とまあ、よく聞かれることの一つについて回答しておいた。

私はそもそも動画を見る習慣がないし、今でもそうである。

しかし、巷でYouTuberがなりたい職業1位だったり、身近にお風呂に入っているときまで動画を見ているという人もいたりして、なるほど動画はそんなに人を惹きつけるものなのかと思ってはいた。

SNSはいろいろやっていたので、YouTubeもやってみようかなと思っていたが、いかんせん実名&顔出しとなると、現実生活(現実商売?!)に支障が出てくる可能性もあったので、なかなか踏み出せないでいた。

そうこうしているうちに、向後千春先生がYouTubeを始めて「なるほどこんな感じなのか楽しそうだな」と感じ、大学院の終了をキッカケに思い切って始めてみたしだいだ。

考えてみると、SNSは実名&写真付きでやっていたので、まあ、同じようなものだったのだ(笑)。

例によって「誰も見ていない。見たとしても0.5秒後には全て忘れている。知り合いに間違って発見されても繰り返し見られることはない」という信念(?!)が長年のSNS生活で培われていたのが良かった。

とにかく始めて見ると、思っていたよりも楽しく、継続も1年以上となっている。

体感的には、YouTubeはどのSNSはよりも、その影響度(?!)は高いような気がしている。

他のものは、読むという「労力」がかかるが、YouTubeはテレビと同じで受動的な姿勢で視聴できるため、見る側の「労力」がかからないからないのが「長所」なのかもしれない。

順番的には、次は、TikTokになるはずなのだが・・・。

それはインストールはしたものの、何だか容量が大きかったのとイマイチ乗り気にならなかったので、アンインストールして終わっている状態である。

また誰か知り合いが楽しそうにやっていたら始めたりするのかもしれない(笑)。