カテゴリ:
image
日本武道館があるということで,京王新線の九段下駅にて下車。

武道館への案内が。

途中,すれ違った人の「今頃,入学式なの?ちょっと遅いんじゃない?」という呟きも耳に入りました(どうやら4月12日が創立記念日か何かだからのようです。授業も始まって1週間も経って疲れもピークなときにやるよりは,授業開始前にやった方が良いような気もするのですが)。

image
会場近くにこんなものが。

「同じものが向こうにもあるので,ここで立ち止まらないでください」という誘導員の声も。

image
武道館って行ったことがなかったのですが,こんな門みたいなのがあって,奥はお城みたいな造りのところも。

途中,桜が咲いていてとてもキレイでした。

image
少し奥に進むと,何やら記念撮影をしている人たちが。

私は「ピン」で来ているので,自分を撮る機会はなし。

*親には来るかどうか聞いてはみたのですが「あんたは中退する可能性があるから,修了式なら行く」ということでした。

image
入り口にはこんなものが。

保護者用の入り口はどこなんでしょうね。

ここで1回,中で1回学生証の点検がありました。

image
中にはこんなところも。

学部の入学式は午前中にあったので,午後の院の入学式は「番組的には」どうでも良かったのかもですね(まあ,お昼休憩中の可能性もなきにしもあらずではありますが)。
image
けっこう早めに来たつもりでも,先に来た人たちはちゃんと存在しており,前の方から来た順に「詰められて」行きました。

14時から開始でも,13時15分くらいから,応援団のデモンストレーションがあったりしました。

私は吹奏楽部(って言っていいんですかね?)の真ん前みたいな感じだったのですが,応援団とかもけっこう近かったので,かなりライブ感がありました。

総長,研究科長(代表),新入生代表(!?)の言葉は,要するに「知の探求は面白いぜ!」みたいなお話だったような。

なお,学部版では,ノーベル賞受賞者の大隈先生(でしたっけ!?)がスピーチをしたとのことでしたが,院生版は,既にお帰りになっており,ここでもイマイチ華のない院生版の哀しさが露呈した感がありました(どこかの研究科長紹介で梶田先生(でしたっけ!?)はいたので,初めてノーベル賞受賞者を見たのかも)。

とまあ,そんな感じだったでしょうか。

しかし,院生でサバイバルできる率(博士号取得率)は30〜40%のイメージなので,実は,
be
なのかもですね・・・。