カテゴリ

カテゴリ:大学院

一ヶ月学生生活を送ってみて

カテゴリ:
4月から,三度,修士課程1年生となり,1ヶ月が経過した。

月曜日 3コマ

火曜日 2コマ(内,1コマは学部の講義)

水曜日 2コマ(形式的なもので年に3回だけ開催)

木曜日 仕事(この曜日はどの先生も講義がない。大学は会議日とかではないのかなと)

金曜日 3コマ(内,1コマは学部の講義・内,1コマは聴講)

土曜日 休み

日曜日 休み

という感じで1週間を過ごしている(全部単位がとれれば修士2年では水曜の形式的な2コマをとるだけとなる。この点で来年度は仕事が増やせることになる)。

大学院なだけに,各回,各自課題図書を事前に読み,担当者はレジュメを作って発表,そして議論へ,という流れになっている感じだ(学部は講義メインだが,エンカウンター的なものが入る講義もある)。

課題図書に関しては,各自購入する必要はなく,教育機関の特権で(!?),担当者がマスターコピーを作り,それを各自がコピーするので,講義に関する書籍費はかからないという具合になっている。

修論に関してはまだ謎で,どうも年3回あるという水曜日のもので,修論や博論の検討会があるみたいなのだが(つまり,毎週ゼミがあるというわけではない),それがどういう感じで展開されるのかは,まだ開催されていないため詳細は不明である。

そんな感じだったのだが,やはり4月なだけに適応努力を要したのか,疲れたなと(^_^;)。

とはいえ,通学時間が筑波の時のように2時間45分もかかるということはなく,1時間20分なので,そこは助かっているかなと。

とりあえず,先日,修論80000字の構想が閃いたので,それだけでも安心しているしだい(新しい用語を2つ提案する予定なのだが,受け入れられますかどうか)。


三四郎 (岩波文庫)
画像は構内にある三四郎に出てくる主人公とヒロインが初めて出会う池なのだが(ある意味で「聖地」ですな),ちょっと前に撮影したからなのか,水が少なめのようだ(本来は中央石段の下まで水があるらしいが)。

image

大学院の入学式へ行ってきた。

カテゴリ:
image
日本武道館があるということで,京王新線の九段下駅にて下車。

武道館への案内が。

途中,すれ違った人の「今頃,入学式なの?ちょっと遅いんじゃない?」という呟きも耳に入りました(どうやら4月12日が創立記念日か何かだからのようです。授業も始まって1週間も経って疲れもピークなときにやるよりは,授業開始前にやった方が良いような気もするのですが)。

image
会場近くにこんなものが。

「同じものが向こうにもあるので,ここで立ち止まらないでください」という誘導員の声も。

image
武道館って行ったことがなかったのですが,こんな門みたいなのがあって,奥はお城みたいな造りのところも。

途中,桜が咲いていてとてもキレイでした。

image
少し奥に進むと,何やら記念撮影をしている人たちが。

私は「ピン」で来ているので,自分を撮る機会はなし。

*親には来るかどうか聞いてはみたのですが「あんたは中退する可能性があるから,修了式なら行く」ということでした。

image
入り口にはこんなものが。

保護者用の入り口はどこなんでしょうね。

ここで1回,中で1回学生証の点検がありました。

image
中にはこんなところも。

学部の入学式は午前中にあったので,午後の院の入学式は「番組的には」どうでも良かったのかもですね(まあ,お昼休憩中の可能性もなきにしもあらずではありますが)。
image
けっこう早めに来たつもりでも,先に来た人たちはちゃんと存在しており,前の方から来た順に「詰められて」行きました。

14時から開始でも,13時15分くらいから,応援団のデモンストレーションがあったりしました。

私は吹奏楽部(って言っていいんですかね?)の真ん前みたいな感じだったのですが,応援団とかもけっこう近かったので,かなりライブ感がありました。

総長,研究科長(代表),新入生代表(!?)の言葉は,要するに「知の探求は面白いぜ!」みたいなお話だったような。

なお,学部版では,ノーベル賞受賞者の大隈先生(でしたっけ!?)がスピーチをしたとのことでしたが,院生版は,既にお帰りになっており,ここでもイマイチ華のない院生版の哀しさが露呈した感がありました(どこかの研究科長紹介で梶田先生(でしたっけ!?)はいたので,初めてノーベル賞受賞者を見たのかも)。

とまあ,そんな感じだったでしょうか。

しかし,院生でサバイバルできる率(博士号取得率)は30〜40%のイメージなので,実は,
be
なのかもですね・・・。

カテゴリ:
が,今日もまた疲れたので,とりあえず「穴埋め」的に。

あ,今日無事定期が作れたので,いろいろと遊べそうです。

疲れが取れたら,歓迎会やガイダンスの流れなども追記できればと。

カテゴリ:
新入生のみなさま
 
 はじめまして、東京大学大学院 教育学研究科 基礎教育学コース ◯士課程 新◯年の◯と申します。
 この度は、東京大学大学院教育学研究科へのご進学、誠におめでとうございます。在籍院生一同、こうして今年もまた新たに探求の仲間を迎えられることを非常に喜ばしく思っております。

