たまに、何で○○になったのかと聞かれることがある。そういうときには、とりあえず「「深い」話をするのが好きだから」と答えることが多い。

ただ、より正確には、「死ぬの怖いから(→生きていたいという積極性は余りなさそう。何分、めんどくさがりなんですな)、それを避けるためには、食べ物を得るために働かないといけない。どうせ働かなきゃいけないなら、せめて、あまり「努力」しなくて済む仕事(金→食べ物を得る手段)がいいと思った」だろうと思う。

私は何度も書いているが、究極的には、意味ゼロ主義者(?!)なのだ(別に世を儚んでいるわけでもないので誤解のないように)。この辺り、ぐうたら三昧の真骨頂ともいえよう。

P.S.

アクセス数が、もうすぐ3000(約6ヶ月)になりそうです(左上のカウンターの上にポインタを合わせると、日別の数字が表示されます)。ありがたい話です(T_T)。ちなみに、mixiは2978(約14ヶ月)です。

う〜ん、やはり、対人関係能力で最も重要なのは「向き合う能力」のような気がしてならない。人間生きていれば、色々な人と色々なイザコザがあって当然である。が、それを乗り越えた境地というのがあるのだ。

ただ、問題は、「向き合って」もらえる人になるべくコチラも「メンテナンス」をしていなければならないということは忘れてはならないところであろう。

そう、相手に「向き合う」能力があっても、コチラになければ、相手は、それに応じること(正確には応じ続けること)はできないのだ。

さて、私は、(それ相応の人に)「向き合って」もらえるような生き方をしているだろうか。

(↑なんとなくカッコイイ締めくくりだ

教育カウンセラー標準テキスト 初級編というのがあるらしい(他にも中級、上級もある)。時間だけはあるので、ちょっと読んでみるかな。もしかすると、学校現場で役に立つことが載っているかもしれない。

まあ、いつもどおり知識だけではダメなので、初級、中級、上級と読んでみて、面白そうなところがあったら、実際に、その箇所の講座を受講してみるといいかもしれない(資格は別に要らないので)。

何でも分割で受講できるようなのだ。

ちょっと調べてみることにしよう。

ワークショップもどきの原案が完成した。

人前に出るのは塾講で場数を踏んだので、あまり心配はしていない。問題は、私が、ワークショップ緊張型なので(つまり、リラックスできない内に終了するパターン、緊張の余り、ワークの内容を覚えられないこと多数)、どういうワークショップが楽しめるのか、イマイチ分からないことだ(さらに言うと、「遊びはいいから知識をくれ」タイプでもあったりする)。

とにかく、桜井さんの「準備→実行→後始末→準備→・・・」でやっていくしかない状態だ。まあ、とりあえず原案はできたので、よしとしよう。

ちなみに、これをやり終えると、

・ 講演 1回

・ 某資格講座の講義 2回

・ 研修 1回

・ ワークショップ(もどき) 1回

という輝かしい教育歴(?!)になる。

中でも最も痛かったのは、講義中にアクビをしている受講生と目が合ったことだ(*_*)。

ソリューション・バンク―ブリーフセラピーの哲学と新展開

→セブンイレブンで受け取ってきました。

う〜む、とうとう、明日、はとバスに乗る。コースは東京半日Aコースだ。今、ホームページで確認したところ、受付は終了していたので、もしかすると「満員」なのかもしれない。個人的には、東京タワーが楽しみだったりする。

近所にいわゆる行列のできるラーメン屋がある(正確には中華そば屋)。近所の利点を生かして、すいている時間、平日の14時過ぎ頃を狙って時々食べに行っている。つけ麺と呼ばれるものが、けっこうおいしいのだ。ちなみに、つけ麺っていうのは、その店で初めて食べたのだった。

そもそも私がラーメンに開眼したのは、学生時代にバイトしていたスリーエフというところのコンビニの店長がラーメン好きで、バイト後、府中にある何とかっていうラーメン屋に連れて行ってもらったのがキッカケだった。

いいですね。ラーメン。

今度、本買ってきて、おいしいといわれる店を調べてみるかな。

 

塾で教えていて思ったのだが、先生によって、同じクラスでも、雰囲気が若干変わるのだ(生徒たちのリミットテスティングの結果なのか?!)。もしかすると・・・。おっと、これ以上は、書きますまい。

私は必要とされていると思って仕事をする立場と、私は別に必要ではないんじゃないかと思って仕事をする立場がある。後者は、何だかマイナス思考になっているような感じだが、別にそうではなく、実は、この立場で仕事をすることは、けっこう役に立つような気がするのだ。まあ、あまり書くとちょっとアレなので、今日は、この辺で。

私は気に入ったブログには、たまにコメントを書く。今までは、コメントするさいには、ほとんど、このブログのURLを入れないできた。何か宣伝しているような気がしてならなかったのだ。

ただ、以前から、ブログを書いているのにURLを入れないのは、ある意味で、失礼にあたるのではないかと思うこともあったことはあった。

なので(?!)、そろそろ、コメントするときは、このブログのURLを入れていこうかなと思ったしだいだ。

今までチョコチョコと入れたりはしていたのだが、たとえ入れたとしても、一瞬だけアクセス数は増えるものの(といっても2〜3くらいなのだが)、すぐ元通りになるから(内容が薄いので、ある意味、仕方ないのだが)、まあ、いいかと思ったのだ。

P.S.

最近は、アクセス数が増えたらなぁという野心は薄らぎ(ないと言ったらウソになるが)、書きたいものを書ける範囲で書いていこうという境地になったみたいだ。

ただ、ちょっと読んでくれたらいいなという人には、読んで欲しい気持ちはあるのだが(「ぐうたら三昧は、何してるのかな」てな感じで)。

このページのトップヘ

見出し画像
×