カテゴリ

カテゴリ:読書

カテゴリ:


著者の写真が微妙な感じであったが,時間ができたので買ってみた。

で,読んでみたのだが,「どうでも良い人間関係を清算し,本音で付き合える(成長している者同士のような)関係を再構築する」みたいな内容だった感じだろうか。

人間関係のスリム化が可能な人というのは,いわゆる「クリエイター」系だろうとは思っている。

「クリエイター」系は,交換可能性が低く,こちらから出向いて行かなくても,向こうからやってくる仕組みが自然と構築されるからだ。

ただ,では,「クリエイター」系でなければ人間関係のスリム化ができないかというとそういうことはなく,「ある程度は」可能というのが,ポイントだろう。

そんな人間関係のスリム化をする上での「戦略」がいろいろ盛り込まれている本であった。


追伸
しかし,どうなんでしょうね。

対人関係スキルを駆使して偉くなった結果,周りにいるのは本音を取り繕う人ばかりというのも何とも虚しいもので。

私は悪が(若干)はびこる生活空間の方が何となくリアリティがあって楽しいような気がするのだが。

私は露悪家であり続けたいものである。

カテゴリ:
下世話の作法
ビートたけし
祥伝社
2009-03-19

は,たけしが,「粋」や「心意気」について書いた本で,何度読みなおしても良い感じだ。






これは,中島先生が,仕事の理不尽さを当然のものと見据え,それによって「善く生きる」ことが可能になるというある種のパラドックスを論じた,これまた良い本である。

しかし,なぜかこの2冊は,何度も読み返してしまうので,何かフィットしているんだろうな。
 

カテゴリ:
日本人の知らない武士道 (文春新書 926)日本人の知らない武士道 (文春新書 926)
著者:アレキサンダー・ベネット
出版:文藝春秋
(2013-07-19)





これがなかなかおもしろい。

まだ途中なのだが,武士道のポイントに「残心」を置くところがミソかなと。

生死がかかっているところから,慈悲心が出てくるというプロセスが描かれるのもまた深い感じがした。

最後まで読んだら,また感想をアップしたいところである。

なお,ベネットさん気に入ったので,

武士の精神(エトス)とその歩み―武士道の社会思想史的考察武士の精神(エトス)とその歩み―武士道の社会思想史的考察
著者:アレキサンダー ベネット
出版:思文閣出版
(2009-04)

をAmazonのマーケットプレイスで発注してしまったしだい。

やっぱ,こういうのは,意外と外国人の方が解ったりするのかもなぁ。

これまた楽しみだ。

カテゴリ:
精神科医とは何者であるか精神科医とは何者であるか [Kindle版]
著者:頼藤 和寛
出版:PHP研究所
(2013-06-14)
とまあ,この本のKindle版が出てた。

私が頼藤先生のファンになるきっかけだった本なだけに何とも感慨深い。

なお,頼藤先生の本は,全巻揃っている上に全巻読破している。

あまり知られていないが,私のオリエンテーションは頼藤派なのだ。

カテゴリ:
運は「バカ」にこそ味方する (ソフトバンク文庫)運は「バカ」にこそ味方する (ソフトバンク文庫)
著者:桜井 章一
出版:ソフトバンククリエイティブ
(2013-06-19)





が出ていたようだ。

10年来読んでいる雀鬼本である。

最近は,量産されているため,似たり寄ったりになってしまっている傾向にあるものの,読むと学びが多い著者であることはかわりがない。

しかし,中でもこのソフトバンク版はなぜかちょっとした変化球が多く,量産体制の中でもヒットが多い版なので,楽しみである。

決断なんて「1秒」あればいい (ソフトバンク文庫)決断なんて「1秒」あればいい (ソフトバンク文庫)
著者:桜井 章一
出版:ソフトバンククリエイティブ
(2011-08-20)






群れない生き方 (ソフトバンク文庫)群れない生き方 (ソフトバンク文庫)
著者:桜井 章一
出版:ソフトバンククリエイティブ
(2012-09-21)

