キーワード

キーワード:PDI を含む記事

【過去問de心理学】PTSD <Ver.1.0>

【第1回公認心理師試験・問153】
28歳の女性A、会社員。Aは、3か月前に夜遅く一人で歩いていたところ、強制性交等罪 (強姦) の被害に遭った。その後、気がつくと事件のことを考えており、いらいらしてささいなことで怒るようになった。仕事にも集中できずミスが目立つようになり、上司から心配されるまでになった。「自分はどうして事件に巻き込まれたのか。こんな私だから事件に遭ったのだろう。後ろから足音が聞こえてくると怖くなる。上司も私を襲ってくるかもしれない」と思うようになった。Aに認められていない症状として、正しいものを1つ選べ。

/入症状
回避症状
3仞壇戮犯娠性の変化
で知と気分の陰性変化

【第1回公認心理師試験・問1】
サイコロジカル・ファーストエイド を活用できる場面 として、最も適切なものを1つ選べ。

.ぅ鵐董璽面接
⇒縦蠎蟒兪阿量明
心理検査の実施場面
せ故現場での被害者の救援
ゥ好ールカウンセリングの定期面接

【第1回公認心理師試験・問93】
災害時の支援について、正しいものを1つ選べ。

“鏈卍掌紊良毀欧鷲妥反応であり、薬物治療を行う。
被災者に対する心理的デブリーフイングは有効な支援である。
4躓‥な状況で子どもは成人よりリスクが高く、特別な支援を必要とする。
と鏈匱圓糧甦囘な発言には、「助かって良かったじゃないですか」と励ます。
ト鏈匱圓ら知り得た情報は、守秘義務に基づき、いかなる場合も他者に話してはならない。

【第1回公認心理師・追加試験・問95】
災害発生後早期の支援について,最も適切なものを1つ選べ。

/搬里某┐譴動多幹兇鰺燭┐襦
GHQ-28を用いて被災者の健康状態を調査する。
災害以前から治療を受けている疾患がないかを被災者に確認する。
と鏈匱圓離哀襦璽很明椶波鯑饑験茲良塰を互いに話し, カタルシスが得られるようにする。
ザい精神的ショックを受けた被災者が混乱して興奮している状態を,正常な反応として静かに見守る。

【第1回公認心理師試験・追加試験・問63】
小学校で原因不明の爆発事故が起こり,多数の負傷者がいると通報があった。所轄警察署に勤務する公認心理師は事故発生後,他の署員とともに直ちに事故現場において被害者支援を行った。事故の連絡を受けて駆け付けた保護者への公認心理師の優先される対応として,適切なものを1つ選べ。

(麁撒ヾ悗亮荳爐鳳じる。
∧欷郤圓希望しない限り,情報提供を控える。
3惺散疑Πから保護者に説明する場を設定する。
ぬ筏証などにより保護者を確認し,部外者の侵入を防ぐ。
ゴ愀玄圓閥力して児童の状況について情報を集め,保護者に提供する。

これはどうなんだろう。

どうやら得点率6割を死守したようである。

同じ得点率6割の(本試験)とはどうだったんだろう。

難易度が上がったのか,受験生の「学力」が低めだったのかは判別できないところだ。

ただ,思うのは,試験委員は悪気があって難易度を上げた(ことになってしまっているが)のではないのではないかということだ。

(追加試験)は想定していなかったため,急遽,問題を作らざるを得なかっただろう。

なので,微妙な難易度を設定するのも難儀したと考えられる。

要するに,もうネタ切れだったのではないかと(笑)。

それはともかく,今後の見通しとしては,合格率よりも得点率重視である可能性が高まったように思う(もう必要な数は確保したということもあるだろう)。

あと,おそらく5年後の見直しで事例問題は2点になるだろう。

ただ経過措置の期間は,事例問題3点かつ得点率6割は動かないと思われるので,それなりの「覚悟」が必要なのではないか。

第1回公認心理師試験【前日】

いよいよ待ちに待った(?!)公認心理師試験の前日となった。
公認心理師現任者講習会テキスト[2018年版]
金剛出版
2018-01-26




これともかれこれ半年くらいの付き合いになったのではないか。

公認心理師出題基準 平成30年版』(一般財団法人日本心理研修センター)(通称:ブループリント)

