【第1回公認心理師試験・問134】
かかりつけの内科医に通院して薬物療法を受けているうつ病の患者を精神科医へ紹介すべき症状として、適切なものを2つ選べ。

”毀
⊆殺念慮
B僚展詐
げ善しない抑うつ症状
タ翰的原因による抑うつ症状

※ バージョン2では、以下に復職支援系の問題を追加しました。

【第1回公認心理師試験・問77】
30歳の女性A、事務職。Aはまじめで仕事熱心であったが、半年前から業務が過重になり、社内の相談室の公認心理師Bに相談した。その後、うつ病の診断を受け、3か月前に休業した。休業してからも時折、Bには近況を伝える連絡があった。本日、AからBに「主治医から復職可能との診断書をもらった。早く職場に戻りたい。手続を進めてほしい」と連絡があった。このときの対応として、適切なものを2つ選べ。

AとBで復職に向けた準備を進める。
Bが主治医宛に情報提供依頼書を作成する。
Aは職場復帰の段階となったため相談を打ち切る。
Aが自分で人事課に連絡を取り、復職に向けた手続を進めるように伝える。
Aの同意を得て、Bが産業医にこれまでの経緯を話し、必要な対応を協議する。

【第1回公認心理師試験・問130】
心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の各段階で事業者が行うことについて、適切なものを2つ選べ。

ゝ拔箸梁始時には、傷病手当金など経済的保障について説明する。
⊃場復帰の可否については、産業医の判断があれば、主治医の判断は不要である。
職場復帰の可否を判断するために、職場復帰支援プランを本人に提示し、本人の意思を確認するc
ず能的な職場復帰は事業者が決定する。
タ場復帰後は、あらかじめ決めた職場復帰支援プランに沿うようフオローアップする。

【第1回公認心理師試験・追加試験・問54】
心の健康問題により休業した労働者が職場復帰を行う際に,職場の公認心理師が主治医と連携する場合の留意点として,正しいものを2つ選べ。

ー膽0紊範携する際は,事前に当該労働者から同意を得ておく。
⊆膽0紊良職診断書は労働者の業務遂行能力の回復を保証するものと解釈する。
主治医に情報提供を依頼する場合の費用負担については,事前に主治医と取り決めておく。
ぜ膽0紊ら意見を求める際には,事例性よりも疾病性に基づく情報の提供を求めるようにする。
ヅ該労働者の業務内容については, プライバシー保護の観点から主治医に提供すべきではない。

【第1回公認心理師試験・追加試験・問74】
36歳の女性A,事務職。がん検診で乳がんが見つかった。通院のため,上司に事情を説明すると「がんの治療のことを考えたら,退職せざるを得ないね」と言われ, ショックを受けた。社内相談室の公認心理師に相談に来て, 「もう立ち直れない。何も考えられない。退職するしかない」と訴えた。Aへの公認心理師の対応として,不適切なものを1つ選べ。

Aの心理的な状態を把握し,産業保健スタッフと連携する。
休職して治療に専念し,完治したら職場復帰の手続をとるように助言する。
Aの要望に応じて,産業医から上司にAの病状や必要な配慮について説明できることを伝える。
ぜ卞發了唆畔欸鬟好織奪佞醗緡典ヾ悗箸連携し,仕事を継続しながら治療を受ける方法があることを説明する。