カテゴリ:
植物のあっぱれな生き方 生を全うする驚異のしくみ (幻冬舎新書)植物のあっぱれな生き方 生を全うする驚異のしくみ (幻冬舎新書)
著者:田中 修
出版:幻冬舎
(2013-05-30)





を買ってみた。

常々「もしかして動物や植物の生き方の方が正しいのではないか?」と考えていた。

動物はなんとなく分かるような気もしたので,植物はあまり知らない点でもって購入とあいなったしだい。

カテゴリ:
教育史入門 (放送大学教材)教育史入門 (放送大学教材)
著者:森川 輝紀
出版:放送大学教育振興会
(2012-03)
ちょっとわけありで,↑ を読んでいる。

西洋の教育も出てきて,かつ日本の教育も出てくるのだが,どうも明治維新前の日本の教育の方が「合っていた」のではなかろうか。

ただ,いろんな経緯は,実に興味深く,楽しく読めているしだい。

カテゴリ:
範は陸幼にあり―真の人間教育とは範は陸幼にあり―真の人間教育とは
著者:國分 康孝
出版:講談社
(1997-02)





がAmazonの中古から届いた。

いやはや,パラ見しただけで涙が出てくるシロモノだ。

戦前の教育は間違っていたみたいに言われるが,何事もいい面とわるい面があるわけで。

國分先生が見た陸軍幼年学校の教育はどんな感じだったんでしょうね。

楽しみっす。

カテゴリ:
学級崩壊予防・回復マニュアル―全体計画から1時間の進め方まで (育てるカウンセリング実践シリーズ)学級崩壊予防・回復マニュアル―全体計画から1時間の進め方まで
著者:河村 茂雄
出版:図書文化社
(2000-07)





をチョイスしてみた。

初版が2000年で2012年で16刷になっているシロモノなので,たぶん,良い内容なのだろう。

編著とか共著とかの「寄せ書き」ではなく河村先生の単著というところもミソだ。

何はともあれ楽しみである。

カテゴリ:
ソクラテスの弁明 (マンガで読む名作)ソクラテスの弁明 (マンガで読む名作)
著者:プラトン
出版:日本文芸社
(2010-01-30)





がAmazonのマーケットプレイスから届いた。

1.ソクラテスの弁明 (ソクラテス裁判)

2.クリトン (死刑までの刑務所?!の生活の様子)

3.パイドン (毒杯を飲んで死ぬシーン)

の3篇がマンガで描かれているものだ。

なんつうか,こう,泣けましたよ。ほんと。

例の「ただ生きるのではなく善く生きること」とか「ダイモニオン(神霊からの声)」を聴く云々。

すっかり頽落してしまった私には,何ともカッコいい限りのソクラテスでございました。

これぞまさに哲人!

カテゴリ:
人生の意味の心理学〈上〉―アドラー・セレクション人生の意味の心理学〈上〉―アドラー・セレクション [単行本]
著者:アルフレッド アドラー
出版: アルテ






(2010-05) 人生の意味の心理学〈下〉 (アドラー・セレクション)人生の意味の心理学〈下〉 (アドラー・セレクション) [単行本]
著者:アルフレッド アドラー
出版: アルテ
(2010-07)





をAmazonのマーケットプレイスにて発注してみた。

人生の意味の心理学人生の意味の心理学 [単行本]
著者:A.アドラー
出版: 春秋社
(1984-01)





で持ってはいるのだが,これは「共同体感覚」は「社会感情」と訳されているため,
何となく発見しづらいというのがあるためである。

まあ,どの道,暇なので,再読しようと思っていたところだから,ちょうど良かったのだが。

カテゴリ:
ロジャーズ選集―カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文〈上〉ロジャーズ選集―カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文〈上〉
販売元:誠信書房
(2001-05)
販売元:Amazon.co.jp

ロジャーズ選集―カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文〈下〉ロジャーズ選集―カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文〈下〉
販売元:誠信書房
(2001-05)
販売元:Amazon.co.jp

