などしている。

大抵の講義が,ある英語のテキストをとりあげ,各章を各自に割り振り,各々レジュメを作成し,担当の回で発表し,それをもとに議論をするという形式だからである。

ある講義では,意外と読めていないという理由から,1文1文訳読しながら進むみたいな講義もあり,確かにそういう面もあるかもなと。

ある講義では,講師自ら「読んだフリができることが大事」というお言葉があり,とても大事なことだなと。

しかし,問題は英語は読んでも頭に入らないというところだ。

まあ,レジュメは「らしく」仕上げる必要があるので,ある程度は読まねばならないが,読むと不全感が残るのが難点だ。

それにしても,分量が・・・。

やれやれである。