それはおそらく自己客観視できるかどうかなのではないか。

人から見れば,自分が大事に想っていること(スゴいと思っていること)など,「誰も興味・関心がない」と認識できているかどうかだろう。

おそらく,そこに鈍感なら,キラキラブログ化は可能なのではないかと思っている。

「嫌われる勇気」がないのかという話でもあるのだが,そこは「美学」として認識したいところだ。