をAmazonマーケットプレイスにて発注した。

いやはや,一度読んでみたかったのだが,お金の都合がイマイチだったので,
これまで買っていなかったしだいだ。

私はときどきロジャーズ派なのではないかと嫌疑をかけられるときがあるので,
それもあったりする。

なお,わたしは,自称・頼藤(和寛)派である。

カテゴリ:
ノマドと社畜 〜ポスト3.11の働き方を真剣に考えるノマドと社畜 〜ポスト3.11の働き方を真剣に考える
著者:谷本真由美(@May_Roma)
販売元:朝日出版社
(2013-01-10)
販売元:Amazon.co.jp




をKindleのAndroidアプリで読了した。

記憶では,サラリーマンの登場は,高度成長期くらいからだったような。

で,その前は,皆さん,「ノマド」だったらしいのだ(ソーズは失念)。

この本を読んでて,ノマド時代になれば,経験をどこで積むか問題が
出てくるみたいなヶ所を読むにつけ,臨床心理士界もまたそうだなと。

資格j持ってない段階で,最初の経験をどこで積むかは,金もほとんどもらえず
ノマドのノマド化準備期と同じ構図だろう。

しかして,社会は,高度成長期以前の皆ノマド時代に戻るのか,
はたまた「社畜」が温存されるのか。

個人的には,ノマドの圧倒的パワーを付ける過程や付けた姿が
なかなか頼もしく感じた一冊(?!)であった。

なお,ライフスタイル・ジョブという概念を初めて知った。

自分のライフスタイルに応じて仕事する,みたいな。

仕事は楽しむ人生の手段である,みたいな。 

おお,これぞまさに,今の私(^_^;)。

とにかく,電子書籍も悪くないなと思ったお初電子書籍でした。

ってか,私は,ある意味,ノマドなのか?!

追記

著者のメイロマさんからリプがありました。


カテゴリ:
図解 ブッダの教え (歴史がおもしろいシリーズ!)図解 ブッダの教え (歴史がおもしろいシリーズ!)
販売元:西東社
(2010-05)
販売元:Amazon.co.jp





を冬休みということで読み始めた。

先日,
ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)
著者:手塚 治虫
販売元:潮出版社
(2002-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
は読み終えたので,ところどころ「ああ,アレか」とか「あれっ?!設定違ってた?!」とかいうところもあって興味深い。

なお,
仏典のことば さとりへの十二講 (講談社学術文庫)仏典のことば さとりへの十二講 (講談社学術文庫)
著者:田上 太秀
販売元:講談社
(2010-05-12)
販売元:Amazon.co.jp
は電車de読書中である。

しかし,いつも思うのだが,こういう創始者系の者たちは,けっこうお笑い系だったのではないかと推測している。ネタもギャグも言っていたと思われるのだが,弟子がお硬かったのか,その辺が消えてしまっているのではと。

カテゴリ:
夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
著者:水野敬也
販売元:飛鳥新社
(2012-12-12)
販売元:Amazon.co.jp




を買ってきた。

時給900円の新職場のおかげで,こういうのが買える余裕ができた(?!)。

これ,面白いっす。

本当に笑ってしまったところがあったのがスゴい。

お笑い好きだがサラリーマンになった主人公が
再びお笑いを目指すも売れていない状態から話が始まる。

まだ最後まで読んでいないのだが,結末が気になるところだ。

また主人公に「取り憑いている」貧乏神の金無幸子さんの今後やいかに?!

なお,前作に引き続き,釈迦も出てきていた。

ん?!

