金曜日ということでお休みです。

入学料282000円を銀行に振り込んでこないとです。

あとはそうだなぁ,編集者の方が見てくれた提出原稿をチェックしないとですね。

なお,金曜日なので,お昼はスシロー日野バイパス店にて昼食となります。

まずは継続で何よりですね。

「男前女子」が大好きな私は蘭子さんには今後も活躍して欲しいので嬉しいです(遺伝子上は自分と逆のタイプを選ぶという説からすると,私は科学的にも「女々男子(おじさん)」なのかもですね。ちなみに歳をとるとパワーダウンして同タイプを好むとする説もあるのですが)。

 100de名著の安土羅先生はコミカルでしたが,今回の大文字先生はシリアスですね。

2人のキャラは違っていますが,若い人に教説を垂れるのは共通していますね。

私はどちらのキャラも好きですね。

今日も見逃し配信で23時からネットで視ることにしましょう。

してきた。

説も何も私が決めることなのだが・・・。

その日は今年度最後の勤務日であり,次の日から春休みとなる日でもある。

そこが何となく区切りのような気もしていて,そこが良いのかなと。

ことがあった。

少し前は,外出中や電車の中でもツイートしていたりしていたのだが,最近はそれがなくなった。

これは別に禁欲しているわけではなく自然とそうなっているのだ。

おそらく長年の微妙な軽躁状態(!?)が解除されたのだろう。

それに伴ってブログの更新停止も思いつく始末である。

心境を逆算するに,色々達成してしまって自己顕示欲が低下しているか,はたまた目標へ自身をドライブする必要がなくなったかのどちらかか,あるいは両方かと自己分析している。

ただこれは成長なのか老化なのかは不明であり,また,それが良いことなのか悪いことなのかも不明なところがミソではあるのだが。

木曜日ということで東京都町田市にて勤務となります。

最寄り駅は京王線めじろ台駅です。

2連勤最終日ということで,いつものように帰りに

ロッテ クランキー 1枚×10個
ロッテ



を買ってきたいと思います。

そもそもこのブログは2005年に大学院受験と臨床心理士試験が重なり,それに向け軽躁状態っぽくなったときに勢いで開設したという経緯がある。

目下,この2つの目標は達成されたため,特に勢いがある状態ではなくなったのと,院に行くとブログが発見された場合,実名は何となく気まずい可能性があるのとで,更新の停止を考えているところである。

このブログでは幾度となく停止宣言をしながらも,しれっと復活しているので,もちろん信用ならない話ではあるのだが(^_^;)。

どんなものだろうと思って取り寄せてみたところ,何と私の論文が引用されていたではないか。

う〜ん,何だか嬉しい・・・。

なお,「貢献感」「所属感」「信頼感」「自己受容」の4因子を目指して作成されたみたいだが,因子分析では「貢献感」「所属感・信頼感」「自己受容」と3因子になったようだ。 

なかなか所属感と信頼感を分離できないみたいですね(^_^;)。

成人用では分離できたという話もあるので,会社とかに所属すると,その辺が分かれるのかもですね。

1. 省令で定める施設について 大学院における実習施設として定める施設に準ずる。なお、大学院におけ る実習施設については、当該施設における指導担当者等の要件も定めるもの として整理しているが、指導担当者等の要件は定めないこととする。 実習施設に含まれない一部の施設(私設の心理相談室等)については、業 として行った行為の内容や勤務の状態が客観的にわかる場合において省令で 定める施設として取り扱うこととする。

2. 期間について(5年の換算方法) 法附則において、法第2条第1号から第3号までに定める行為を業として 行っていた期間が5年以上である者に受験資格の特例を認めることとしてい る。 原則として、雇用契約に基づく契約期間を業務に従事した期間とする。い わゆる現任者については、雇用形態が非常勤である者や兼業をしている者が 一定数いると考えられるが、雇用の実情を踏まえ、例えば常態として週●日 以上の勤務であった期間についてのみ認めることとする。

