当ブログは2005年6月2日に開設しました。タイトルは実家で猫を32匹飼っていたことがあり,懐かしい光景が思い浮かんだのでつけた感じです。内容はキラキラブログでも応援ブログでも情報ブログでもなく基本的には厭世ブログなので好みは分かれるかと。*記事と関係のないコメントや質問もO.K.です。

第1話・第2話を見ました。なぜか目頭が熱くなり、涙が出ました・・・。終始、展開に引き込まれ、我を忘れてしまいました・・・。数々の応用範囲の広そうな名言も・・・。はぁ〜、やっぱ、いいですねぇ、ガンダム・・・(T_T)。

ちなみに機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1)とは、微妙に展開が違っていました(正確には、こちらが違っているのでしょうけど)。

さて、毎週土曜日恒例の体重測定ですが、結果は、

72.8キロ→71.4キロ (開始時86.6キロ)

でした。前回は、「太った」のですが、まあ、誤差の範囲内だったのかもしれません。これなら、4月1日までに68キロにすることは可能かと思われます(本当は65キロにするつもりだったのですが)。

今日は3月3日なので、ひな祭りですね。私のきょうだいは、3人きょうだいですが、全て男なので、ひな祭りとは、無縁の生活を送ってきました。ただ、給食で出るひなあられは、楽しみだった記憶があります。

あ、3人連続男ってことは・・・。

1/2×1/2×1/2=1/8=0.13

あ、0.05以上なので統計的に有意ではないですね・・・。

残念・・・。

4人連続だと.06で、これもダメ(10%水準ならO.K.)。

5人連続だと.03で、統計的に有意(5%水準)に・・・(何の?!)。

ちなみに5人連続女きょうだいという例は身近にあったりします。

ん?!ていうか、こういう考え方でよかったんでしたっけ・・・。

【追記】

へんけんさんより

全く違うよ
それは3人連続男児が生まれる確率を算出しただけだよ

とのご指摘を受けました。

違ったようです。凹〇コテッ

薄々お気づきの方もいらっしゃると思いますが、すでに1日1〜2記事宣言は無効になっており、以前のように、3記事以上書く日が出現し始めました・・・。いかんですねぇ・・・。

ま、「気ままに書き込みますので」(→覚えている方はいらっしゃるでしょうか)に戻るとしますかな。

ちなみに、私の最高記録は、1日15記事です。ただ午後9時からライブドアがメンテナンスに入ってしまい1日20記事達成ができませんでした。

クライシス・カウンセリングハンドブック

 

 

 

という本を以前買ったのだが、読まないままだった。実家に送ってしまったので、また買うしかないのかもしれない。学校現場は、瞬時の判断(先延ばし王の私には苦手な部分)を求められることもあり、何か参考にならないかなと思ったら、これが思い浮かんだしだい。ただ、読んでいないので、質のほどは、不明なのだが。

某塾の来年度の日程が決まった(暫定)。冬期講習では小学生担当だったが、今回は、小学生に加えて中学生も教えることになった。冬期講習をやり抜いたことで、けっこう慣れた状態で始めることができ、それほど緊張がないのがいい。ちなみに、2ヶ所申し込み中のSCはまだ結果が出ていない。聞いたところによると結果が判明するのは3月中旬なのだとか。

第二次ダイエット計画発動

86.6キロ→72.6キロと1週間に1キロペースで減量していたダイエット計画であるが、最近は、「痩せた?」という周囲の声も手伝い、サボり気味であった。が、これではいかんと、昨日から再開してみた(何しろ体脂肪率計算ではまだ「肥満」なので)。

それと前後して、13年前くらい(本の右上に94と書いてあるから、そうなのだろう)にダイエットしたとき(80キロ→62キロ)に参考にした本が発掘された。この本には、1400キロカロリーコースが最低になっているが、当時は、1日1000キロカロリー程度に抑えて、やはり、1週間1キロペースで減らしていたものだ。まあ、何事も極端&結果を焦る私ならではの「暴挙」だったのかもしれない。

3.2

どうやらHGUCのアッガイが4月に出るらしい。これでHGUCの1年戦争ものは、ゾックを除いて、コンプリートなのではないだろうか。もちろん、買いの一品である(1470円ってことは、重MS級?!))。

アッガイといえば、「体育座り」であるが、これはできなさそうだがどうだろう(ある雑誌で見たのだが、バンダイの工場の水槽には体育座りっぽいかっこうをしたアッガイが入っていた)。

いつぞや、どこかのHPで、MGアッガイに、ぬいぐるみの布をつけて、ぬいぐるみチックに仕上げた作品がアップされていたのだが、見つけられなかった。

ちなみに、最近、ガンプラの画像がアップされないのは、引越し作業中かつ部屋が散乱気味だから、イマイチ造る気になれていないのが実情だったりする。

自由とは何か

 

 

 

を作業中に発掘した。佐伯先生の本だ。これを読んだときは、ひょっとすると個人心理学(アドラー心理学)のキーワードである勇気共同体感覚(そして責任)を考える上で参考になるかもしれないと思った。

しかし、その後、どこぞに埋もれていたので、もう一度読み直すといいかもしれない(読むと、逆に、そうでもなかったと思うかもしれないが)。

このページのトップヘ

見出し画像
×