講師の平本あきおは、
東京大学大学院とシカゴのアドラー心理学専門大学院、
世界中の600の心理療法やセラピーの流派を研究し、
クリニックや病院での臨床経験、専門学校講師経験も豊富。

また、経営者やトップアスリートなど、
ハイパフォーマーの悩みも解決してきたアプローチも融合し、

うつ、パニック、問題行動、対人不安、身体的症状、
心のブレーキ・・・など、
 
ありとあらゆる心理的症状の発生要因を、7つに分類。
どんな人のどんな問題も対応できることがわかりました。

その7つとは、、


^き金となる出来事
(快や苦痛と結びついた条件反応=症状)
  
気にし過ぎ、考え過ぎからくる不安、心配
(未来や人に対して)
   
症状のメリット
(無意識にその症状を使って、得たいものがある)
  
ぅ好ル不足
(課題そのものへの技能や対人スキルの不足)
  
ズ乱、思考の整理のつかなさ
(自分の処理能力を超えた課題)
  
Ε錺ワク不足(やりがい、楽しみ、将来像不足)
幸せ像やそこに至る手段が不明確

Д肇薀Ε泙箸覆觚饗慮
(人格形成に影響を与えてしまった)
  



『7つの心理的症状の発生要因』がわかると、
   
後は、「行動レベル」「認知レベル」「情動レベル」
各アプローチを組み合わせることで、必ず、
クライアントの症状は改善に向かいます。

  
要因によって、アプローチが真逆にもなることもあり、
間違えると、かえって、症状を悪化させることになりかねません。


この講座では、

『7つの心理的症状の発生要因』

と、

『「行動レベル」「認知レベル」「情動レベル」の各アプローチ』


についても、解説いたします。


精神科医や医療従事者、カウンセリング心理学講師、大学院修了者など、
プロフェッショナルや専門家からも絶賛されてきた、
平本オリジナルメソッドの体系化を、一挙に公開します。

株式会社イノベイティアのホームページより

う〜む,この7つは,よく平本先生が書いていたので,気になっていたが,いつも講座の金額がアレだったので,なかなか知る機会がなかったが,3000円なら大丈夫そうだよなぁ。

さてさて。