【平成21年度臨床心理士資格試験 問題22】

 新版K式発達検査2001に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から正しいものを一つ選びなさい。

A. 検査場面における子どもの行動観察と保護者からの聴取の二側面から成り立っており,実際の生活能力は母親の聴取により得られる情報から判断する。

B. 新版K式発達検査が新たに改訂され新版K式発達検査2001になったときに,適用の対象上限は成人まで,下限は0歳にまで広げられた。

C. 乳児尺度をのぞくと施行順序が決まっていないので,検査者は,どの検査項目から始めて,どのような順序で検査を行うかを,対象者の反応に応じて判断しながら検査をすすめていく。

D. 施行した検査項目に+ (通過), − (不通過)と記載するが,得点化の際には施行していない検査項目にも+,−の評価をしなくてはならないので,注意が必要である。

【平成22年度臨床心理士資格試験 問題39】

B. 発達検査をする場合,0歳からの発達が測定できる新版K式発達検査2001を施行することも適切である。

【平成25年臨床心理士資格試験 問題26】

B. 新版K式発達検査の発達指数は,発達年齢と生活年齢の比から算出する方法を用いている。

【平成27年臨床心理士資格試験 問題48】

B. 新版K式発達検査2001の適用年齢は,就学前の年齢 (0〜6歳) である。

D. 新版K式発達検査2001は, 姿勢・運動領域, 認知・適応領域, 言語・社会領域それぞれの発達年齢, 発達指数を算出することができる。

【平成28年臨床心理士資格試験 問題26】

 緊急に一時保護された幼児に新版K式発達検査2001を施行したところ,認知-適応領域は検査に応じてくれたため発達指数 (DQ) は算出できたが,言語-社会領域では十分な検査をすることができなかった。ただし,検査全般には興味を示して最後まで応じてくれた。このときに臨床心理士がとるべき対応に関する次の記述の中から,最も適切なものを一つ選びなさい。

A 数値が明確に算出できない領域のアセスメントは行わない。

B 全体領域のDQが必要であるので,言語の検査ができるようになるまで待ってから再検査を施行する。

C 判定不能として,行動観察や母親の情報収集で得た情報をもとにアセスメントをする。

D 数値は出さないが,応じてくれた一部の言語領域の検査結果や行動観察を加味して,アセスメントを行う。

E 新版K式発達検査2001の結果は使用せず,他の検査結果を採用する。


『臨床心理士資格試験問題集2〜4』(誠信書房)より