はテキストを読み込んでからなので,そこまで長い付き合いでもなかったかも(笑)。

これは心理検査を勉強するために購入したのだが,基礎心理学の補強にも使った感じだろうか。

今日は,自家製の

公認心理師現任者講習会テキストには出ていないのにブループリントには出ている用語編 Ver.2018.9.7

関係行政論(オマケ供某字最終チェック編 Ver.2018.9.7

『公認心理師現任者講習会テキスト』(金剛出版)に記載されている評定尺度 Ver.1.0(ADHD-RS-検CAARS,LSAS,CAPS,IES-R,PDI,CAGE,KAST,AUDIT)

をさらっと確認して終わる感じになるような。

それにしても,今回の試験は修士論文作成の年と重なってしまい,半年くらいの長期ちまちま作戦を採ることになってしまった。

臨床心理士試験のときは45日の短期決戦で決着をつけたのとは対照的な展開であった。

短期決戦型とは違って忘れる項目が多そうな感じがしているが,年齢の影響かもしれず事実は不明である(それはそうと年齢のせいかどうか不明だが,新しい用語がなかなか覚えられなかったのは気のせいなのだろうか)。

まあ,たとえ落ちたとしても来年は修士論文と重ならないので,もう少し展開は楽になるだろうと思われる(今年やった積み重ねもあるだろうし)。

しかし,今回の件の「副産物」は何と言っても
akusesu
このアクセス数だろう(笑)。

個人のまとめでアップしていった公認心理師試験系の記事が検索で引っかかった結果だと思われる。

つまりは,今日,明日までのことで,明後日からはいつもの100〜120くらいに戻ることだろう。

とまあ,ちまちまと続けてきたお勉強も今日が最後ということで(だと良いのだが),あとは受かってくれると良いのだが,それは「God knows」ということで。


個人的な予想では各尺度がどの障害を評定しているのかが判ればいい程度なのではと。

<ADHD>

1.ADHD-RS-【ADHD Rating Scale-検曄ADHD評価スケール)。

開発者:DuPaul5歳〜18歳。18項目(不注意:9項目,多動・衝動性:9項目)。4段階評定(0:ほとんどない,3:非常にしばしばある)。保護者や教師による他者評定。家庭版と学校版がある。評価時間約5分。カットオフ値を超えるとADHDが示唆される。


2.CAARS【Conners' Adult ADHD Rating Scales】(コーナーズ成人ADHD評価スケール)。

開発者:Conners18歳以上自己記入式(66項目)と観察者評価式(66項目)の2種類からなる。4段階評定。自分では気づいているが,観察者が気づいていない場合やその逆を比較したりもする。ADHD指標(ADHDかそうでないか),矛盾指標(回答に一貫性があるか)がある。

【オマケ】
DSM-5
不注意(9項目中6個:17歳以上は5個)
多動性と衝動性(9項目中6個:17歳以上は5個)
12歳より以前に少なくとも6ヶ月間症状が持続
*学校,職場,家庭など2ヶ所以上の状況でみられる。
*過去6ヶ月に起きた症状の種類で亜型診断(混合型,不注意優勢型,多動・衝動優勢型
*症状と機能障害の程度で軽度,中等度,重度にわけられる。
ストラテラコンサータ(登録された医療機関,登録された医師,登録された薬局)
「社会的,学業・職業的になんらかの困難が生じていること」が診断に必須


<ASD>


*出題委員に黒田先生が入っているので,テキストには出てないが,『公認心理師のための発達障害入門』(黒田美保)(金剛出版)から取り上げてみる。

<1次スクーリング用:1歳6ヶ月児健康診査>

1.M-CHAT【Modified Checklist for Autism in Toddlers】(乳幼児期自閉症チェックリスト修正版

開発者:Robins16〜30ヶ。養育者による他者記入式。23項目(対人コミュニケーション16項目,知覚反応や常同行動4項目,言語理解1項目,ダミー2項目(運動))。「はい」「いいえ」の2肢選択。所要時間約5分。 質問紙への回答と 1〜2ヶ月後の電話面接の2段階(発達の個人差を考慮)。6項目の短縮版がある。

