティエリアを潜入させる。

Yahoo!テレビより

カテゴリ:

先ほど、近所のYAMADA電機に行ってみたところ、昨日入荷していなかった

1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
が入荷していた。

昨日、ヨドバシカメラ新宿西口本店で「まじまじと」見ていたので、今日は、再確認という感じだった。

しかし、セラヴィーの背中にデカイガンダム顔が・・・。

ちょっと「キモい」感じであるが、いったい、どういう意味があるのか・・・。

もしかすると、セラヴィーは、変形して、一段大きなガンダムになるということなのだろうか。

それか、OOガンダムやキュリオスみたいに、支援メカと合体して、大きくなるのだろうか。

はたまた、「中の人」がいたりするのだろうか。

謎の答えは、しばし、お預けのようである。

 

1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~は、確か、今日が出荷日のはずである。どうだろう近所のYAMADA電機には並ぶのだろうか。「腰が回らない」という前評判の高い(?!)キットなだけに、ちょっと注目である。

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

偶然だろうか、

機動戦士ガンダムSEED 1
機動戦士ガンダムSEED 1
では、アスラン&カガリ、

コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
では、ルルーシュ&お姫様(名前を失念「ユーフェリア」だったっけ?!)、が、想いを語り合う場面が、無人島不時着時に描かれていた。

もしかすると、無人島(不時着)は、そういう場(どういう場?!)に最適な場所なのかもしれない。

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第7話「再会と離別と」

意識を取り戻したスメラギ(声・本名陽子)の作戦により、戦線から離脱したプトレマイオスだったが、ピーリスのアヘッドと共に墜落したアリオスを補足できずにいた。一方、海岸線へと不時着したアレルヤ(声・吉野裕行)とピーリスはMSを降り、直接対峙するが・・・。

Yahoo!テレビより

 

カテゴリ:

1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
の発売が近い。しかし、ネットを徘徊していると、どうも腰が回らないことが判明した。

う〜ん・・・、オーライザーとかいうものを装備させるために、腰の強度が必要だったのだろうか。

それにしても、今の時代に腰が回らないとは・・・。

もしかして開発チームがまだ新人さんたちだったとかだったのかな(^_^;)。

まあ、でも、実物がネット上や店舗に現れ始めてから、買うかどうかは決めるとしよう。

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

そういえば、OOの一期で、エイフマン教授が気づいたソレスタルビーイングの戦争根絶ではない(真の?!)目的って何だったのでしょうね(たしか「知り過ぎた」とかでトリニティきょうだいにビルごと焼かれてしまったような気が・・・)。まあ、それも、いずれ判明してくるのでしょうけど。

機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)

 

元祖・ガンダムは、ブライト艦長という男性であった。続くZ、ZZ、逆襲のシャアもそうであった。ということは、つまり、当時は、男性艦長が主だったわけである。

機動戦士ガンダム 1
機動戦士ガンダム 1

ところが、最新ガンダムの「艦長」は、スメラギさん(女性)であり、マネキンさん(女性)なわけである(まあ、セルゲイさん(男性)もいることはいるのだが)。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1

ついでにいえば、前作のガンダムSEED(&DESTINY)でも、マリューさんや、タリアさんも、ともに女性であった。

機動戦士ガンダムSEED 1
機動戦士ガンダムSEED 1

ということは、最近の「流れ」は、女性艦長ということになる。

まあ、ヲタ&Mの私としては、「凛々しくてステキ」となっていいのであるが、ちょっと思ったので書いてみたしだい。

P.S.

SEEDのときみたいに、OOでも最終戦で、女性「艦長」同士の決戦があるといいな。

第6話でセルゲイさんを平手打ちした

リント少佐の声優は、ジュドーを演じた

矢尾一樹さんという方らしい・・・。

これまた、同じ声優さんとは、思えん・・・。

リボンズの古谷さん(アムロ)と同一作品に出ていることに・・・。

これで、カミーユの声優さんも出ていれば、

まさに「揃い踏み」である(調べればいたりして)。

 

機動戦士ガンダム ZZ 3
機動戦士ガンダム ZZ 3

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第6話「傷痕」
アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギ(声・本名陽子)は忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リント(声・矢尾一樹)から戦果報告を受けていたカティ(声・高山みなみ)もまた、過剰ともいえた作戦に表情を曇らせていた。

Yahoo!テレビより

 

ガンダムといえば、主人公の「覚醒」がある。

ファーストでは、アムロのニュータイプ、SEEDでは、キラの「種割れ」などである。

そこで、OOでは、刹那の覚醒の可能性もあるわけであるが、今のところ、その気配はない。

さて、刹那の「覚醒」ありや、なしや。

P.S.

そういえば、主人公刹那は、アレルヤ、ロックオン、ティエリアに比べて、存在感が薄い。「覚醒」の前フリの可能性もあるが、さて、展開やいかにである。

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

二期ではいわゆるCパートというものがあるようになっている。これは一期ではなかったものである。あれは、作り手としては、どうなのだろう。かなり時間数が短いので、あそこに内容を盛り込むのは、難しそうに感じるのだが、意外とコツがあって簡単だったりするのだろうか。

 

ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!

第5話「故国燃ゆ」
ソレスタルビーイングの出現を逆手にとり、アロウズの重要性を説く連邦政府。また、リボンズ(声・蒼月昇)はイノベイターだけでなく、ある人物を使い、さらに世界に波紋を投げかけ、統合計画を推進しようとする。カタロンとの合流を果たしたソレスタルビーイングは、クラウス(声・川島得愛)から協力を惜しまないという言葉を受ける。一方、望まぬままに戦いに巻き込まれつつある沙慈(声・入野自由)は、ある行動に出る。

Yahoo!テレビより

第4話「戦う理由」
アロウズは次なる作戦を展開するため、リント少佐を招聘する。カティは、前回のプトレマイオスの作戦を分析し、何かを感じ取っていた。カタロン幹部のクラウスたちはソレスタルビーイングとの接触を図ろうとするが、マリナの行方を心配したシーリンも、それへの同行を申し出る。アラビア海へと進路を向けたプトレマイオスに、水中用MAの利用を作戦に組み入れたリントの追撃の手が迫る。

Yahoo!テレビより

 

このページのトップヘ

見出し画像
×