・W(全体反応)が,D(部分反応)の[ あ ]倍より大きい。

 → 物事の捉え方が総合的・[ い ]的

・W(全体反応)が,D(部分反応)の[ あ ]倍より小さい。

 → 物事の捉え方が部分的・[ う ]的





把握型のお話

D(部分反応)は,各図版ごとに領域が決められている。なお,W%はエクスナー法にはないので割愛(65%以上で高い)。Wは通常[8〜14]個。形態水準が良ければ,知能,抽象力,要求水準などを表す。

通常は,W:D = 2〜1.5 : 1

あ 2

い 抽象

う 具体