う〜む,葛藤ですなぁ・・・。

組織と個人,そしてまた個人内・・・。

紺野先生が新薬投与を提案したさいに周りは反対したのに佐伯教授が「いいんじゃない」と言っただけで「丸く収まる」ところがまさに組織ですなぁ。

「奇跡はね・・・,滅多に起こらないから奇跡なんだよ」(佐伯教授談)

ですからなぁ・・・。

「紺野先生には良い薬になっただろう」ってのもまさにと思いきやイマイチ効いてなさそうなのが興味深かったですが。

しかし,紺野先生の「先走り」っぴりにイラッと来るのは,私も組織側の人間(?!)だからあのかな。

ってか,今の先生はこのまま青っぽいままなんですかねぇ。

そこら辺の変化があるかどうかが個人的には興味あるところである。