そういえば,私も貧乏神と長年暮らしているような・・・。

夢をかなえる・・・。

安全,無難,事なかれ・・・。


夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
著者:水野 敬也
販売元:飛鳥新社
(2007-08-11)
販売元:Amazon.co.jp





カテゴリ:
ニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジングニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジング
著者:小林 よしのり
販売元:幻冬舎
(2012-12-19)
販売元:Amazon.co.jp




「よしりん」本はついつい買ってしまう。

エネルギーに溢れていてかつ「ギャグ」も入っているので楽しいのもあるのかも知れない。

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
著者:水野敬也
販売元:飛鳥新社
(2012-12-12)
販売元:Amazon.co.jp

と迷ったんだけどね。

ほら,もう今月赤字だしね(^_^;)。

カテゴリ:
ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)
著者:手塚 治虫
販売元:潮出版社
(2002-11-01)
販売元:Amazon.co.jp




全12巻をヤフオクで購入したしだい。

学部生の頃,全巻購入して読破したので,
どこかにあるのかと思いきや,引越し時に行方不明に
なっていたのか,手元になかったので,再購入ということに。

しかし,Amazon中古にしろ,ヤフオクにしろ,安いのを
手に入れる手段は当時より豊富になっているなと。

カテゴリ:
てれびくん 2012年 12月号 [雑誌]てれびくん 2012年 12月号 [雑誌]
販売元:小学館
(2012-11-01)
販売元:Amazon.co.jp





を甥が買ってきた。

で,付録だけ持って帰り本はここにある状態である。

付録がメインなんですなぁ。

で,パラパラと中身を見てみると,いやはや,カオスな構成である。

たぶん,ちびっこは読めないだろうから,絵の配置と色合いが重要なんでしょうな。

おもちゃの紹介も多数されていました。

クリスマス,正月と,おもちゃを楽しみにしていた昔を思いたしだアラフォーおじさんでございました。

P.S.
これって大人が作っているんですよね。

いやはや,どうやって作っているのか・・・。

ある意味,プロですな・・・。

【届いたYO!】『子育てのための心理学入門』 著者:岸見 一郎 販売元:アルテ

カテゴリ:
DSC01434



















というわけで,Amazon中古より到着である。

いつものようにサラッと開けてみたところ,画像のようなメモが付いていた。

私はこういうのに「弱い」ので,何だか良い気分になってしまったしだい。


子育てのための心理学入門子育てのための心理学入門
著者:岸見 一郎
販売元:アルテ
(2010-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カテゴリ:
モームにしぶい言葉が多かったので,
小説読まない私であるが,Amazon中古にて

人間の絆 上巻 (新潮文庫 モ 5-11)人間の絆 上巻 (新潮文庫)
著者:モーム
販売元:新潮社
(2007-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 


月と六ペンス (新潮文庫)月と六ペンス (新潮文庫)
著者:サマセット・モーム
販売元:新潮社
(1959-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

を発注してみた。

名言系で部分的には「読んだ」ことがあるが,
全部読んだわけではないので。

【読み進め】 西郷隆盛 (講談社漫画文庫)

カテゴリ:
DSC01431



















本日は,これを読もうかと。

いつだったかなぁ。

年末長時間時代劇で「田原坂」か何かで里見浩太朗が「さごどん」を
やったのを見た。

なぜか城山で鉄砲で撃たれるシーンと「ここらでよか」が印象に残っている。

(そのテーマ曲がこれ。哀愁である(T_T))。

なお,以前,加治木駅から鹿児島駅に向かう途中に「さごどん生家」が
あったように記憶しているのだが,気のせいなのだろうか。

ちなみに,日野市には,土方歳三生家があったりする。

[新訳]南洲翁遺訓[新訳]南洲翁遺訓
著者:松浦 光修
販売元:PHP研究所
(2008-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

↑ これがまたしぶい。

西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 まさみち
販売元:講談社
(1998-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カテゴリ:
豊臣秀吉(1)異本太閤記 (講談社漫画文庫)豊臣秀吉(1)異本太閤記 (講談社漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:講談社
(1995-07-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


全7巻をヤフオクで落札したのが届いた。

レビューでは,史実と違ったところがあるとあったので,
微妙だったが,信長も家康もあるので,そこを補完する意味で
ついつい落札してしまったしだい。

なお,
西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 まさみち
販売元:講談社
(1998-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

