カテゴリ:
リスクをとることの大切さを知っている人は、積極的に挑戦して失敗した人を決して嘲笑することはありません。むしろ、そのチャレンジを褒め称えると思います。失敗の価値がわかっている人同士は、失敗を通じてつながることもできます。

不幸になる生き方 (集英社新書)より

ここは、実は、重要なところのように思う。この辺の体感があれば、いろいろなことが可能になると思われるのだが、それは日々の体験を重ねていくしかないところである。

これに加えて「誰も何も覚えていない」ということも体感できれば鬼に金棒といったところであろうか。