思うのは,やはり中退後の4年半だ。

中退後も直ぐに心理学で博士後期課程を受ける予定だったのだが一瞬で全てがパーになりこれまた一瞬で終わってしまった。

苦節4年,心「理学」を捨て老後に取り組む予定だった哲学分野へと「働きながら」「ゼロから」転向したため,ここまで時間がかかってしまった。 

しかし,ようやく復帰した感があり,やっとスタートラインに立てた感じだ。

もちろん,才能がなければ途中で「詰んで」終わる可能性もある。

ただこれまでチャンスさえもなかったので,そういう意味では再チャレンジできる場があるだけでもほんとうに感謝である。