坂本竜馬 (1) (講談社漫画文庫)坂本竜馬 (1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 まさみち
販売元:講談社
(1996-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

も中古で発注しといたので,近く届くはずである。

しかし,よくよく考えると,戦国時代幕末など,
なかなか乱世感あるところの物語たちだったんですな。

カテゴリ:
西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)西郷隆盛 (1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 まさみち
販売元:講談社
(1998-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うう・・・,これまたヤフオクで落札してしまった・・・。

「ここらでよか」(西郷隆盛最期の言葉)

をよく使っているので,馴染みが出たため?!

[新訳]南洲翁遺訓[新訳]南洲翁遺訓
著者:松浦 光修
販売元:PHP研究所
(2008-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

もしぶいっす。

カテゴリ:
スキーマ療法―パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチスキーマ療法―パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチ
著者:ジェフリー・E. ヤング
販売元:金剛出版
(2008-09-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



中核信念に関する論文を書いてしまった手前
少しは知っておいたほうが良いかなと思い購入。

ハードカバーな上に,けっこう分厚いですな。

カテゴリ:
強い会社の教科書強い会社の教科書
著者:小山 昇
販売元:ダイヤモンド社
(2012-10-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



何だかAmazon総合1位になっていたので,
とりあえず買ってみた。

著者は船井総研の人かと思いきや,
そうではなかったんですね。

ついでに,同じ著者の

増補改訂版 仕事ができる人の心得増補改訂版 仕事ができる人の心得
著者:小山昇
販売元:阪急コミュニケーションズ
(2012-07-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

も買ってみたしだい。

カテゴリ:
エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのかエビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか
著者:ミック クーパー
販売元:岩崎学術出版社
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



がAmazon中古より届いた。

例によって「出版バイアス」により「闇に葬られた」研究もあるので,
結果は信用できない面があるが,ネタ的には面白いはずなので,
楽しみである。

カテゴリ:
西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)
著者:熊野 純彦
販売元:岩波書店
(2006-04-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



をなぜか読み進めている。

秋の夜長にはなかなか( ・∀・)イイ!!読み物だ。

そういえば,明後日からの「スピノザ入門」では

 エチカ―倫理学 (上) (岩波文庫)エチカ―倫理学 (上) (岩波文庫)
著者:スピノザ
販売元:岩波書店
(1951-09-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




を取り上げることになっているので,
こちらも楽しみだ。

カテゴリ:
メタ認知療法: うつと不安の新しいケースフォーミュレーションメタ認知療法: うつと不安の新しいケースフォーミュレーション
著者:エイドリアン・ウェルズ
販売元:日本評論社
(2012-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



これまたAmazonの中古にてGET。

認知寄りの認知行動療法の「第三世代」みたいだ。

確か心配と反芻をどうするかみたいな感じじゃなかったかな。

まあ,おいおい判明してくることだろう。

カテゴリ:
徳川家康(2) (講談社漫画文庫)徳川家康(2) (講談社漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:講談社
(1996-12-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


というわけで読了となった。

竹千代→元信→元康

という家康の今川での人質時代の巻でした。

といっても,3巻でも人質時代は続くんだけどね。

この巻では,そうだなぁ。

家康の「情けない」父親と,お婆さんが死んでしまいましたね。

父・広忠は,岡崎家想いの家臣に刺殺されるという最期だったのですが,
死に際に「自分でも押さえることができなかった,ありがとう」みたいな
セリフを残す辺りが,何とも(T_T)でございました。

忍耐な松平家党首として,我慢我慢の日々だったんでしょうな。

まあ,それは今川に人質に取られている家康もまたそうなところが,
弱小国の定めなんでしょうなぁ。

ただ,今川人質時代に,今川の軍師に「徳」を教育されているところ,
その「師匠」との死別もまた,しぶく,(T_T)でございました。

一方,秀吉も出てきましたね。

信長に「進言」をしつつ召し抱えられているシーンは,

新装版 織田信長(1) (講談社漫画文庫 よ 1-92)新装版 織田信長(1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:講談社
(2009-09-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