3. 受験資格の特例に係る手続き等について 受験資格の特例の申請に当たっては、当該行為を業として行っていること について、証明権限を有する施設の代表者による証明書の提出を求めること とする。 私設の心理相談室等、その業態や業として行っている事実について証明を 行う際には、例えば、登記簿謄本等、客観的に業務をしていることが分かる ものを併せて提出することを求める。

4. 当該行為を業として行わなくなってから一定以上の期間が経過している 者の取扱いについて 法律上、法が施行される際現に業務を行っている必要がある。なお、言語 聴覚士の場合、「その他その者に準ずるもの」として、施行において当該 業務を休止し、又は廃止した日から起算して5年を経過しない者にも受験資 格の特例を認めていたことを踏まえ、今後「その他その者に準ずるもの」の 範囲を検討する。

上記リンク先より

う〜む,試案の時点では,私は「現任者」ではなくなる可能性も・・・。

週2日以上なら10年は余裕なのだが,週3日以上だと,私は3年しかやったことがないことに・・・。

さらに週4日以上だと,2年だろうか。

しかも,スクールカウンセラーのみなので,仮に法が施行される「日」でしかも4月1日とかだったら,長期休暇中は勤務できないので,これも苦しい(そのときは「準ずるもの」入りということにはなりそうだが)。

いや,4月1日に「身分」があれば良いのかもしれず・・・。

まあ,こういうことは,いつものように「そのときになったら考えよう」領域と見なし,横に置いておくとしよう。

【参考例】
公認心理師法は、一部の規定を除き、公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日から施行されることとなっており、平成29年9月15日までに施行される予定です。


【参考例】かつての精神保健福祉士の移行期の場合
 12  精神保健福祉士法施行の日(平成10年4月1日)現に、相談援助を業として行っている方は、平成15年3月31日までは次の条件を満たすことで受験資格を取得できます。
(1) 厚生大臣が指定する講習会の課程を修了したもの
(2) 病院、診療所その他厚生省令で定める施設において相談援助業務を5年以上行っていること。
 なお、平成10年4月1日に相談援助業務を行っているが、期間が5年に満たない方については、平成15年3月31日までに通算5年以上の経験を取得すれば、その時点で講習会を受講することで受験資格を取得できます。 

水曜日ということで東京都国分寺市にて勤務となります。

最寄り駅は中央線国立駅です。

気がつくと2月も20日代となっていました。

私の今年度の勤務は残り4週となります。

ほんと早いものですね。

カテゴリ:
これもほんとそうだなぁ。

行動することの良いところは,結果のフィードバックがあることだろう。

「成功」も「失敗」も結果であることにはかわりがない。

考えることは,そこにフィードバックがないのが行動と違うところなのだ。 

ただし,行動するには勇気が要るので,ある意味で,「考える」という劣等コンプレックスを創り出している場合もあると思われる。

カテゴリ:
これは・・・。

深い。

可能性100%,困難0%

可能性0%,困難100%

という話はそうそうないので,可能性と困難の間にグラデーションがあるのが「真理」だろう。

執念の有りや無しやもそうかもしれないが,執念がなくても可能性をみることは可能なのではないか。

私は困難の方に目が行くためなかなかそういう発想にはなれないが,意識的に訓練してみる価値はあるだろう。


日本キャリアデザイン学会っているのがあるんですね。

キャリアデザイン・・・。

私のキャリアデザインは地元熊本の中学校で理科を教えているデザイン(!?)だったのだが・・・。

そういえば,臨床心理士取ったのも,そもそも学生相談をするデザイン(!?)だったような・・・。

どれも無理だったが,それなりに生活しているのは,デザインの必要性が微妙な感じだ。

たしかセレンディヴィティとかいうキャリア上の偶然性みたいな概念があったと思うが,そっちかもなぁ。

さて,今後の私のキャリアデザインはデザイン通りに行くのか,はたまた,いつものように偶然性が導くのかは,「神のみぞ知る」ですね。

これはアドママさんの言うことに同感だ。

慣れや飽きがきたり,一区切りついたり,新しいことが見つかったりするのが要因なのではないだろうか。 

手放すこと,確かに大事かも。

ただ単に思ったことや感じたことをツラツラと書き連ねるだけである。

話したいことを話しているだけという感じだろうか。

本来,会話というのは,相手がいるわけで,相手に応じて内容を選択する必要があるのだが,ブログではその必要がないので,そういった側面を便利に使わせてもらって,暇つぶしをしているのが実情だ。

