【第三章 登録】

第三十二条 [ A ]大臣及び[ B ]大臣は、公認心理師が次の各号のいずれかに該当する場合には、その登録を[ C ]。

 第[ D ]条各号(第四号を除く。)のいずれかに該当するに至った場合

 [ E ]又は[ F ]の事実に基づいて登録を受けた場合

2 [ A ]及び[ B ]大臣は、公認心理師が第[ G ]条、第[ H ]条又は第[ I ]条第[ J ]項の規定に違反したときは、その[ K ]を取り消し、又は[ L ]を定めて公認心理師の名称及びその名称中における[ M ]という文字の使用の[ N ]を命ずることができる。




登録の取消しのお話である。

A.文部科学

B.厚生労働

C.取り消さなければならない

D.三

*リンク先参照→「ここ

*要するに「やらかした」場合

E.虚偽

F.不正

*要するに「嘘をついていた」場合

G.四十

→ 信用失墜行為禁止

H.四十一

→ 秘密保持義務

I.四十二

→ 連携等

J.二

→ 公認心理師法最重要項目

K.登録

→ 登録を取り消す か 名称使用の一時停止 ということ?

L.期間

M.心理師

N.停止

*32-1は「取り消さなければならない」(必要的取消し)であるが,32-2は「取り消す場合もある」(裁量的処分。文部科学大臣及び厚生労働大臣の裁量に委ねられる)。


【参考文献】