最近,人には下克上タイプがいることを発見した。

下克上タイプは野心はあるものの幼き頃から日の目は見ず過ごしてきた期間が長いようだ。

で,何かの「棚ぼた」があった瞬間,今までの鬱憤を晴らす感じなのか,誇大感に包まれ,何だか派手な動きをし始める傾向にある。

それがまたギラギラしていて,見ていてどうも下品である。

一方で,育ちが良い感じで,幼き頃から日の目には見てきており,特に「前へ前へ」の姿勢はなく,自然に溶け込んでいる感じの者もいる。

こちらは,何だか和やかで上品だ。

まあ,あくまでも個人的な印象なので,こちらにも当てはまらない場合が多いのだろうが,ちょっと書いてみた。