なので,内容には統一感はないだろう。

ただ更新頻度だけは高いと思うので,読み手の皆さんは暇つぶしくらいの目的で閲覧することをお勧めしたい。

カテゴリ:
この自意識過剰については歳をとるだびに減少していっている感じだ。

私のことを気にしている人はゼロと想定しても構わないだろう。

究極は,私が死んでもまったく問題ないということだ。

さらに言えば,仮に気にしたとしても,時間にして0.01秒くらいなのではないか。

例え気にした人でも「さてお昼は何を食べようかな」と0.01秒後には気になることが変遷しているだろう。

何だかこうかくとニヒリスティックであるが,この辺りからスタートすると,逆説的だがツイートにもあるように人生楽しめるようになるのではないか。

私もまだまだ自意識が残っており,言うほど簡単ではないのだが,自意識を完全になくしてしまうと,失礼等をやってしまう可能性もある。

やはり何事も程度問題なのだろう。

カテゴリ:
さきほどクジ運の話をしたが,そのクジが「良い」のか「悪い」のかはやはり引いてみないと判らない感じだ。

よく言われる「やってみないと判らない」ということだ。

どれだけ予測しても,完全な予測は不可能なので,とりあえずやってみる(引いてみる)ことが必要になってくる。

ただなにせクジ運なので,当然「悪い」結果が出てしまうときもある。

そこではクジを引いた結果を引き受けて,その路線を自分なりに「良く」していくのか,はたまたクジの引き直しをするのか,に分かれる。

実はこの判断がとても難しいところだ。

個人的には耐えられないレベルならクジの引き直しをした方が良いように思っている。

しかして耐えられないレベルとは何かという話にもなり,これまた難しい。

食欲か睡眠の乱れか・・・。

う〜ん,何でしょうね。

カテゴリ:
この歳になると「勝ち組」「負け組」がだいぶ分岐していっている。

まあ,大半が「どちらでもない組」なのだが,両極は確かに存在している感じだ。

でどちらも見るにつけ,何がどうかといえばやはりクジ運が大きいかなと。

「負け組」も努力しなかったわけではないのだが,仕事や結婚など大きなクジ運が試される場面で,「結果的に」ハズレを引いてしまい,その後,挽回できなかった感じだろうか。

もちろん,本人はハズレを引く気などはなかったのだが,皮肉としか言いようがない。

努力しない「負け組」は本人のせいではないかという話もあるのだが,以前も書いたが,努力しない個体に生まれてしまった(その個体を引いてしまった)クジ運が「悪かった」わけだ。

まあ,運のせいにしているじゃないかという話でもあるのだが,何だかそう感じるのだ。

何とまあ因果な世界である。

春一番に続き、春二番が吹き荒れているこのごろ。 
それにともない、花粉症に悩まされる季節になりました。 
どうぞご自愛ください。

さて、2月のアドラー心理学研究会のご案内を申しあげます。 

今月は、先月に引き続き、「学生相談に生かすアドラー心理
学(2)」と題して、アアドラー心理学とコミュニティ心理学を統合した
「アドレリアン・コミュニティアプローチ(ACA)」を学生相談にどのように
適用できるかについて、皆さんとともに検討してみたいと思います。
久しぶりに参加してみようと思っているあなた、初めて参加してみよう 
という方々など、お誘い合わせのうえ、にぎにぎしいご来駕を心より 
お待ち申しあげております。 
                                  2017.02.20 

                  ―記― 
■日時:2月28日(火)18:30〜21:00 
■場所:初台センタービル2F・会議室 (京王線「初台」駅下車2分) 
「心理支援ネットワーク心PLUS」オフィスの入っているビルの 
2F会議室です。  アクセスは,下記サイトをご参照ください。 
http://www.kokoro-plus.or.jp/aboutus.html 
https://www.facebook.com/kokoroplus/?fref=nf 

