医学的研究のデザイン 研究の質を高める疫学的アプローチ 第4版
メディカルサイエンスインターナショナル
2014-09-01

授業では英語文献を読んでいる感じだが,その参考書として勧められていたのがこれだ(第4版なので,定番だろうとは推測がつく)。

昨今のエビデンスベースト云々は元々はエビデンスベーストメディスンだったので,これがその分野の人気のある教科書なのだろう。

心理の本では取り上げられてはいるもののイマイチよく説明されていない印象があるコホート研究やランダム化比較試験が載っている(こちらは第3版なのでこちらも定番なのだろう)。
基礎から学ぶ楽しい疫学
中村 好一
医学書院
2012-12




これもお勧めしてあったので,余裕ができたら(いつになるのか)読んでみることにしよう。

私は心理の「残業」として,介入研究がまだ残っているのだ。

その研究デザインをこの辺りでもお勉強したいところだ。

下着なしの完全半袖で通学したが,水道橋駅から大学までの20分で汗が出てくる温度であった。

もうそんな季節になるんですねぇ・・・。

暑いの苦手なので,本郷三丁目駅コースに切り替える手もあるが,水道橋駅コースは通学途中が何だか都会チック(!?)で,歩くのもけっこう楽しく,なかなか捨てがたいところもある。

まあ,気分次第というところだろうか。

平成29年度 東京都公立学校スクールカウンセラーの募集案内にアクセスがけっこうあるようだ。

確かにそろそろその季節ではあるだろう。

だいたい6月のどこかの金曜日に発表になっている感じだろうか(書類提出は8月1日から8月31日の間がお約束)。

興味がある人は,毎週金曜日に東京都教育委員会のホームページを見てみると良いだろう。

私も10年ぶりくらいに「新人」として公募に参加し,たぶんこれまた10年ぶりくらいに都庁で面接を受けることになると思われる。

今年は,M1で色々読めない部分があったので,「一端」降りた感じだったのだ。


なるほど,上谷先生も本を出版されたみたいですね。

保健指導・・・。

なるほど,その分野はまだ「アドラー流」が出てなかった感じですね。

私も買って読んでみようと思います。

上谷先生といえば,アドラー心理学に基づく恋愛講座(結婚講座!?)を企画発案されていて,講座も完成していたような記憶があるのですが,あれも動き出しているみたいですね。

考えてみると,上谷先生はお医者さんなわけで,場所が場所なら我々心理職の「上司」にあたり,恐れ多い方なんですね(^_^;)。

なった。

研修講師である。

実は大学の非常勤を引き受けて3年やったのは,こういう稀にしかない研修講師の練習になると思ったからである(後はアンケート調査をやるときの「肩書」用だ)。

いかんせん研修は年に1回あるかないかなので,練習が難しい状況だったのだ。

大学の非常勤をやったおかげで3年間で90回は「人前で話す」ということができたので,これはこれで目標は達成できたかなと。

まあ,研修は大学と違って「私語対策」をしなくても良いのが,楽なところではあるのかもしれないが(私は3年間でとうとう「私語対策」で授業評価の大学平均を超えることができなかった)。

年度当初は,何やら昇進の季節でもあるのか,「うはははは」みたいに調子に乗ってしまう人が後を絶たないようだ。

長年生きてきた人なら解ると思うが,何かを達成したとして,何かがガラッと変わるということはないものだ。

もちろん,ガラッと変わったように感じる期間がある程度続く場合もあるだろうが,しばらくすると,それは当たり前となり,「うはははは」のテンションも下がってしまうことだろう。

全ては幻影と心得ておくことは備えとして良いものかと(「黒歴史」防止にもなるかと)。

カテゴリ:
これはそうかもなぁ。

オラってる輩というのは,たぶん,視野狭窄なのだと思われる。

これは幸せ幸せと連呼する輩もまたそうなのではないかと。

まあ,視野狭窄にしろ,自信・幸せと,ある意味で「才能」であるとは言えるが,あまりなりたい対象ではないな。

何だか迷いの季節に入っているような人を見かけることもある。

まあ,視野狭窄によるキラキラエントリだけをアップする人よりは人間味があって良いのだが,ご本人的にはツラいところだろう。

いったんこれと決めても,意味を感じなくなったり,飽きてきたりなどで,その流れに居づらくなってくるのだろう。

やむを得ないことだ。

どういう動きになっていくのか,見届けていきたいと思う。

これは・・・。

あの(1),(2),(3)領域のどれにでも換算できる便利な会が東京で開催ということですね。

子育て講座が京都だったので,さてどうしたものかと思っていましたが,待ったかいがありました。

定員1800名で,オーバーしたら抽選だそうです。

いや〜,去年,1年で14ポイント稼いだものの,まだ1領域が埋まってなかったので,とりあえず抽選に参戦してみようと思います。

さっそくハガキに記入ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×