 今回ご連絡いたしましたのは、標題の件について新入生の皆さまにお知らせするためです(なお皆さまのご連絡先は、この件のためにコース事務室の方から伺いました。その点どうぞご了承ください)。
 「新入生歓迎会」は基礎教育学コースの院生が主体となって独自に催している行事です。コースの院生間での親睦を深めるという意味で、毎年度のはじめ、研究科のガイダンス前に行っております。この会は本コースの公式行事ではありませんので、先生方が出席されることはありません。
 会の内容としては、新入生の皆さまからの自己紹介(質疑を含めて一人あたり10分程度)や、在籍生からの簡単な自己紹介、各ゼミの紹介などを予定しておりまして、本年度は次の通りに開催いたします。(以下省略)

こういうのが来ると(来たのは18日(土)でした),いよいよ始まるという感じがしますね。

4月3日(月)新入生歓迎会
4月4日(火)ガイダンス
4月5日(水)授業開始

という流れのようです。

本来ならこの辺りは熊本に帰省していた期間でもあったので,帰省していたら欠席になっていた日程ですね。

しかし,院生生活というのは,修論(博論)や授業で課されたレポートなどの締切との闘い(!?)がメインになるので,

\         /_ /     ヽ /   } レ,'         / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'           /
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /  地  ほ  こ
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬.   /  獄  ん  れ
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !    /    だ.  と  か
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !\:.     う  ら
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !<_       の  が
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   ! /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\
というのが実情なのかもしれません(^_^;)。

入学手続き書類を事務室に提出(期限は3月1日から3月8日まで)

カテゴリ:
image
してきた。

耐震工事が終わったばかりということで,中はビニールシートが敷いてあったり,工事中のところがまだ残っていたが,入って直ぐの事務室は機能していたみたいで,無事,提出とあいなった。

提出は郵送でも良かったのだが,ついでがあったので持参してしまったしだい。

しかし,あれだ。

特に感慨も何もなく,ただ出してきたみたいな感じだ。

もっと,こうわくわくした感じがあるのかと思っていたのだが・・・。

大講堂の地下にある一番大きいと思われる学食も,メニューは少なく,また暗い感じであった。

全体的にどかっとしたメニューが多かったので,そこでは食べず,上野公園のわけのわからない店でうどんを食べたという昼食だった。

う〜ん,また別の学食も見つけてみないとですなぁ・・・。

雰囲気は前回行った東京薬科大学の学食の方がメニューも豊富で明るい感じだったなぁ。

学食は明るい感じの方が個人的には好みかな。

まあ,また別のところをあたってみてということで(^_^;)。

とりあえず,入学手続きは終わったので,学生証やシラバスが手に入る4月4日(火)のガイダンス待ちとなった。

入学式前の日程が判明

カテゴリ:
3月1日(水)

3月8日(水) 入学手続き関係書類の提出
       *入学料免除・猶豫を希望する場合はここでその書類を提出。

4月4日(火) 教育学研究科進入学ガイダンス+コース別進入学ガイダンス
       *ここで学生証やシラバスがもらえるらしい。

4月5日(水) 授業開始
       *1日で採る講義を決める!?

4月12日(水) 入学式
       *てか授業始まってるような(^_^;)。

とは書いてあった。

image
なお,入学式には家族用の入場券があり
image
本券で2名まで入場できますとある。

なお,親に来るかどうか聞いてみたところ「あんたは中退する可能性があるから,入学式は行かない。修了式なら行っても良い」ということであった。

まあ,確かに中退の「前科」がある以上,予断は許されないのはよくわかる(^_^;)。

大学院より入学手続き関係書類届く

カテゴリ:
tetuduki
2月末日までにとしか書いてなかったので,いつなのか不明だったのですが,今日届きました。

日付は2月16日となっているので,中日(!?)からの発送なのかもですね。

とりあえず,ちょっとだけ事務仕事(!?)をすることになりそうです(^_^;)。

大学院の授業料免除系の書類がアップされた模様

カテゴリ:
入学
jyugyou
とまあ,なぜかこの時期にお出ましのようだ(ここ)。

筑波大学のときは(授業料半額免除は)通過したので,国立共通なら今回も通過することだろう。

入学金免除はどうだろう。

例によってほんとうは誰にでも可レベルの基準なのだが,そう書くとまずいので,とりあえず書いてあるという事情がある可能性を考慮して,とりあえず出してはみるかな。

大学院より合格通知書届く

カテゴリ:
goukaku
いやいやいや,これで間違いないですね。

書類には10月初旬とあったので,もう少し先かと思いきや9月中に届きました。

しかし,これで見間違いとかではなく,正式に(!?)受かっているということが判って少し安心しました。

とにかく中退しないように踏ん張らないとですね。

中退ではなく終了への再挑戦チャンスが与えられて本当に感謝しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×