※センタービルの正面玄関入り口は,18:00に閉まりますので, 
正面入り口から,右手の「三菱UFJ」の脇を進むと,駐車場 
入り口の右隣に,通用入り口があります。そこから,1Fフロア 
に入り,正面入り口の左手奥にエレベーターがあります。 
エレベーターで2Fに昇ってください。 
※なお、「心理支援ネットワーク心PLUS」のオフィスは、 
506号室にあります。 
========================= 
◆テーマ:学生相談に生かすアドラー心理学 (2) 
―「アドレリアン・コミュニティアプローチ(ACA)」の学生相談への適用―
◆話題提供:◯◯◯◯(◯◯大学) 
◆内容: 前回はアドラー心理学のライフタスク概念を用いて、現代日本に
おける大学生期の特徴とメンタルヘルス上の危機を明確化しようと試みた。
今回は具体的な実践として、アドラー心理学とコミュニティ心理学を統合した
「アドレリアン・コミュニティアプローチ(ACA)」を学生相談に適用する。
大学コミュニティ全体を視野に入れ、心理専門家が関係者と協働しながら、
どんな発想や方法で学生を支援できるかを検討する。
参加者と経験やアイデアを共有しながらディスカッションしたい。
 ========================= 
★資料は、当日配布します。 
※アドラー心理学、コミュニティ心理学に関心と経験のある 
方はもちろん、初心者の方もともに語り合いましょう! 
※参加費(資料代など):一律 500円 


■3月の研究会(特別講義)開催予告&お知らせ■ 

◆3月の研究会開催要項は次の通りです。
 
★ 3月14日(火)18:30〜21:00(特別講義) 
★テーマ:アドラー心理学の考える発達障害への関わり方 

※ 当研究会OBの◯◯◯◯氏(◯◯病院・臨床心理室長) 
  による特別講義です。お楽しみに
※開催場所は、「初台センタービル2F・会議室」です。 

日本臨床・教育アドラー心理学研究会」第7回大会へのお誘い◆ 
2月26日(日)、文教大学にて 、上記研究大会が開催されます。お時間と
関心のある方は、ぜひご参加ください。
詳細につきましては、下記を参照ください。
            ↓
 http://kokucheese.com/event/index/443624/

火曜日ということで神奈川県厚木市にて・・・。

と書きたいところですが,入試等の諸々でお休みです。

何と私は5連休だったことになります(^_^;)。

今日は”屋の片づけと⊆業開始まで残り39日ノルマ(!?)を立てねばです。

そういえば,昨日,羽生結弦が「挑戦できることは楽しい」云々と言っていましたが,何だかよくわかる言葉でした。 

入学前に手持ちのデータを論文化しておこう計画

sinsa
しかしまあ,これはまだこのままのようなので,別の論文を書く手はずを整えるか。

院に入学してしまえば,そういう時間が取れるかどうか謎なので,それまでにノルマ化して,既存のデータを論文化してしまうことにしよう。

を終えた。

半年に1回ということで,8月と2月にお知らせが来ることになっている。

夏の終わりと冬の終わりといったところだろうか。

特に異常があるわけでなく,毎回歯石取りになっている。

いつもは歯科助手さん(っていうのかな)がやってくれるのだが,今日は院長直々にやってくれた。

どういう決め方になっているのか不明だが,痛みが少なかったので,さすが院長といったところなのかも。

次回は8月である。


市民教育はシティズンシップ教育の訳みたいな感じである。

シティズンシップ教育は政治に積極的に参加する市民を教育するという感じの教育だ。

ただ政治といっても話題が「遠く」,そもそも(民主的な)議論の「感じ」を掴めていない可能性がある。

そこで出て来るのがクラス会議だ。

あれなら話題も「近く」,(民主的な)議論(≒協力)の「感じ」がつかめる可能性が高いのだ。

いわばシティズンシップ教育のコア(または基礎)を形成する活動としての位置づけも可能だ。

なので,アクティブラーニングは用語として出てこなかったようだが,次の次の学習指導要領辺りにシティズンシップ教育が出て来る予感もあるので,その辺,「時代待ち」といったところだろうか。