<2次スクーリング用:弁別>

1.PARS-TRParentinterview ASD Rating Scale - Text Revision】(親面接式自閉スペクトラム症評定尺度 テキスト改訂版

開発者:発達障害支援のための評価研究会専門家が養育者に対して半構造化面接で評価1時間弱)。対象年齢は不明(質問内容から3歳以上成人まで)。 就学前(幼児期)57項目, 小学生(児童期)57項目, 中学生以上(思春期・成人期)57項目の3種。3段階評定(0:なし 〜 2:していない)。´↓いずれも,現在の症状を評定し,幼児期ピーク評定(幼児期の症状が最も顕著だったときの評定も行う。現在の症状,幼児期ピークともにカットオフ値あり。各年齢12項目の短縮版あり。

<診断・評価用:熟練度で診断にブレがないように>

1.ADI-R【Autism Diagnostic Interview-Revised】(自閉症診断面接 改訂版

開発者:Rutter専門家が養育者に対して半構造化面接で評価(90分から2時間)。主に幼児期の特性から判定(なのでその時期をよく知る人が回答者として望ましい)。 崕藉発達」 「言語と意思伝達機能」 社会的機能と遊び 「興味と行動」の4領域,計93項目,4段階評定。対象年齢は2歳以上。精神科等からASDの可能性があると紹介されたケース,スクリーニング検査でカットオフ値を超えているケースなどが対象。各質問で 現在の症状過去の症状をセットにして把握していく。診断基準に適合する項目から, 診断アルゴリズムに沿って4領域それぞれを判定。4領域それぞれにカットオフ値あり。なお, 現在症アルゴリズム(効果測定など)もある。研究目的で使用する場合は,研究用研修に参加して資格を取得することが義務。

2.ADOS-2【Autism Diagnostic Observation Schedule - Second Edition】(自閉症診断観察検査 第2版

ASD児者を対象とする半構造化面接を通した行動観察検査(アイコンタクト,表情,身ぶり,対人コミュニケーション)。対象は12ヶ月の幼児から成人。年齢と言語水準によって5つのモジュールあり。.皀献紂璽T(無言語〜1,2語文レベル:12ヶ月〜30ヶ月),▲皀献紂璽1(無言語〜1,2語文レベル:31ヶ月以上),モジュール2(動詞を含む3語文以上〜流暢に話さないレベル),ぅ皀献紂璽3(流暢に話す幼児〜青年期前期),ゥ皀献紂璽4(流暢に話す青年後期〜成人)。各モジュール40分から1時間。観察された行動について「A.言語と意思伝達」「B.相互的対人関係」「C.遊び/C.想像力」「D.常同行動と限定的興味」「E.他の異常行動」の5領域を構成する30項目を評定。 銑い泙重症度(比較得点)が求められる。◆銑イ診断アルゴリズムがあり「自閉症」「ASD」「非ASD」の診断分類が可能(,蓮峽念の程度」で分類)。研究目的で使用する場合は,研究用研修に参加して資格を取得することが義務。

【オマケ】
DSM-5
A)3項目は全て。B)4項目は2つ以上(*DSM-5では「感覚刺激への反応の異常」が追加)
*幼少期から一貫して続いている。
*B)を満たさないと社会的コミュニケーション症(*DSM-5から新設)
*レベル1〜レベル3の重症度水準あり(レベル↑,重症度↑)(*DSM-5から新設)
AQ(Autism-Spectrum Quotient)【自閉症スペクトラム指数
 →自記入式(児童用25点以上,成人用33点以上で診断の参考)
 →自覚が乏しいとカットオフポイントを超えない。
「社会的,学業・職業的になんらかの困難が生じていること」が診断に必須


<社交不安>


1.LSAS【Liebowitz Social Anxiety Scale】(リーボヴィッツ社交不安尺度)。
開発者:リーボヴィッツ。24状況(行為場面12,社交場面12)。4件法(感じる強度と,それを回避する確率をそれぞれ)自記入式。重症度判定有(30点超で境界域)。


<PTSD>


1.CAPS【Clinician-Administered PTSD Scale】(PTSD臨床診断面接尺度)。
30項目。他者評定。


2.IES-R【Impact of Event Scale−Revised】(改訂出来事インパクト尺度)。
開発者:ホロウィッツ。22項目。5段階評定。自記入式。