と同じ作者なだけに,同じシーンで懐かしかったです。

いや〜,何か(T_T)なシーンが4回ほどあったような・・・。

アラフォーともなると,こういう物語には,色々と思うところも
あるんでしょうなぁ・・・。

3巻は,多分,信長が今川義元を斃しますね。

カテゴリ:
徳川家康(1) (講談社漫画文庫)徳川家康(1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:講談社
(1996-12-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を読み終えた。


前半は,松平家と水野家のゴタゴタ。

そしてその外に構える今川と織田の脅威。

中盤は竹千代生まれる。

終盤は,竹千代,今川に人質に。

みたいな感じだろうか。

この巻は,家康の父・松平広忠の「情けなさ」が
描かれていた巻だったかも。

しかし,織田戦のときに,
部下が身代わりになって,広忠の代わりに
種子島(鉄砲)で打たれて死ぬシーンは泣けた(T_T)。

2巻はどうなるのかなぁ。

竹千代人質時代と,広忠の死あたりだろうか。

しかし,この時代は戦略で,いろんなところに「嫁ぐ」んですなぁ。

乱世・・・。

めくるめく皮肉な運命である・・・。

カテゴリ:
徳川家康(1) (講談社漫画文庫)徳川家康(1) (講談社漫画文庫)
著者:横山 光輝
販売元:講談社
(1996-12-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


をヤフオクで落札したのが届いたので読み始めてみた。

8巻あるのだが,各巻が分厚い・・・。

まだちょろっと読んだだけだが,家康の父母の話
のところらしいのだが,例によってこういう時代のお家事情は
ややこしく後ろの家系図みたいなのを見てやっと判った感じだ。

とはいえ,乱世の処世術(?!)楽しみですな。

ちなみに

徳川家康(1) (山岡荘八歴史文庫)徳川家康(1) (山岡荘八歴史文庫)
著者:山岡 荘八
販売元:講談社
(1987-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

が原作らしい。

KOEI the Best 信長の野望DSKOEI the Best 信長の野望DS
販売元:コーエー
(2008-11-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

を小学生の頃やっていたのだが,
その当時だったら,武将も憶えていたような・・・。

とにかく楽しみっす。

カテゴリ:
どうしたら桜井会長のように素で生きられますか? (講談社+α新書)
著者:桜井 章一
販売元:講談社
(2012-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これは面白そうだなぁ。

買い決定ですな。

まだまだ先の話だけど・・・。


カテゴリ:
ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論
著者:小林 よしのり
販売元:小学館
(2012-08-22)
販売元:Amazon.co.jp




う〜ん,よしろんは,薬害エイズ,オウム真理教と,「当てて」きているだけに,論には説得力がある。

いつものようにエネルギーに満ちあふれている記述ながらも,要点がよくまとまっていて,とても勉強になった。

アニメにして放送して欲しいくらいだが,スポンサーが差止めしてダメだろうな(^_^;)。

さて,私は,この本の最後のほうで取り上げられていたように,原発問題のポイントは廃炉にあるとみている。

動かそうが,動かすまいが,どの道,使えなくなるわけで,そのときに処分のしようがないというわけだ。

こうなってくると,50基もある原発の廃炉は不可能といってよく,そうなると,老朽化等でも放射能漏れは確実であり,さらに,そうなると,放射能と「共存」するパターンになるということだ。

これを回避するには,

1.放射能を消す技術の完成

2.放射能が人体に影響がない可能性

3.「進化論」により放射能に強い個体が生存繁殖して子孫は放射能との共存が可能になる。

というパターンが考えられよう。

どうも,どの可能性も低そうなので,おそらく日本は住めない「国」となって,「後進国」の「悪い見本」となるパターンっぽい予想が立つ。

しかし,これは誰も責められず,設置したときとかは,誰も予測できなかったわけで・・・。

一手ミスが全破局とは・・・。

まあ,地球が放射能汚染されても,それに耐えられる個体は生存するだろうから,人類が絶滅するだけだという話ではあるのだろうけど(「後進」地域の人類はほそぼそと生存できる?!)。

唯一の期待は,

放射能は人体に影響はありません。

という可能性ですなぁ。

ありそうだしなぁ。

\(^o^)/オワタ?!

