【オリジナル問題】

1.向精神薬は,その適応となる疾患別に,抗うつ薬,抗不安薬(睡眠薬としても用いられる),抗精神病薬,気分安定薬の主に4つのカテゴリーに分類されている。あるカテゴリーに属する薬剤は他のカテゴリーに対応する疾患には無効である。

2.薬物動態学とは,薬剤が身体に及ぼす影響に関するもので,薬剤が脳内のどのような蛋白分子(受容体)に作用して薬理学的効果を発現するのかという作用機序を明らかにする。

3.向精神薬による治療は,対症療法なので,薬剤の種類の選択は精神疾患の診断よりも治療の標的となる症状や状態像に基づいて行われることが多い。

4.向精神薬はプラセボ(偽薬)効果が小さく,治療関係は反映されないと言われている。

5.向精神薬の中には,ベンゾジアゼピン系抗不安薬・睡眠薬のように服薬後15〜30分で早く効果が現れる即効性のものと,抗精神病薬や抗うつ薬のように10〜14日間投与しないと効果の発現が明らかにならない遅発性のものとがある。

6.薬剤による精神障害には,治療や治療の目的で投与された薬剤によって惹起される場合と嗜好目的にて摂取された薬剤によって誘発される場合がある。