とのことだ。

というわけで買ってみた。

私は元々「思弁的」研究の英文科出身なのだが,その後「実証的」研究の臨床心理学に進んで,また「思弁的」研究に戻ってきたのだが,こういうの読まないで書いた卒論が紀要に載せて頂けたというマグレを達成し,「論文とか余裕だぜ!」と舐めてかかってしまった経緯があるので,ちゃんとお作法を学ぼうかと。

大学院の面白いところは,こうやって読んだことがない「(たぶん)名著」と出会えることもあるのかも。