カテゴリ:
雀鬼流の行動哲学―「狂」の時代を回避せよ雀鬼流の行動哲学―「狂」の時代を回避せよ
著者:桜井 章一
販売元:三五館
(1998-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



月曜日から仕事再開のため,最後は何をしようかなと思ったら,
「メンター」である桜井さんの本を読もうと思い立った。

で,何を読もうかなと思ったら,なぜかこれが思い浮かんだ。

なので,これを読んで「娑婆」への復帰に備えます。

カテゴリ:
二宮金次郎 農業の発展につくした偉人 (学習漫画 世界の伝記)二宮金次郎 農業の発展につくした偉人 (学習漫画 世界の伝記)
著者:古城 武司
販売元:集英社
(1989-09-20)
販売元:Amazon.co.jp




漫画だけど4回くらい目頭が熱くなりました・・・。

勤勉,厳しさ,優しさのバランスが揃っていた人物だったんですねぇ・・・。

どれが欠けても「徳」は備わりそうにないわけで,納得ではありますな。

怠惰を極めた藩や農村の財政を反対派などと相見えながらも
再建していくプロセスは,まさに現代日本に必要なことなのかもしれないですね。

夏休みの最後の方で,いい話が読めたと思います。

なお,
修身教授録 (致知選書)修身教授録 (致知選書)
著者:森 信三
販売元:致知出版社
(1989-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
の信三くんも小さい時に読むべきは,尊徳の「報徳記」と「二宮翁夜話」である
としていたり,
代表的日本人 (岩波文庫)代表的日本人 (岩波文庫)
著者:内村 鑑三
販売元:岩波書店
(1995-07-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
の内のひとりだったりするのも,うなずける感じでした。

カテゴリ:
街場の文体論街場の文体論
著者:内田樹
販売元:ミシマ社
(2012-07-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



内田さんも「ほぼ全巻読破系」の著者なので,ついつい買ってしまうしだいだ。

おそらく,これまでの内容の表現替えの可能性も高いが,それはそれで,
「ほぼ全巻読破系」の著者の本を読むときの余興でもあるしね。

カテゴリ:
新世代の認知行動療法新世代の認知行動療法
著者:熊野宏昭
販売元:日本評論社
(2012-04-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



を読了した。

何でも,総論として,

【第一世代】
行動療法 (学習理論)

【第二世代】
行動療法 (学習理論) + 認知療法 (情報処理理論)

【第三世代】
行動療法 → 認知・言語を関係フレーム理論等で取り入れ

認知療法 → 認知の「内容」から認知の「機能」へ

*双方「融け合い」の度合 ↑

みたいな感じらしく,その後,各論みたいになり,

【認知より】(3つ)

1.マインドフルネスストレス低減法(MBSR)

マインドフルネスストレス低減法マインドフルネスストレス低減法
著者:ジョン カバットジン
販売元:北大路書房
(2007-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




2. マインドフルネス認知療法(MBCT) 

マインドフルネス認知療法―うつを予防する新しいアプローチマインドフルネス認知療法
著者:Z.V. シーガル
販売元:北大路書房
(2007-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

3.メタ認知療法(MCT)

メタ認知療法: うつと不安の新しいケースフォーミュレーションメタ認知療法
著者:エイドリアン・ウェルズ
販売元:日本評論社
(2012-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

【行動より】(3つ)

1.行動活性化療法

うつ病の行動活性化療法: 新世代の認知行動療法によるブレイクスルーうつ病の行動活性化療法
著者:クリストファー・R・マーテル
販売元:日本評論社
(2011-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

