タグ

タグ:公認心理師試験

人間運動反応(M): 動物運動反応(FM)は,人間運動反応(M)が動物運動反応(FM)の[ あ ]倍以上(かつ,Mが3以上)のときは,[ い ]を抑え,適切に表出できる成熟を示す。逆に動物運動反応(FM)が人間運動反応(M)の[ あ ]倍以上(かつ,FC < CF+C)のときは,即時的な満足の充足に走る([ う ])ことを示す。

・FM(動物運動反応)+ m(無生物運動反応)は,被験者が認知していないような[ あ ]傾向を表す。

・All 材質反応+All 無彩色反応 は,被験者が認知していないような[ い ]傾向を表す。

・FM(動物運動反応)+ m(無生物運動反応): All 材質反応+All 無彩色反応が,[ う ]と異なる場合は,[ え ]が生じやすい。

・FM(動物運動反応)+ m(無生物運動反応)> All 材質反応+All 無彩色反応が普通であり,逆の場合は,[ お ]を体験している。

【問題81】

 平成19年に改正された「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(通称: DV防止法)に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から正しいものを一つ選びなさい。

A.配偶者からの身体に対する暴力が実際にふるわれた場合だけでなく,生命や身体に対する脅迫をされた場合にも,保護命令を申し立てできるようになった。

B.保護命令には,配偶者が被害者に接近することを裁判所が禁止する「接近禁止命令」と,配偶者に被害者と住む住居から退去することを命じる「退去命令」がある。

C.「接近禁止命令」は被害者を保護するものであるから,裁判所は被害者の子や親族への接近を配偶者に禁止することはできない。

D.裁判所は,「接近禁止命令」に加えて,配偶者による被害者への面会の要求や行動の監視を禁止することができるが,夜間や頻回の電話や電子メールの禁止はできない。

このページのトップヘ

見出し画像
×