3.PDI【Peritraumatic Distress Inventory】(PDI日本語版)。
開発者:ブルネット。13項目。5件法。自記入式。

→ DMAT,DPATで現地に向かう人用みたいである。


*周トラウマ期(心的外傷体験の間とその直後の時期)

【オマケ】
DSM-5
)熟(体験),⊃入症状,持続的回避,と歡蠹変化,バ郷
爆心回避はこう:『ゴロで覚える!DSM-5』(メディカル・サイエンス・インターナショナル)]
*,らチ瓦討1ヶ月以上続く(1ヶ月以内のものは急性ストレス障害
*何でもかんでもPTSDにしてしまった犬糧疹覆ら5では,遼熟体験が限定された。
 → ー尊櫃砲泙燭牢蹐Δ死ぬ,⊃執錣焚我を負う,性的暴行を受ける
   *´↓を直接体験
   *他人に起こった´↓を直接目撃
   *家族や親しい友人に起こった´↓を耳にする(暴力的か偶発的か)。
   *´↓への繰り返し暴露
    →例1)遺体を収集する救急隊員
    →例2)児童虐待の詳細に暴露する警官
    *仕事に関連するものでない限り,コンピュータ,テレビ,映画,写真などで見た場合には適用しない
6歳以下の子どもの診断は若干異なる。


<物質関連障害>


1.CAGE【Cut Annoyed Guilty Eye-opener】(CAGE質問表)。
4つの質問。


2.KAST久里浜式アルコール症スクリーニングテスト】。
男性版10項目。女性版8項目。2件法。自記入。重症度判定有。


3.AUDIT【Alcohol Use Disorder Identification Test】(アルコール使用障害特定テスト)。
10項目の質問に回答。重症度判定有。


【オマケ】
DSM-5
*精神的依存:摂取欲求がコントロール困難が生じる状態
 身体的依存:摂取の中止で離脱症状が出る状態
*仕事の合間など1日の中で繰り返す飲酒
*飲んでは眠り覚めては飲む飲酒
*11項目中2つで軽症,4日で中等度,6つで重症と診断


以下は,テキストに載っているものの当ブログでは取り上げていなかった検査


<注意機能>

1.CAT【Clinical Assessment for Attention】(標準注意検査法

Span, 末梢検出課題, SDMT, 記憶更新検査, PASAT, 上中下検査, CPT,の7つの下位検査から成る。


2.CAS【Clinical Assessment for Spontaneity】(標準意欲評価法

面接による意欲評価スケール, 質問紙法による意欲評価スケール,F常生活行動の意欲評価スケール,ぜ由時間の日常行動観察,ノ彎嘉総合評価,の5つの下位検査から成る。


『標準注意検査法(CAT)と標準意欲評価法(CAS)の開発とその経過』を参照


<遂行機能検査>

1.日本版遂行機能障害症候群行動評価(Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome)
開発者:ウィルソン

2.言語流暢性検査(Word fluency test・Verbal fluency test)
意味カテゴリー流暢性課題
 カテゴリーの単語をできるだけ多く述べる
文字流暢性課題
 それぞれの文字から始まる単語をできるだけ多く述べる

【問題 43】
 
 描画法とその考案者に関する次の組み合わせのうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,下のa〜eの組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

A. バウム・テスト      ―――――  Koch,K.

B. 動的家族描画法 (KFD) ――――― Burns, R. C. & Kaufman, S. H.

C. HTPテスト        ――――― Buck, J. N. 
            
D. 人物画知能検査 (DAM)  ―――――    Machover, K.


【問題 46】

 次の文章の空欄 [ A B C D ] に該当する語句として,下のa〜eの組み合わせの中から,正しいものを一つ選びなさい。

 心理査定として,また芸術療法としても利用される風景構成法は,1960年代に[ A ]によって考案された。当初は[ B ]患者への箱庭療法の適用を検討するための予備テストであった。風景構成法ではサインペンを用いて[ C ]が画用紙に枠づけすることから始まり,順番に描かれた[ D ]から石までの10個のアイテムから描き手の心象風景を理解する。





このページのトップヘ

見出し画像
×