【第1回公認心理師試験・問153】
28歳の女性A、会社員。Aは、3か月前に夜遅く一人で歩いていたところ、強制性交等罪 (強姦) の被害に遭った。その後、気がつくと事件のことを考えており、いらいらしてささいなことで怒るようになった。仕事にも集中できずミスが目立つようになり、上司から心配されるまでになった。「自分はどうして事件に巻き込まれたのか。こんな私だから事件に遭ったのだろう。後ろから足音が聞こえてくると怖くなる。上司も私を襲ってくるかもしれない」と思うようになった。Aに認められていない症状として、正しいものを1つ選べ。

/入症状
回避症状
3仞壇戮犯娠性の変化
で知と気分の陰性変化

【第1回公認心理師試験・問1】
サイコロジカル・ファーストエイド を活用できる場面 として、最も適切なものを1つ選べ。

.ぅ鵐董璽面接
⇒縦蠎蟒兪阿量明
心理検査の実施場面
せ故現場での被害者の救援
ゥ好ールカウンセリングの定期面接

【第1回公認心理師試験・問93】
災害時の支援について、正しいものを1つ選べ。

“鏈卍掌紊良毀欧鷲妥反応であり、薬物治療を行う。
被災者に対する心理的デブリーフイングは有効な支援である。
4躓‥な状況で子どもは成人よりリスクが高く、特別な支援を必要とする。
と鏈匱圓糧甦囘な発言には、「助かって良かったじゃないですか」と励ます。
ト鏈匱圓ら知り得た情報は、守秘義務に基づき、いかなる場合も他者に話してはならない。

【第1回公認心理師・追加試験・問95】
災害発生後早期の支援について,最も適切なものを1つ選べ。

/搬里某┐譴動多幹兇鰺燭┐襦
GHQ-28を用いて被災者の健康状態を調査する。
災害以前から治療を受けている疾患がないかを被災者に確認する。
と鏈匱圓離哀襦璽很明椶波鯑饑験茲良塰を互いに話し, カタルシスが得られるようにする。
ザい精神的ショックを受けた被災者が混乱して興奮している状態を,正常な反応として静かに見守る。

【第1回公認心理師試験・追加試験・問63】
小学校で原因不明の爆発事故が起こり,多数の負傷者がいると通報があった。所轄警察署に勤務する公認心理師は事故発生後,他の署員とともに直ちに事故現場において被害者支援を行った。事故の連絡を受けて駆け付けた保護者への公認心理師の優先される対応として,適切なものを1つ選べ。

(麁撒ヾ悗亮荳爐鳳じる。
∧欷郤圓希望しない限り,情報提供を控える。
3惺散疑Πから保護者に説明する場を設定する。
ぬ筏証などにより保護者を確認し,部外者の侵入を防ぐ。
ゴ愀玄圓閥力して児童の状況について情報を集め,保護者に提供する。