当ブログは2005年6月2日に開設しました。タイトルは実家で猫を32匹飼っていたことがあり懐かしい光景が思い浮かんだのでつけた感じです。実名でやっています。*記事と関係がないコメントや質問も大歓迎です。

以前、ヒューマンギルドで、BCT研修を受けることになったと書いたが、昨日のスーパービジョンのとき、そのあとの講演に(受講生として)出るとかで、なんと、その研修の講師の方と直接話せる機会に恵まれた。何とも役に立ちそうな気配がするものだった。

早期回想(スーパービジョン)

今日は(正確には昨日は)、ヒューマンギルドへ出かけて行き、岩井先生に早期回想のスーパービジョンをして頂いた。普段は、温和な(おふざけな?!)先生だが、早期回想を「読む」ときは、真剣になるので、その辺りは、さすがだなと思ったしだいだ。

早期回想は、数ある心理テストの中で、私が唯一役に立つと感じたもので(それに、何といっても面白い)、これができるようになれば、臨床の幅が広がるかもしれないと期待しているところなのだ。

とにかく、気長にスーパービジョンを受けたり、カウンセリング演習に提出したりして、トレーニングを積んでいくことにしよう(予定では、毎月1〜2つペースにしようかなと)。

ちなみに、早期回想の解釈の利点は、O.K.場面がわかることと、躓きやすいポイントがわかることだ。特に、前者がわかることは、非常に有用だと思うのだ(画像はヒューマンギルドの最寄り駅の神楽坂駅)。

5.15

今年は心理臨床学会に参加しようと思っているが、参加の仕方がわからないので、事務局に電話してみた。会員であれば、当日参加も可能らしいので、安心した。心理臨床学会を一度見てみたいのと(3)のポイントを稼ぐのが目的だ。それには、東京で開催される今年がチャンスなのだ。

謎の物体

5.14

 

 

 

 

 

 

裏庭(?!)に、紫色のスリッパが落ちている(画面中央)。私の予想では、犬が銜えてきて、そのまま置いていったと思うが、どうだろう。

さて、今年も大学院を受験するわけだが、以前ほどプレッシャーはない。懸念されていた筆記は去年受かったし(面接で落ちたけど)、あとは、受かろうが落ちようが、勝手に「研究」を続ければいいだけなのだ。

私の場合は、「社会に出れない」だの「逃げてる」だの「まだ、そんなことやってんの」など「肩書きを求めている」だの「本気なら、もっと行動するはずだ」だのいう批判がストレスになっていたが、今は、以前ほどは気にならなくなった。

いろんな見方があるのかもしれないが、自分が楽しいと思うことをやるのが一番のようだ。

さらにいうと、別に頑張っているという感覚もない。

もしかすると、ガンプラ作っている感覚に近いのかもしれない。

P.S.

とにかく、色んなことを言われるが、ある程度の人なら、「ちゃんとした」見方をしてくれるようだ。その意味で、批判は、その批判をした人物の「程度」が知れるということなのかもしれない。さらに言うと、どんな人でも100%、人に好意的に見られることはないということだ。

何を言っているかではなく、誰が言っているのかを見よ」(ニーチェ談)

私のように34年間生きていると、周囲で、いろいろな「ドラマ」を目にする。「向き不向き」は、意外と本人よりも他人の方が見えるときがあるようだ。多分、本人ではないから、「願望」や「回避」が入りにくいからなのだろう(これをして「他人事」ともいう)。

コズミックリージョン#7007 レジェンドガンダム
が6月に発売されるようだ。何でもプロヴィデンスガンダムと換装可能で、これを買うと、両ガンダムが「手に入る」ことになるらしい。う〜ん、これは、ちょっと購入を検討した方がいいかも・・・。

ちなみに、話が逸れるが、近くの電気屋に

EXTENDED MS IN ACTION!! フリーダムガンダム

 

 

 

が売ってあるので、家にあるプロヴィデンスと組み合わせてSEEDのラストバトルを再現するのも一興かもしれない。

 

このブログは、日々、だいたい10人前後の方が訪れる。ブログを書き始めて2年くらい経つが、開設当初から、ほとんど変わらない数字だ。

「ブロガー」としては、訪問者数が増えると、「うひひひひ、俺は注目されている」と気分はいいのだが、では、面識のない不特定多数に読まれて、どうなるのかと言えば、匿名のため、特に、どうなるわけでもない(→僻みであるのだろうけど)。

このブログは、結局、「今、私は、こんなことしています」お知らせ機能と、ガンプラよろしく、書いたことによる自己満機能があるだけなのかもしれない。

今日、ヒューマンギルドである講演会は「人生を充実させる心理学」らしい。18時30分から、500円なんだそうだ。人生を充実・・・。私の結論らしきものは、「自分自身である勇気」→

「自分自身であること」

(副題:100メートルは11秒では走れません)

辺りかな。まあ、抽象的であるが。さて、講演会では、どんな「結論」が導き出されるのでしょうね。

このページのトップヘ

見出し画像
×