2.弁証法的行動療法

境界性パーソナリティ障害の弁証法的行動療法―DBTによるBPDの治療境界性パーソナリティ障害の弁証法的行動療法
著者:マーシャ・M. リネハン
販売元:誠信書房
(2007-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

3.アクセプタンス&コミットメント・セラピー

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)をまなぶ セラピストのための機能的な臨床スキル・トレーニング・マニュアルACTをまなぶ
著者:ジェイソン・B・ルオマ
販売元:星和書店
(2009-10-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

個人的には,行動療法よりの陣営が,言語・認知を取り入れていく理屈と,(どっちの陣営か失念したが)「価値」を取り扱う場面が出てきたことかな。

面白そうと思ったのは,行動活性化療法(と,それを補助する意味でのACT)だろうか。

あと,理論的統合がなされていなかった認知行動療法を,最終章で(診断横断的に)統合する試みがあったのは,良かった。

なお,偶然にも,その面白そうと思った内容のところだけのお話が熊野先生のお話として19日に日大であるらしく,すかさず申し込んでしまたしだい(^_^;)。

P.S.
あと何回か読まないと各論の感想とかは書けませんな(^_^;)。

カテゴリ:
ふと,
フロイト先生のウソ (文春文庫)フロイト先生のウソ (文春文庫)
著者:ロルフ デーゲン
販売元:文藝春秋
(2003-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「心の専門家」はいらない (新書y)「心の専門家」はいらない (新書y)
著者:小沢 牧子
販売元:洋泉社
(2002-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
の線引したところを再読してみた。

そういえば,小沢先生は,他に本出してたようなと,検索してみたら,ちゃんと出てきた。

読んだ当時は,品切れ本はなかなか手に入らなかったのだが,最近は,そういうのでも手に入るようになってきているので,いい時代だなと。

というわけで,小沢先生の本を何冊か発注してみたしだい。

しかし,これらの本は,もう10年前なのか・・・。

早いものだ・・・。

カテゴリ:
生きる勇気 (平凡社ライブラリー)生きる勇気 (平凡社ライブラリー)
著者:パウル ティリッヒ
販売元:平凡社
(1995-06)
販売元:Amazon.co.jp




と言っても,別に死にたいわけではなく(^_^;),謎めいたフレーズである,

・ 勇気は協力の一部である。

・ 勇気は共同体感覚の一部である。

というフレーズの謎が,これを読めば解りそうな感じがあるからである。


カテゴリ:
史上最強図解 これならわかる!ベイズ統計学史上最強図解 これならわかる!ベイズ統計学
著者:涌井 良幸
販売元:ナツメ社
(2012-02-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



を発注してみた。

とある説明会で,これまたとある統計の先生が「愛をこめて」語ってたのがベイズだった。

それ以来,時折思い出しては,取り組んでみるのだが,よくわからない(^_^;)。

そこで,暇にかまけて,また新たな本で再挑戦してみようと思ったわけである。

さて,今度はどうでますかな。

カテゴリ:
僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
著者:木暮 太一
販売元:講談社
(2012-04-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



う〜む,私は「オススメ」の働き方に近い働き方をしているような・・・。

自己内利益」というのは知らなかったけど,それは意識してやっていたな。

貧乏なのは,完璧に同一ではないからなのかな(^_^;)。

カテゴリ:
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
著者:鈴木 博毅
販売元:ダイヤモンド社
(2012-04-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
著者:戸部 良一
販売元:中央公論社
(1991-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

は買ったものの,読んでなかったので,なんだかありがたい感じである(?!)。

敗戦と同じで,おそらく日本人気質が「有利に働く」局面から「不利に働く」局面になっている感じがするので,興味深く読めている。

まあ,どんな性格も場面に依っては良くもなり悪くもなるので,これもまた運命といったところなのかもしれない。

ポイントは,では敗戦したから,何かあったかといえば,別に普通に存続しているわけで,その辺も,楽観視できるところではあるように思うのだが,どうだろうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×