当ブログは2005年6月2日に開設しました。タイトルは熊本の実家で猫を32匹飼っていたことがあり懐かしい光景が思い浮かんだのでつけた感じです。

【以下一時的掲載】
1月31日(木):修士論文口述試験   ← 完
2月05日(火):博士課程入試口述試験 ← 完
2月06日(水):博士課程合格発表   ← 合格
3月07日(木):修士課程終了者発表  
3月25日(月):大学院修了式

大学院博士課程無事合格―14浪の果てに―

博士発表
というわけで,無事,合格のようだ(私は【507】である)。

定員は8名,昨日の控室には8名いたが,ご覧のように1名不合格だったようだ。

倍率1倍にもかかわらず,こうやって落ちてしまう人が出るのは,研究テーマを指導できる教員がいなかったことが予想される(英語は全員免除だった)(なお研究計画書は「公平性」の観点からゼミ生でも事前に見てもらうことはできない)。

この点が博士課程受験最大の難関である。

それにしても桜美林大学の修士課程を終了したのが2005年,途中,博士課程チャレンジはやったことはあったものの,1回めは,修士課程中退(2012年),2回めは,博士課程願書提出後の取り下げ(2013年)という結果であった。

この段階に来るのは難儀していたので,ようやくといった感じだろうか。

しかし,「おっ!」と思ったのもつかの間,博士号界(?!)というのは,だいたい2割から3割の人しか取得できず,残りは人知れず消えていく(中退または満期退学)というシビアな展開が繰り広げられる世界でもある。

それを想えば,浮かれ気分に浸れるはずもなく,喜びはわずか1秒程度というものであった(笑)。

とはいえ,ようやく「次のステージ」に来れた感はあるので,気を引き締めねばである。

地獄だ

2月6日(水),つまり今日の15時から17時の間に

ここ

で確認できるのだが,私は勤務中でケースの入り具合によっては,もしかして確認できない場合もあるため,誰か代わりに確認してはもらえないだろうか(まあ,ここで書いても無理だろうなぁ)。

何しろ,木曜日も勤務ということもあり,となると,あとは,金曜日に直接見に行くくらいしかないので(笑)。

一発合格! 公認心理師対策テキスト&予想問題集
心理学専門校ファイブアカデミー
ナツメ社
2019-02-14

とまあ,これが出るようだ。

昨年まで




だったシリーズが,看板自体も変わってしまった感じだろうか。

私はこの本は,非常に推しているものだ。

過去問を分析した上で,知識をとてもきれいに整理してあるように思う。

おそらく他の本は大学の教員が書いているため,ちゃんと過去問を分析しておらず,ここまでの完成度には至っていない感じになっている。

Amazonでちょっとだけ中身をみることができたが,公認心理師試験も加味されていて,さらに良くなっている印象だ。

個人的にはお薦めである。

博士課程入試(口述試験)終了

DSC_0018
というわけで,無事(だったのか?!),口述試験が終了した。

控室で数えてみたところ,内部生4名,元内部生4名の計8名だったようだ。

内部生の面接は5分位で終わっていたような(笑)。

1.志望動機

2.今後の研究の展開


の2つを聞かれたように思う。

修士の面接のときは,1も2も出てこなかったはずなので,なんだか本格的な展開があったということだろう。

さて,うまくいきましたかどうか。

発表は,明日の15時である(私は勤務中なのでネットで確認できるかどうかは微妙である)。

明日は博士課程入学試験

日程
というわけで,いよいよ明日となった。

しかし,開始時間が早い・・・。

ここまで14年間,博士課程受験に漕ぎ着けたことはないので,万年修士(?!)としては,ちょっと楽しい(笑)。

なお,発表は明くる日の6日(水)の15時である。

「当ブログ今週のベスト10」で想うこと。

3
とまあ,これが今週の当ブログの「人気」記事である。

これらは公認心理師の受験系で書いたものだ。

ここ1年くらいのものということになる。

2,3は,まあ,そんなこともあるかなという感じであるが,1は完全に予想できない結果である。

1は当ブログが1週間連続で20000アクセスを超えていた時期にもけっこうなアクセスがあった。

何が言いたいのかと言うと,読まれる記事は予想できないということだ。

もちろん,予想できる人もいるのかもしれないが,15年近くブログを書いてきて,私にはそれができないことは判っている。

いやはや,とにかく「皮肉な話」である。

よく,ハンドルネームとかで,「◯◯ちゃん」「◯◯ぴょん」とか仲間内で呼ばれているであろう呼び名を名乗る場合がある。

これ,いつも思うのだが,30歳超えた辺りから,「◯◯ちゃん」「◯◯ぴょん」とかをハンドルネームに使うのは痛い感じがする。

まあ,これはあくまでも私個人の感性の問題であるから,そう感じない人もいるのだろうけど。

は,2005年当時,‖膤惘,亮験と⇔彎何翰士資格試験の受験のダブル受験を控え,軽躁状態にあったことが要因である。

当時,バイトをしていた先で社長がブログをやっている場面も目にしていたのもあったのかもとは思う。

考えてみると,⇔彎何翰士資格試験は終わり,その発展形の公認心理師の資格試験も終わった。

が,まだ終わっていないのが,‖膤惘,亮験である。

どうだろう,これが「達成」されたら,このブログを始めたエネルギー源(?!)はなくなることになるが,その状態でブログは継続はできるのだろうか。

できるとは思うのだが,その段階になっていみないと自分でもわからないというのが現状である。

向後先生がYouTuberに


なるほど,予告どおり(?!)向後先生がYouTuberを始めたようだ。

私はYouTuberは考えていないが,何らかの動画は配信しようかなと考えている。

チャンネル名は『10分deYouTube』とかどうだろう。

いや,これはもう既出かもなぁ。

名前はどうだ「セイシロー」か?!

向後先生の「還暦ユーチューバー」で言えば,私は「アラフィフユーチューバー」とかになるのかなぁ。

「ダイエット系YouTuber」「プラモデル系YouTuber」「公認心理師YouTuber」「東大生YouTuber」とかもありそうではあるが(笑)。

2月といえば,雪が降って,通勤ダイヤが乱れる云々のイメージがある。

できれば,そうなって欲しくないのだが,まあ,こればかりはどうしようもないというところだろう。

あとは,来年度の異動等の大筋がわかる季節でもある。

あ,だから,私的には2月が年度末みたいな感じになるのかな(笑)。

そうそう,6日(水)は博士課程の合否発表なので,ブログをレギュラーで見てもらっている方々はお楽しみに(?!)。

ただ,勤務中なので,ネットで記載される時間が2時間くらいしかないことを考慮すると,見逃す可能性もあり,そのときは,金曜日に見に行く必要が出てくる。

その辺も,さてさてということで。

このページのトップヘ

見出し画像
×