そういえば。>お客様は、2005/7/29にこの商品を注文しました。

sinka
先程の記事の最後にこれを貼っておいたのだが,Amazonに行ったら,こんな表記が。

思えば,某大学院受験のさいに,この本の著者もそのコースに在籍していたため,3問中,1問はこの本から出ていた感じがしたので,購入したのだった。

購入後1ヶ月も経たないうちに試験だったので,その年は概略が掴めずに落ちたが,次の年はこの本の内容をだいたい理解し(たぶん50回は繰り返し読んだのではないか),その問題は書けたような気がする(筆記は通過し面接落ち)。

おかげで進化論(行動生態学)に関しては何となくイメージができる感じになれたのは大きかったかな。

やはり何が幸いするか判らないもので。

まあ,確かにこう思えると幸せだろう。

感謝が云々という文脈もまたそうだ。

がしかし,それも「飽きる」とか「退屈」で覆われていき,また「足りない」「不幸」とかになっていく。

上にもあるように,生物学的な基盤を持っているのだろう。

おそらくではあるが,満足する人種もいたことはいたが,満足しているのでガッツキがなく餌獲得能力の点で劣っていて,配偶者に選択されず,遺伝子は淘汰されてしまった可能性があるのではないか。 

もしかすると餌が豊富な地域には,満足しやすい遺伝子の割合は高めなのかも。

進化と人間行動
長谷川 寿一
東京大学出版会
2000-04

月曜日ということでお休みです。

本来は非常勤講師の曜日なのですが授業も試験もないので行かないで済むわけです。

でも,なぜかその月分の給料は出るのですが。

さて今日は

1.特定章の提出

2.歯科の定期検診

3.入学手続き書類の記入

の3つをやろうかなと。

入学料も授業料も私は年収がリッチ(!?)だったため(半額)免除基準に満たないようです。

まあ,来年度はスーパー貧乏なので,再来年度は該当するとは思うのですが(^_^;)。

した。

あとは最終総チェック後に見つかった3ヶ所だけ表記の修正をして終わることになる。

いや〜,今回は内容はともかくよくやったなと。

凹んでいる時間で予定も調子も崩れてしまったうえに,凹み回復後も最後までスケジュールを立て直すことができず,どうなることかと思っていたが。

何だか初めて自分で自分を褒めてあげたい心境にある。

『歩く時期』『走る時期』『止まる時期』


また走る時期になってしまうのかなぁ・・・。

疲れそうだ(^_^;)。

てか平本先生の年末恒例のカウンセリング講座とか受けてみたいのだが16万円(!?)とかで今の私では厳しい(^_^;)。

平本先生の講座をヒューマン・ギルドで受けたのは桜美林大学の院生時代だったと思うので,もう15年以上前ということになるのか。

ヒューマン・ギルド近くのお店でサンドイッチを食べたあと奢っていただいたこともあったっけ。

そこでアドラースクールの話とかも聞けてよかったです。

カテゴリ:
SNS全盛のこの時代,「見て!見て!」がSNSがない時代よりも不特定多数へ拡張しているような気がする。

まあ,ソシオメーター理論では自尊心は他者からの承認の度合いを測るバロメーターということになっているので,それはそれで仕方ないともいえる。

がしかし,そのことによって,「大切な人」への対応(!?)の時間が減ったり,蔑ろにしたりするのは,実は本末転倒なのではないか。

「見て!」の先の不特定多数がいったい何をしてくれるというのだろうか。

ただの暇つぶしで閲覧しているだけ(「いいね」しているだけ)というのが実際のところだろう。

拡張ではなく縮小がポイントなのではあるまいか。

カテゴリ:
人間悲しいかな自分が一番カワイイ場合が多い。

そして自分がやっていることは重要だと思っていることもまた多い(「仕事」などが多い)。

ただその重要だと思っていることで,他者との摩擦が生じたり,自身も傷ついたりする。

となると,その重要だと思っていることを脱価値することが必要なのだが,悲しいかなこれがまたできないところなのだろう。

何だか重要だと意義まで意味づけされている場合も多い。

そこを脱価値してしまうと,自分自身もまた脱価値されてしまう感じなのだろう。

難しいところではあるのだが。

このページのトップヘ

見出し画像
×