【平成29年度臨床心理士資格試験問題 29】

B. 言語能力の影響を受けやすいSCTは児童には適用せず,バウムテストなど非言語的なアセスメントを用いるのがよい。

『新・臨床心理士になるために 平成30年版』(誠信書房)より

【平成29年度臨床心理士資格試験問題 31】

 質問紙法に関する次の記述のうち,特定のパーソナリティ理論に拠っている,あるいは関連をもつものに○,そうでないものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

A. MMPI

B. YG性格倹査

C. MPI

D. TEG-II

『新・臨床心理士になるために 平成30年版』(誠信書房)より

【平成26年度臨床心理士資格試験問題 7】

c. Binet, A. がSimon, T. と協力して作成したWISCでは,精神年齢という概念が初めて導入された。

『臨床心理士資格試験問題集4』(誠信書房)より

【平成22年度臨床心理士資格試験問題 22】

 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリーに関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から正しいものを一つ選びなさい。

A. 継次処理尺度と同時処理尺度からなる認知処理過程尺度に,社会性尺度を加えたもので構成されている。

B. 認知処理過程尺度を子どもの現在の知的能力を測るものとして重要視している。

C. 非言語性尺度は聴力障害,言語障害などの子どもの認知機能を不利にならないように評価できる。

D. 下位検査のプロフィール分析により,子どもの強い(弱い)能力とその影響要因について仮説を立てて検討できる。

『臨床心理士資格試験問題集2』(誠信書房)より

【平成22年度臨床心理士資格試験問題 11】

a. CMIでは,心身両面にわたる自覚症状に関する資料を得ることができ,さらに神経症の重症度に関する判別が可能である。

『臨床心理士資格試験問題集2』(誠信書房)より