当ブログは2005年6月2日に開設しました。タイトルは熊本の実家で猫を32匹飼っていたことがあり懐かしい光景が思い浮かんだのでつけた感じです。*記事と関係のないコメントもご遠慮なく。

先日、ある人から、東京吉本受かったとメールがきた。私が直接接したことがある人で、お笑い芸人になった人は、これで二人目である(もう一人は、ロケット団の倉本くん)。芸名は何になるのか楽しみだ。

とにかく、お笑い芸人というのは、ほんとうにスゴいと思う。ちょうど末廣亭に行ってみるかなと思っていたところだったので、何かライブでも見に行ってみるかな。

成功したのに心からの幸せを感じられない人たちを観察してみると、「物(お金)」の多寡を成功の基準としている人が多いように思えました。

(中略)

何かもっとよい「人生の豊かさ」を測る基準はないのだろうか・・・、そう考えていた私は、あるとき、この疑問を友人の僧侶に投げかけたことがありました。彼から返ってきた答えは実に明快でした。

「それは、信頼できるものの質と量じゃないかな」

短い答えでしたが、私の中のもやもやを一瞬にして払拭してくれる、素晴らしい答えでした。

ようこそ、成功指定席へ(サンマーク出版)より

これは、なかなか深い・・・。

信頼できる自分自身の経験や他者・・・。

私には、そんな感じがしますね。

ハケンの品格の第9話が見れない状態だ。

残念・・・。

ハケンと正社員云々の話が基本にあるようだが、アドラー心理学ではないが、責任という観点から考えると、やはり、正社員の方が「偉い」のではないだろうか。

ちなみに、心○業界では、ときおり、医者と心○は対等だ云々の意見があるようだが、この答えは、責任というモノサシを基準にすれば、正社員、派遣の構造と同じ答えが出るのではないだろうか。

注:私は正社員でもなければ、医者でもありません。ただの「ぷー」です。

ネットを見ていると、ハイコンプロ・スペシャルアタックキャンペーンの景品(?!)が届き始めているようです。私が応募したのは、Hコースのガンダム×シャア専用ザク(エクストラペイントVer.)です。でも、届いていないってことは、外れたのかなぁ・・・。

物事には、やはり、プラスとマイナスがあるように思う。もし、どちらかしか見えていないならば、「認知の歪み」か「楽天バイアス」によって、どちらかが見え難くなっているのだろう。とはいえ、なかなか両方は見えないのが現実だし、また、ある意味で、不可知なのかも知れない。

書き上げて、アップしないまま、そのままお蔵入りした記事もけっこうあるように思う。僻みっぽいものや、極論っぽいものは、アップしないことが多い。

あとは、過去を振り返ったりしたもの自己陶酔っぽいものもアップしないことが多い。

まあ、ブログ書くこと自体が自己陶酔の可能性もあるので、自己陶酔に関しては、そういう意味では、毎回、アップしているのかもしれないが。

『恋のから騒ぎ』も、いよいよ卒業シーズンだ。13期生(でしたっけ?!)のMVPは、会長になりそうな気がするがどうだろう。ちなみに、私は、1期生から見ていたりする。

さんまは、ほんとうにスゴい・・・。

ハケンの品格を6話まで見終わりました。いいですねぇ。一ツ木さん。「も〜しわけございません」というセリフが、私は好きです。ところで、本編は、来週の木曜日が最終回らしいですね。最後は、どうなるんでしょう。一ツ木さんも出てきて欲しいですね。

ちなみに、某職場では、私がミスると、「一ツ木さんに電話だな」と言われることがあったりします。

P.S.

今日、某所で、「あれ?!キミは、今、何やってるの?」と聞かれました。プロフィールにも書いている通り、三足(いや四足、五足?!)のわらじを履いている状態なので、いったい何を答えていいのやらわからず、「ぷーたろうです」と答えてしまいました。

ほんと、私は何をやっているのでしょうね。

『ハケンの品格』を第4話まで見ました。

ショウジ主任と、一ツ木さんが、いい味だしてますね。

私は、某予備校でバイトをしていたときに、

途中から派遣社員さんと一緒にやってましたが、

間違いなく、その人の方が仕事できました。

仕事は、正確かつ迅速で、細かいところに気がつき

電話対応も実に上手い方でした。

え?! ぐうたら三昧、お前は、どうたって?

そのまったく逆でした・・・凹〇コテッ 。

ハケンの品格 (出演 篠原涼子)

ふう、無事、TKト・SC(暗号?!)に採用が決まりました。

15日にト町(?!)でシンキSCの説明会があるようです。

このページのトップヘ

見出し画像
×