【問題 39】

 乳幼児の精神発達検査に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から最も適切なものを一つ選びなさい。

A. 津守らの乳幼児精神発達診断法は, 0歳〜7歳の子どもを対象とし, 母親との面接により,乳幼児運動・情緒・知性・社会性など4領域についての発達状況を概観する。

B. ブラゼルトン新生児行動評価法は,新生児の平均的行動ではなく,最高の行動 (best performance) にもとづいて採点する。

C. ゲゼル式発達診断法の検査項目は,適応行動・粗大運動・微細運動の3領域で構成されており,乳幼児の行動を観察して発達評価表に記録する。

D. 遠城寺式乳幼児分析的発達検査法は,移動運動・手の運動・基本的習慣・対人関係・発語の5領域にそれぞれ26項目,言語理解領域に21項目の計151項目からなっている。


『臨床心理士資格試験問題集1』(誠信書房)より