【第1回公認心理師試験・問103】
統合失調症の特徴的な症状として、最も適切なものを1つ選べ。
仝源
観念奔逸
情動麻癖
と鎹洞遡兪
ジ愨臈な認知

【第1回公認心理師試験・追加試験・問133】
統合失調症の特徴的な症状として,適切なものを2つ選べ。
(数の人物が自分の悪口を言っている声が聴こえる。
過剰に悲観的で, 自分は貧しく,破産すると信じている。
自分の考えが他人に伝わり, 周囲に筒抜けになっていると思う。
さなが高揚し,自信に満ちて,自分が世界の中心であると確信する。
セ弭佑領れが速くなり,考えが次から次に浮かんできて,話題が一定せず,会話がまとまらない。











*いつものように、間違いがございましたら、動画のコメント欄、ブログのコメント欄にコメントしていただけると勉強になります。

統合失調症の診断基準は

は・げ・も・こ・い(禿も恋)

(*私(橋口)は、祖父が両方とも禿ていたので、たぶん禿ます。)

*1ヶ月間の中で「禿も」のどれか1つを含み、2つ以上。

*6ヶ月以上は継続する。

→ 薬物の知識が必須なので、このブログでまとめた、ブループリントの「22 精神疾患とその治療 (2)向精神薬をはじめとする薬剤による心身の変化」を参照していただければと。

→ 統合失調症関連のカタカナ用語も出てくるものをまとまたものもあります「精神医学を含む医学(オマケ)意味不明なカタカナ語シリーズのまとめ

【は】【まとまりのない発【は】語(思考)】 

→ 脱線して滅裂な考えや発語

【げ】【幻覚】 

→ そこには存在しないものを、見たり、嗅いだり、触ったり、聞いたり(味覚以外の5感)すること

【も】【妄想】

→ 間違っているという証拠があったとしても、他者が何を言っても変わることのない誤った信念

・被害妄想 政府に嫌がらせをされている、何かを盗まれている

・関係妄想 テレビの出演者が自分にメッセージを送っている

・誇大妄想 自分は何か特別なものである

・被愛妄想 あの人は自分を愛している 

・虚無妄想 大きな危機がある 自分は既に死んでいる

・身体妄想 自分の内蔵が腐りつつある

【こ】【まとまりのない行【こ】動】

→ 緊張している、落ち着かない、慌ただしい、無目的な繰り返し運動

【い】【陰性症状】

→ 通常あるものがなくなる
  → 活気、語り、楽しさ、興味、達成意欲、人とのかかわり、感情表現
  * うつ症状とは異なり、やりたいことが叶わないこと(もしくは、やりたいことすらないこと)を苦にしない
  *陰性症状は薬が効かない

統合失調症スペクトラム障害


<参考文献>
(↑ 私がAmazonn書評を書いています(笑))




<おまけ>
以下引用ーーー『心理教科書 公認心理師 出る! 出る! 要点ブック+一問一答』(翔泳社)

<陽性症状>[Schneider,K.](シュナイダー:引用者註)の一級症状
思考化声:考えが声になって間こえてくる
思考伝播:考えが話していないのに他人に伝わる
対話と話しかけの幻聴:第三者が自分に語りかけてくる声が間こえ命令される。患者がそれに応えると周囲には独語として認められる
思考吹入、思考奪取:考えが外から入ってくる、考えが抜き取られる
身体的被影響体験:自分の行動や感情が他者のコントロール下にある(させられ体験)という妄想的体験

く陰性症状、思考障害>[Bleuler,E.](ブロイラー:引用者註)の4Aとして有名
連合弛緩:話の内容がまとまりなく論理のつながりが緩んでいる
・自閉:自閉症は当初小児の統合失調症と考えられた
感情鈍麻:感情のはたらきが鈍い
・両価性:同時に相反する考えや感情の発露

*太字は引用者


【解答】
【問103】
 幻視
→ 統合失調症にも見られるが、問題文にある「最も」でい坊廓曄
→ 試験的には、幻視は、レビー小体型認知症に見られる。

 観念奔逸
→ [躁病エピソード]双極儀疹祿押文紊曚匹泙箸瓩襦砲妨られる。ただこれに関しては精神科医でも始め間違うくらいだそうである。

 情動麻癖
→ 【い】陰性症状は必須ではない。

 被影響妄想
→ シュナイダーの1級症状に身体的被影響妄想がある。

 誇大的な認知
→ [躁病エピソード]双極儀疹祿欧砲盡られる。

【問133】
 複数の人物が自分の悪口を言っている声が聴こえる。
→ シュナイダーの1級症状に対話と話しかけの幻聴がある。

 過剰に悲観的で, 自分は貧しく,破産すると信じている。
→ 貧困妄想のことで、うつ状態で出現する場合がある。他に心気妄想(自分はがんだ)、罪業妄想(自分は無価値だ)など、微小妄想と言われる。

 自分の考えが他人に伝わり, 周囲に筒抜けになっていると思う。
→ シュナイダーの1級症状に思考伝播がある。

 気分が高揚し,自信に満ちて,自分が世界の中心であると確信する。
→ 誇大的な認知のこと。[躁病エピソード]双極儀疹祿欧法屬癲廚△襦

 思考の流れが速くなり,考えが次から次に浮かんできて,話題が一定せず,会話がまとまらない。
→ 観念奔逸のこと。[躁病エピソード]双極儀疹祿欧砲△襦

*なんと正解が全てシュナイダーの1級症状という構成であった。今回の出題者は、おそらく、始めにあとでとやかく言われずに済むシュナイダーの1級症状で正解の選択肢を作り、あとは、そこまで特徴的とは言えないものを入れていったのだろう。


*いつものように、間違いがございましたら、動画のコメント欄、ブログのコメント欄にコメントしていただけると勉強になります。