公認心理師は成立の可能性が高まったということで,では移行期間中にどうやって滑りこむかを考えた方が良さそうだ。

おそらく現任者は経験5年以上なら,5年くらいは移行期間として,おまけで受験させてもらえるはずである。

ということは,成立したと同時くらいに,臨床心理士を持っていようが持っていなかろうが,どこかの心理職に滑り込み(臨床心理士持っていなくても就ける心理職はまだある),移行期間終了以前に,経験5年を積み上げる作戦が採れるはずである。

まあ,この作戦の難点は,何をもって「経験」と呼べるかというところになるだろうが,始めはたぶん相当緩いはずなので,とりあえずダメ元でやっておくのが良いかも。 

あ,当然,私も受験資格が得られるかどうかは不明なので,心理職引退の可能性もあるのだが(^_^;)。